(54)【考案の名称】薄フレーム眼鏡の簡易組み合わせ構造

(51)【国際特許分類】

G02C 5/22 ・蝶番

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、眼鏡の組み合わせ構造に関し、特にシート材加工成形に適する眼鏡フレーム及び眼鏡脚の簡易組み合わせ構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の眼鏡は、一般に、眼鏡フレームと2つの眼鏡脚とからなる。眼鏡フレーム及び眼鏡脚がネジで関節のように作動可能に結合されることで、眼鏡脚は、眼鏡フレームに対して内方へ折り畳み収納しまたは外方へ拡開することができる。しかしながら、ネジは、長期的使用に従って次第に緩みやすくなり、たまに回転締付しないと適当な締付力を維持することができず、操作上の不便になる。
【0003】
薄型眼鏡フレームの設計趨勢のもとで、眼鏡フレームと眼鏡脚との結合にはネジは用いられないようになっている。薄型材料に対してネジを関節とする構造をさらに製造することは、眼鏡の重量が増すのみならず、製造工程においても加工困難性やコストが増加する。また、関節構造のネジが緩みやすい問題も回避することができなくなる。そこで注意すべき点は、シート状材料に連結作用を持たせるとともに基本的回転及び位置決め機能を維持させるためには、関節構造の設計には通常時間がかかり、また、構造があまりにも複雑かつ特殊であれば、かえって加工が困難になり、製造コストが増加してしまう。従って、薄フレーム型眼鏡における眼鏡フレームと眼鏡脚との結合のために、簡易に連結可能でありしかも安定的に結合可能なその他の構造を考える必要がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
そこで、本考案は、眼鏡脚と眼鏡フレームとを容易に組み合わせることができる組み合わせ構造を提供することを目的とする。

【効果】

【0006】
本考案に係る薄フレーム眼鏡の簡易組み合わせ構造によれば、眼鏡脚と眼鏡フレームとの組み付けを容易に完成することができ、眼鏡全体の製品はよりコンパクトとなり、眼鏡の製造コスト及び製造困難性が大幅に低下する。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案に係る薄フレーム眼鏡の簡易組み合わせ構造の組み合わせ立体図である。
【図2】図1の眼鏡フレーム及び眼鏡脚の局所構造分解図である。
【図3】図1の眼鏡フレーム及び眼鏡脚の組み合わせ模式図である。
【図4】図1の眼鏡フレーム及び眼鏡脚の局所構造分解図である。
【図5】本考案に係る他の実施例の局所構造分解図である。

