(54)【考案の名称】通信装置支持物構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、通信装置支持物構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の通信装置支持物構造は複雑であり、使用法や操作法が煩雑であった。
【0003】
そこで、本考案者は上記の欠点が改善可能と考え、鋭意検討を重ねた結果、合理的設計で上記の課題を効果的に改善する本考案の提案に到った。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案は、このような従来の問題に鑑みてなされたものである。上記課題解決のため、本考案は、通信装置支持物構造を提供することを主目的とする。

【効果】

【0007】
本考案は一体成形される支持物本体であり、支持物本体の下端は押圧部であり、使用者が押圧すると上端の挟持部が開いて通信装置を迅速に挟持させ、また支持物本体の固定用ネジ穴がフットレスト(Footrest)に固定される。本技術は、一体成形される構造により操作がより簡単になる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案に係る通信装置支持物構造を説明する外観斜視図である。
【図2】本考案の通信装置支持物構造の一実施形態を示す図である。

【0009】
本考案における好適な実施の形態について、添付図面を参照して説明する。尚、以下に説明する実施の形態は、実用新案登録請求の範囲に記載された本考案の内容を限定するものではない。また、以下に説明される構成の全てが、本考案の必須要件であるとは限らない。
【0010】
<第1実施形態>
以下、本考案の具体的な実施形態について添付図面に基づき説明する。本考案の通信装置支持物構造は、支持物本体1と、押圧部2と、挟持部3と、固定用ネジ穴4とで主に構成される(図1及び図2参照)。しかも、本考案は一体成形される支持物本体1であり、支持物本体1の下端は押圧部2であり、使用者が押圧すると上端の挟持部3が開いて通信装置5を迅速に挟持させ、且つ支持物本体1の固定用ネジ穴4がフットレスト(Footrest)に固定される。
【0011】
従って、本明細書に開示された実施例は、本考案を限定するものではなく、説明するためのものであり、このような実施例によって本考案の思想と範囲が限定されるものではない。本考案の範囲は特許請求の範囲により解釈すべきであり、それと同等の範囲内にある全ての技術は、本考案の権利範囲に含まれるものと解釈すべきである。
【0012】
1 支持物本体
2 押圧部
3 挟持部
4 固定用ネジ穴
5 通信装置

(57)【要約】

【課題】通信装置支持物構造を提供する。【解決手段】支持物本体1と、押圧部2と、挟持部3と、固定用ネジ穴4とで主に構成される。一体成形される支持物本体1であり、支持物本体1の下端は押圧部2であり、使用者が押圧すると上端の挟持部3が開いて通信装置を迅速に挟持させ、支持物本体1の固定用ネジ穴4がフットレスト(Footrest)に固定され、十分に便利になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):