(54)【考案の名称】天井クロス張り付け施工工具

(51)【国際特許分類】

E04F 21/18 ・壁 天井に厚板

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、天井クロス張り付け施工工具に関する。

【従来の技術】

【0002】
天井貼り付け用クロスを建物の天井に貼り付ける作業工程中には、クロスを適当な幅と長さに裁断する作業工程とともに、天井貼り付け用クロスの裏面に糊を塗り付けて、その後に天井貼り付け用クロスを天井面に貼り付けていく作業工程があった。
ここで、天井面に天井貼り付け用クロスを貼り付ける場合には、壁面に貼り付ける場合とは違って、仮足場を組み、作業員は、仮足場の上に上がって、顔を上に向けたまま、当該クロスを貼りつけながら前へ進むという作業となるため、従来は、作業員が3から4人一組になって、天井貼り付け用クロスを建物の天井に貼り付ける作業を行っていた。
そして、壁面に貼り付ける作業は、従来は、天井面にクロスを手で押さえながら、裏面の糊部に溜まっている空気を追い出すようにして天井にクロスを貼りつけていたのであるが、手作業であるため貼りつけるクロスの幅CB0に限界があり、なんとかクロスの幅CBを従来の幅CB0より大きくなるようにクロスを天井に貼り付けることが作業効率の観点から望まれていた。
また、天井貼り付け用クロスを建物の天井に貼り付ける作業行程中には、クロスを適当な幅と長さに裁断する作業工程が必須となっていたのであるが、裁断する際に物指部にカッターを当てがって裁断するのであるが、誤って指を切るという事故も発生していた。

【効果】

【0007】
本考案に係る、天井クロス張り付け施工工具は、上記のような特徴的構成要件から構成され、特徴的構成要件に応じた、以下のような本願考案特有の効果を奏する。
また、上記の各考案に応じた、上記のような特徴的構成要件から構成された天井クロス張り付け施工工具によれば、本願考案の課題を十分解消することができた。
○第1の考案の効果
第1の考案によれば、作業員の肩に掛けるための2つの肩掛け具Sと天井貼り付け用クロスを載置するクロス載置台CDからなるクロス載置具20において、2つの肩掛け具Sとクロス載置台CDは連結してなることを特徴とするクロス載置具20と天井に当該クロスCを貼り付けるためのクロス刷毛具10との組合せからなることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
○第2の考案の効果
第2の考案によれば、クロス載置具20が、2つの肩掛け具Sとクロス載置台CDが組立分解可能であることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
○第3の考案の効果
第3の考案によれば、クロス刷毛具50が、ジョイント切断定規Rと刷毛部Bとから構成されてなり、ジョイント切断定規Rと刷毛部Bの段差Δhが、下式を満足するようにしてなることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
すなわち、本願考案が、(1)式を満足すれば、ジョイント切断定規に当てがったカッターを誤ってジョイント切断定規まで切り込んだとしても刷毛部でカッターの刃が止まって刷毛部を抑えていた指を切断することがないという当業者が予測できない顕著な効果を奏する。
Δh=hB−hR>0……(1)式
ここに、ジョイント切断定規Rの高さをhR(mm)、刷毛部の高さをhB(mm)とする。
【考案を実施するための最良の形態】
【0008】
以下、本考案に係る、天井クロス張り付け施工工具100に関する最良の実施形態について、図面を参照しながら説明する。
図1は、本願発明に係る、クロス載置具の斜視図である。
図2は、本願発明に係る、別のクロス載置具の斜視図である。
図3は、本願発明に係る、クロス刷毛部の図である。図3(A)は、本願発明に係る、クロス刷毛部の正面図である。図3(B)は、本願発明に係る、クロス刷毛部の背面図である。図3(C)は、本願発明に係る、クロス刷毛部の右側面図である。
図4は、本願発明に係る、クロス刷毛部の右側面の拡大図である。
図5は、天井クロス張り付け施工工具を使った天井クロス張り付け作業のステップ図である。
図6は、天井クロス張り付け施工工具を使った天井クロス張り付け作業状態を表した図である。
以下、本考案に係る、天井クロス張り付け施工工具100について、図面を参照しながら説明する。
11111**************************************************
上記の天井クロス張り付け施工工具において、作業員の肩に掛けるための2つの肩掛け具Sと天井貼り付け用クロスを載置するクロス載置台CDからなるクロス載置具20において、2つの肩掛け具Sとクロス載置台CDは連結してなることを特徴とするクロス載置具20と天井に当該クロスCを貼り付けるためのクロス刷毛具10との組合せからなることを特徴とする天井クロス張り付け施工工具が開示されている。
○第1の考案の効果 第1の考案によれば、作業員の肩に掛けるための2つの肩掛け具Sと天井貼り付け用クロスを載置するクロス載置台CDからなるクロス載置具20において、2つの肩掛け具Sとクロス載置台CDは連結してなることを特徴とするクロス載置具20と天井に当該クロスCを貼り付けるためのクロス刷毛具10との組合せからなることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
22222**************************************************
上記の天井クロス張り付け施工工具において、クロス載置具20が、2つの肩掛け具Sとクロス載置台CDが組立分解可能であることを特徴とする請求項1に記載された天井クロス張り付け施工工具が開示されている。
○第2の考案の効果 第2の考案によれば、クロス載置具20が、2つの肩掛け具Sとクロス載置台CDが組立分解可能であることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
33333**************************************************
上記の天井クロス張り付け施工工具において、クロス刷毛具50が、ジョイント切断定規Rと刷毛部Bとから構成されてなり、ジョイント切断定規Rと刷毛部Bの段差Δhが、下式を満足するようにしてなることを特徴とする請求項1〜2の何れかに記載された天井クロス張り付け施工工具が開示されている。
Δh=hB−hR>0……(1)式
ここに、ジョイント切断定規Rの高さをhR(mm)、刷毛部の高さをhB(mm)とする。
○第3の考案の効果 第3の考案によれば、クロス刷毛具50が、ジョイント切断定規Rと刷毛部Bとから構成されてなり、ジョイント切断定規Rと刷毛部Bの段差Δhが、下式を満足するようにしてなることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
Δh=hB−hR>0……(1)式
ここに、ジョイント切断定規Rの高さをhR(mm)、刷毛部の高さをhB(mm)とする。

(57)【要約】

【課題】3〜4人掛かっていた天井クロス張り付け作業の作業時間と作業コストを低減することができるクロス載置具とクロス刷毛具との組合せからなる天井クロス張り付け施工工具を提供する。【解決手段】作業員の肩に掛けるための2つの肩掛け具Sと天井貼り付け用クロスを載置するクロス載置台CDからなるクロス載置具20において、2つの肩掛け具Sとクロス載置台CDは連結してなることを特徴とするクロス載置具20と、天井に当該クロスCを貼り付けるためのクロス刷毛具との組合せからなることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):