(54)【考案の名称】中空洞柄を有するハンマー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、柄付きハンマーに於いて、柄を中空洞に成し、この一端を留金具で固定し、打倒頭部にV字形の切り込みを入れた、中空洞柄を有するハンマーの構成に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、家庭菜園やガーディニングを楽しむ人々が多くなり、園芸講座やガーデンショウなどは大盛況である。
【0003】
しかし、園芸用具等には便利なももも出ているが、その中でもよく使うハンマーについては昔ながらのもので改良が無いのが現状である。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
従来、ポールを刺して立てるにはポールの先端をハンマーで打ち付けて行うが、これが垂直に打つのは難しく、身長より長いポール等を打ち付けるこ事は不可能であり、踏み台等を必要とし、支えている手を打ってしまう危険性があり、更に打ち込んだポールを引き抜く事は大変困難であり、これらの不合理を解決しようとするのである。

【効果】

【0007】
本考案は、ポールを中空洞柄に通して打付ける為、ポール支えが必要無く、支えと打つ動作が同時に行えるので、垂直、斜め、水平など如何なる方向にもポールを打付ける事が容易に出来、更に背丈より長いポールや曲がっているポールでも、ストッパー金具を取り付け、これをV字形切り込み部分で上から打付ければ容易にポールが刺さり、反対に下から打ち上げれば容易にポールを抜く事が出来、ポールを支えている手を打つ心配が無く安心安全である。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案実施例の中空洞柄を有するハンマーの斜視図である
【図2】本考案実施例の打倒頭部を下にする使用例の斜視図である
【図3】本考案実施例の打倒頭部を上にする使用例の斜視図である
【図4】本考案実施例のストッパー留め金具を上から打付ける使用例の斜視図である
【図5】本考案実施例のストッパー留め金具を下から打ち上げる使用例の斜視図である

【0009】
以下、本考案の実施の形態について説明する。
柄付きハンマーの柄を中空洞に形成し、両端部に雄螺子部を設け、ハンマーの打倒頭部に貫通して固着すし、留金具は雌袋螺子を形成し、中空洞柄のどちらか片方に着脱可能に螺着するものである。
【0010】
従来のハンマーとしても使用可能である。
【0011】
ハンマーの打倒頭部の片方上面にV字形切り込みを形成し、打倒頭部の柄側に傾斜を構成する。
【0012】
本考案を実施例で示すと、図1に於いて中空洞柄(2)の両端部に雄螺子部(3)(3’)を構成し、これをハンマーの打倒頭部(1)に挿通し、長短に成る様位置に固着し、雄螺子部(3)(3’)に螺着可能な雌袋螺子留金具(6)を設け、ハンマーの打倒頭部(1)の一端上面にV 形切込(4)を構成し、その柄側側面に傾斜(5)を設けるものである。
【0013】
本考案を実施例で示すと、図2に於いて、雌袋螺子留金具(6)を中空洞軸(2)の一端の雄螺子部(3に螺着し、ハンマーの打倒頭部(1)を下方向に向け、打ち込むポール(7)を中空洞軸(2)に下から雌袋螺子留金具(6)まで通し、ハンマー全体を上下にピストン式運動を行い、ハンマーの打倒頭部(1)の重量を利用して雌袋螺子留金具(6)のところで打付ける使用例である。
【0014】
本考案を実施例で示すと、図3に於いて、雌袋螺子留金具(6)を中空洞軸(2)の、打倒頭部(1)側の一端の雄螺子部(3’)に螺着し、ハンマーの打倒頭部(1)を上方向に向け、打ち込もうとするポール(7)を中空洞軸(2)の下から雌袋螺子留金具(6)まで通し、ハンマー全体を上下にピストン式運動を行い、打倒頭部(1)の重量を利用して雌袋螺子留金具(6)のところで打付ける使用例である。
【0015】
本考案を実施例で示すと、図4に於いて、打ち込むポール(7)にストッパー金具(8)を取り付け、これをハンマーの打倒頭部(1)のV字切込(4)で挟み込む様にし、上から打ち付けポール(7)を差し込む使用例である。
【0016】
本考案を実施例で示すと、図5に於いて、打ち込むポール(7)にストッパー金具(8)を取り付け、これをハンマーの打倒頭部(1)のV字切込(4)で挟み込む様にし、更に傾斜(5)が平行に当たる様にハンマーの傾きを調整して、下から打ち上げうる様にしてポー(7)を抜く使用例である。
【0017】
(1)打倒頭部
(2)中空洞柄
(3)(3’)雄螺子部
(4)V字切込部
(5)傾斜部
(6)雌袋螺子留金具部
(7)ポール
(8)ストッパー金具

(57)【要約】

【課題】柄付きハンマーに於いて、柄を中空洞にに成し、ポール打ちに便利にしたハンマーを提供する。【解決手段】柄付きハンマーに於いて、ハンマーの打倒頭部1に中空洞柄2を装着し、中空洞柄2の両端部に雄螺子部3、3’を構成し、これに螺着可能な雌袋螺子留金具6を設け、ハンマーの打倒頭部1の一端上面にV形切込4を構成し、その柄側側面に傾斜5を設けるものであり、打ち込むポールを中空洞軸2に下から雌袋螺子留金具6まで通し、ハンマー全体を上下にピストン式運動を行い、ハンマーの打倒頭部1の重量を利用して雌袋螺子留金具6のところで打付けるものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):