【0008】
図1〜4に示すように、本考案に係る薄フレーム眼鏡の簡易組み合わせ構造は、眼鏡フレーム10と、眼鏡脚20と、結合部材30とを含む。眼鏡フレーム10の両側には接合部11がそれぞれ設けられている。結合部材30を介して各眼鏡脚20の先端を対応する接合部11に結合することで、眼鏡脚20は、拡開または折り畳み収納の機能を有し、構造が簡潔でありしかも組み合わせが容易な薄フレーム眼鏡となる。
【0009】
図2は、眼鏡フレーム10が適当な強度及び靭性を有するシート材からなる様子を示す。眼鏡フレーム10の各接合部11は、延在ロッド111と、止め部112と、軸座ロッド113と、枢接軸114とを含む。延在ロッド111は、眼鏡フレーム10の側縁から水平に外方へ延在し、止め部112は、延在ロッド111の外端から上方へ垂直に延在し、軸座ロッド113は、止め部112の上端から内方へ折り曲げ延在し、延在ロッド111とほぼ平行になっており、軸座ロッド113と止め部112との間には断面L状の折り曲げ段部116が設けられている。枢接軸114は、軸座ロッド113の内端から下方へ垂直に延在し、枢接軸114の上にはねじ山部115が設けられている。各接合部11及び眼鏡フレーム10は、薄シート材で外形に一次切断されることで、折り曲げ加工により全体構成が完成される。
【0010】
各眼鏡脚20の先端には、眼鏡脚20を垂直に貫通する貫通孔である枢接孔21が設けられている。
【0011】
結合部材30は、枢接孔21に着脱可能に設けられている軸部材である。結合部材30内には、内壁にねじ山部115と結合可能な内ねじ山311を有する組み付け孔31が設けられている。結合部材30の一端は外径の大きい凸縁32を有する。
【0012】
組み合わせ上(図3参照)、結合部材30で眼鏡脚20の枢接孔21を通し、組み付け孔31により枢接軸114と螺合することで、眼鏡脚20は、眼鏡フレーム10に対応する接合部11と結合可能となる。さらに、結合部材30と枢接孔21との間に適当な間隙があるため、眼鏡脚20は、枢接軸114を軸枢として眼鏡フレーム10に対して内方へ折り畳み収納しまたは外方へ拡開することができる。図4は、眼鏡脚20が外方へ拡開される状態を示す。眼鏡脚20が眼鏡フレーム10に対して外方へ拡開された場合、眼鏡脚20の前段は、止め部112によって所定の角度内に止められ、外方への過度の拡開が回避される。
【0013】
図5は、本考案に係る他の実施例を示す。この実施例において、枢接軸114の延在ロッド111に対する位置は、図2に示す構造とは上下が逆転しているため、眼鏡脚20は、上方から下方へ眼鏡フレーム10との組み付けが完成可能である。具体的には、図5の実施例において、止め部112は、延在ロッド111の外端から下方へ垂直に延在し、軸座ロッド113は、止め部112の下端から内方へ折り曲げ延在し、延在ロッド111とほぼ平行となっており、枢接軸114は、軸座ロッド113の内端から上方へ垂直に延在する。
【0014】
本考案に係る薄フレーム眼鏡の簡易組み合わせ構造によれば、眼鏡フレーム10と眼鏡脚20との組み付けを容易に完成することができ、しかも、各部材には改めて加工結合を行う必要なく、加工プロセス及び製造コストを大幅低減することができる。
【0015】
上記のように、これらの実施の形態は本考案の好ましい実施例のみであり、本考案の特許請求の範囲に基づいてなされる等価の変更や修飾は、本考案の技術範囲に入るものである。
【0016】
以上のように、本考案では、両側に接合部がそれぞれ設けられ、各接合部は延在ロッド、止め部、軸座ロッド、枢接軸を含み、前記延在ロッドは前記眼鏡フレームの側縁から水平に外方へ延在し、前記止め部は前記延在ロッドの外端から垂直に延在し、前記軸座ロッドは前記止め部の一端から内方へ延在し、前記軸座ロッドと前記止め部との間に折り曲げ段部が設けられており、前記枢接軸は前記軸座ロッドの一端から垂直に延在する眼鏡フレームと、先端に枢接孔が設けられている眼鏡脚と、内部に組み付け孔が設けられており、一端が外径の大きい凸縁であり、前記眼鏡脚の枢接孔を通し、前記組み付け孔が前記眼鏡フレームの枢接軸と結合されることで、前記眼鏡脚は前記眼鏡フレームに対して内方へ折り畳み収納しまたは外方へ拡開可能である結合部材と、を備える薄フレーム眼鏡の簡易組み合わせ構造とするものである。
【産業上の利用可能性】
【0017】
本考案に係る薄フレーム眼鏡の簡易組み合わせ構造によれば、眼鏡脚と眼鏡フレームとの組み付けを容易に完成することができ、眼鏡全体の製品はよりコンパクトとなり、眼鏡の製造コスト及び製造困難性が大幅に低下する。
【0018】
10 眼鏡フレーム
11 接合部
111 延在ロッド
112 止め部
113 軸座ロッド
114 枢接軸
115 ねじ山部
116 折り曲げ段部
20 眼鏡脚
21 枢接孔
30 結合部材
31 組み付け孔
311 内ねじ山
32 凸縁







(57)【要約】

【課題】薄フレーム眼鏡の眼鏡フレームと眼鏡脚の簡易で安定した連結が可能な組み合わせ構造を提供する。【解決手段】眼鏡フレーム10の両側には、延在ロッド111と、止め部112と、軸座ロッド113と、ねじ山115を有する枢接軸114とからなる接合部11がそれぞれ設けられ、眼鏡脚20の先端には枢接孔21が設けられている。結合部材30には、内ねじ山311を有する組み付け孔31が設けられ、凸縁32を有する。結合部材が眼鏡脚の枢接孔を通し眼鏡フレームの枢接軸と結合されることで、眼鏡フレームと眼鏡脚との組み付けが容易になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):