(54)【考案の名称】食品押出式チューブ容器

(73)【実用新案権者】株式会社ブルーオーシャン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば、チョコレート等の半固形菓子等の食品を封入し、手指による圧潰操作で内部の半固形食品を押出可能とした合成樹脂製の食品押出式チューブ容器に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、食品押出式チューブ容器として、製菓用のチョコレートペンやデコレーションペンなるものが普及している。これはチョコレート等を封入する押し出し型式チューブであって、使う前にお湯で温めて中身を柔らかくし、チョコレートが排出される先端部をハサミや指で切断し、内部のチョコレートを搾り出す。このようにして、お菓子やケーキに絵を書いたり、色をつけたりすることができるものである。なお、チョコレート以外でも、ジャム(ジャムペン)など他の食品が使用される場合もある。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、従来においては、上記先端部を一度切断してしまうと、元の状態に戻すことができず、そのため、一度使うと、チューブ容器の再度の密封が不可能となっていた。
【0004】
そこで、本考案は上述のような従来存した諸事情に鑑み創出されたもので、容器先端部を切断した後でも、容器内に残ったチョコレートを密封して保存しておくことができる食品押出式チューブ容器を提供することを目的とする。

【効果】

【0009】
本考案によれば、容器先端部を切断した後でも、容器内に残ったチョコレートを密封して保存しておくことができる。すなわち、前記中間連結部を切除することで、前記口部及び開口部がともに開放された状態となって前記チューブ本体とキャップとが分離されるか、または、ノズル先端から頭部を切断することで、前記口部が開放された状態となって前記チューブ本体とキャップとが分離されるので、チューブ本体から分離したキャップにより容器内に残ったチョコレートを密封して保存しておくことができる。また、前記キャップの外周面には、当該キャップを手指でもって捻るようにして切断するためのフランジ部が水平方向に形成されているため、チューブ本体とキャップとの分離操作が容易に行える。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案を実施するための一形態における食品押出式チューブ容器を示すもので(a)は平面図、(b)は側面図、(c)は(b)のA−A断面図である。
【図2】食品押出式チューブ容器の使用方法の手順を示すもので、(a)は使用前(切断前)の平面図、(b)はチューブ本体から中間連結部及びキャップを切断した状態の平面図、(c)はチューブ本体の口部に、切断されているキャップを被せる前の状態の平面図、(d)はチューブ本体の口部に、切断されているキャップを被せた状態の平面図である。
【図3】本実施形態の変形例を示すもので、(a)は使用前(切断前)の平面図、(b)はチューブ本体からキャップを切断した状態の平面図、(c)はチューブ本体の口部に、切断されているキャップを被せる前の状態の平面図、(d)はチューブ本体の口部を、切断されているキャップで栓状に密封した状態の平面図である。
【図4】本実施形態の他の変形例を示すもので、(a)は使用前(切断前)の平面図、(b)はチューブ本体からキャップを切断した状態の平面図、(c)はチューブ本体の口部に、切断されているキャップを被せる前の状態の平面図、(d)はチューブ本体の口部を、切断されているキャップで栓状に密封した状態の平面図である。

【0011】
以下、図面を参照して本考案の実施の一形態を詳細に説明すると、本考案に係る食品押出式チューブ容器1を構成するペン型のチューブ本体2は、断面略六角形の筒状に形成されていて、例えば、チョコレートなどの、常温で固形の状態で加熱し、半固形のペースト状となる甘味菓子類の容器として使用される。
【0012】
すなわち、本実施形態におけるペン型のチューブ本体2は、固形のチョコレートが封入されており、このチューブ本体2を約50℃のお湯につけて、内部のチョコレートをペースト状に柔らかくしておき、チューブ本体2の先端の後述する中間連結部5を手指で切断して、塗布対称物(食品)表面にペンでなぞるようにしつつチューブ本体2を手指で圧潰して搾り出すことで使用される。
【0013】
本実施形態におけるチューブ本体2は、図1に示すように、チューブ本体2の先端開口側に、前方に向けて次第に縮径されたスカート状筒部2aが形成され、このスカート状筒部2aの先端に小径筒状のノズル4が連設されてなる。
【0014】
また、チューブ本体2の後端側には、底端部に丸みを帯びた細径の中空管部3を設けてあり、該中空管部3の側面には、チューブ本体2内部の負圧を防いで、内部のチョコレートの押出(スクイズ)をスムーズに行わせるためのエアー吸引用の逆支弁3aが設けられている。なお、この逆支弁3aは、スクイズ圧の加圧時に外気の流れを遮断し、スクイズ圧の解除時に外気を通気する目的で設けられるものである。
【0015】
チューブ本体2は、図2に示すように、ノズル4先端の口部4aと、キャップ6の開口部6bとが、中実の中間連結部5を介して溶着されており、前記口部4a及び開口部6bはこの中間連結部5によってともに閉塞された状態となっている。この場合、中間連結部5は、薄片状のフランジ部5cを介して小球部5aと円錐部5bとが一体となるようにして形成されており、小球部5aの周側面一部はノズル4先端の口部4aを塞ぎ、円錐部5bの底面はキャップ6の開口部6bを塞いでいる。
【0016】
さらに、図2に示すように、チューブ本体2のノズル4先端の口部4aと中間連結部5の小球部5aとの接続部分には薄肉で且つネック状となった第1括れ部7が形成され、中間連結部5の円錐部5bとキャップ6の開口部6bの接続部分には同じく薄肉で且つネック状となった第2括れ部8が形成されている。この場合、キャップ6の外周面には、薄片状のフランジ部6aが水平方向に形成されており、また、ノズル4先端の口部4aの外径は、キャップ6の開口部6bの内径と略同じサイズに設定されている。なお、これらチューブ本体2、中間連結部5、キャップ6は合成樹脂のモールド成形によって同時に一体となって形成されるものである。
【0017】
次に、以上のように構成された形態についての使用の一例について説明すると、先ず、図2(a)及び図2(b)に示すように、チューブ本体2のノズル4先端の口部4aと中間連結部5との接続部分にある第1括れ部7を手指でもって折る(もしくは捻る)ようにして切断する。これにより、当初中間連結部5によって閉塞されていたノズル4先端の口部4aが開放される。
【0018】
次に、図2(a)及び図2(b)に示すように、中間連結部5とキャップ6の開口部6bとの接続部分にある括れ部8を手指でもって折る(もしくは捻る)ようにして切断する。このとき、一方の手指でフランジ部6aを把持し、他方の手指でフランジ部5cを把持し、互いに反対方向に捩じることで中間連結部5とキャップ6とは容易に分離される。これにより、当初中間連結部5によって閉塞されていたキャップ6の開口部6bが開放される。
【0019】
使用後において、チューブ本体2内にチョコレートが残っている場合には、キャップ6の開口部6b側をチューブ本体2のノズル4先端に被せることで当該ノズル4の口部4aは密封状となって塞いでおくことができる。
【0020】
次に、食品押出式チューブ容器の変形例について説明する。なお、本変形例において、上記した本実施形態における構成と同じ部分には同一の符号を付して、その詳細な説明を省略または簡略化する。
【0021】
本変形例においては、上記中間連結部5を使用する替わりに、チューブ本体2のノズル4先端の口部4aにキャップ60のみが直接接続されている。すなわち、図3(a)に示すように、キャップ60は、略球状の頭部60aと先端が円錐状に尖った円柱栓部60bとからなり、この頭部60aの周側面一部がノズル4先端の口部4aを塞いでいる。この場合、円柱栓部60bの外径は、チューブ本体2のノズル4先端の口部4aの内径と略同じサイズに設定されている。なお、これらチューブ本体2、キャップ60は合成樹脂のモールド成形によって同時一体となって形成されるものである。
【0022】
使用に際し、図3(b)に示すように、チューブ本体2のノズル4先端の口部4aとキャップ60の頭部60aとの接続部分にある第1括れ部70を手指でもって折る(もしくは捻る)ようにして切断する。これにより、当初頭部60aによって閉塞されていたノズル4先端の口部4aが開放される。
【0023】
使用後において、チューブ本体2内にチョコレートが残っている場合には、図3(c)及び図3(d)に示すように、キャップ60の円柱栓部60b側(円錐状に尖った先端側)をチューブ本体2のノズル4先端の口部4a内に挿し込むことで当該口部4aは密封状となって塞いでおくことができる。
【0024】
次に、食品押出式チューブ容器の他の変形例について説明する。なお、本変形例において、上記した本実施形態における構成と同じ部分には同一の符号を付して、その詳細な説明を省略または簡略化する。
【0025】
本変形例においては、図4(a)に示すように、チューブ本体2のノズル4先端の口部4aに第1括れ部70を介してキャップ61が連設されている。このキャップ61は、略球状の頭部51aと先端が円錐状(楔形)に尖った楔型栓部61bとからなり、頭部51aの外周面には、薄片状のフランジ部61aが水平方向に形成されている。いわゆるこの他の変形例では、上記した本実施形態の中間連結部5自体に、上記変形例の栓部60b(但し、先端円錐型円柱の替わりに楔形)を一体成形させた折衷式タイプである。
【0026】
使用に際し、図4(b)に示すように、チューブ本体2のノズル4先端の口部4aとキャップ61の頭部51aとの接続部分にある第1括れ部70を、フランジ部61aを手指で捻るようにして切断する。これにより、当初頭部51aによって閉塞されていたノズル4先端の口部4aが開放される。
【0027】
使用後において、チューブ本体2内にチョコレートが残っている場合には、図4(c)及び図4(d)に示すように、キャップ61の楔型栓部61b側をチューブ本体2のノズル4先端の口部4a内に挿し込むことで当該口部4aは密封状となって塞いでおくことができる。
【産業上の利用可能性】
【0028】
本考案に係る食品押出式チューブ容器は、上記したチョコレート等の如き常温で固形で加熱して半固形のペースト状となる甘味菓子類の容器として使用されるものに限らず、例えばジャム・クリーム・マヨネーズ・ソース・ドレッシング・味噌等の粘性のある調味食材や、さらには加熱して軟化する種々の食材等の容器として使用する等、その他様々な用途に応用しても良い。
【0029】
1 食品押出式チューブ容器
2 チューブ本体
2a スカート状筒部
3 中空管部
3a 逆止弁
4 ノズル
4a 口部
5 中間連結部
5a 小球部
5b 円錐部
5c フランジ部
6 キャップ
6a フランジ部
6b 開口部
7 第1括れ部
8 第2括れ部
51a 頭部
60 キャップ
60a 頭部
60b 円柱栓部
61a フランジ部
70 第1括れ部
80 第2括れ部

(57)【要約】

【課題】容器先端部を切断した後でも、容器内に残った食品を密封して保存しておくことができる食品押出式チューブ容器を提供する。【解決手段】チューブ本体2のノズル4先端の口部4aと、キャップ6の開口部6bとが、切除可能な中間連結部5を介して溶着されてなり、前記中間連結部5を切除することで、前記口部4a及び開口部6bがともに開放された状態となって前記チューブ本体2とキャップ6とが分離され、キャップ6の開口部6bをノズル4先端に被せて前記口部4aを閉塞封止可能とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):