(54)【考案の名称】ワイシャツの裾のまくれ上がり防止用具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は成人体型の男性がワイシャツを着用後活動的な動きをした時にワイシャツの裾がまくれ上がる事を少なくする為の用具である。

【従来の技術】

【0002】
従来男性がワイシャツを着用して活動的な動きをした時ワイシャツの裾がまくれ上がってしまい修正する時は出来るだけ人目にさらさぬ気配りでの修正となる。又前記の様な状態にならぬように古くからワイシャツ後ろ身ごろの最下端を長くしてさらにその先端よりに作成したボタンホールを臀部下方から股下を通して前身ごろの掛けボタン最下部またはその前身ごろの合わせ用掛けボタンでは無くその延長線上に於いて前記の後ろ身ごろの最下端をながくしてその先端よりに作成したボタンホール用にとりつけられたボタンに掛ける事により裾のまくれ上がりをふせぐというワイシャツを入手する事でこの問題の解決は可能となる。しかしこのようなつくりのワイシャツは白無地が主であったり他の色柄ものであれば舞踏家向け等で特殊であり価格的にも高価な場合が多い。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
1、ズボンの中に入れて着用するワイシャツを着用しながら日常の仕事や雑務をこなしていく時に裾がまくれ上がってくるのは気になる事である。時にはワイシャツの一部がズボンの外にはみだしてしまう時もある。接客業や大事な場面では印象的にはマイナス、さらにはその時の仕事や目的に対する集中力に影響する事もかんがえられる。
2、上記の様な裾のまくれ上がりを少なくしようとする手段に於いて市販のワイシャツでワイシャツ後ろ身ごろの最下端を長くしてさらにその先端よりに作成したボタンホールを臀部下方から股下を通して前身ごろの掛けボタン最下部またはさらに前身ごろの合わせ用掛けボタンでは無くその延長線上に於いて前記の後ろ身ごろの最下端を長くしてさらにその先端よりに作成したボタンホール用にとりつけられたボタンに掛ける事により裾のまくれ上がりをふせぐというワイシャツを入手する事でこの問題の解決は可能となる。しかしこのようなつくりのワイシャツは白無地が主であったり他の色柄ものであれば舞踏家向け等で特殊であり価格的にも高価な場合が多い。
【課題を解決する為の手段】
【0004】
1、着脱自在であるクリップの生地や紙その他物を挟む挟持部で着用するワイシャツの後ろ身ごろの最下端部を挟み、この挟持部に対して反対側に位置する、このクリップと紐等と連結接続する為にもうけられた接続部の穴に、その長さを着用するワイシャツの前身ごろの最下端の掛けボタン、或いはその延長線上の端部と後ろ身ごろの最下端部とを臀部下方から股下を通して連結せしめるに足る長さの伸縮する紐状の素材を通した後その接続部の端部で折り返し、その伸縮する紐状の素材の端部で縫合等で接続し、その伸縮する紐状の素材のもう一方の端末に着用するワイシャツのボタンホールとなる金具またはボタンホールの有る生地を縫合等により接合したこれらのボタンホールを臀部下方から股下を通して前身ごろの掛けボタン最下部またはその延長線上先端部に取り付けられたボタン、これらボタンのいずれかに掛ける事により着用したワイシャツの裾がまくれ上がる事を少なくする。
2、上記の伸縮する紐状の素材に長さ調節用の移動カンを取り付けてその長さの調節を計る。

【効果】

【0005】
ワイシャツ単独で後ろ身ごろの最下部から臀部下方そして股下を通して前身ごろ最下部とを連結する機能の無いワイシャツを着用する場合に於いて前記の様なクリップ、伸縮する紐状の素材、ワイシャツのボタンホールとなる金具またはボタンホールの有る生地が一体化された本考案のワイシャツの裾のまくれ上がり防止用具のクリップの挟持部で後ろ身ごろの最下端部を挟み他方の一端であるボタンホールとなる金具またはボタンホールの有る生地を臀部下方から股下を通して前身ごろの掛けボタン最下部に、またはその延長線上先端部にとりつけられたボタン、これらのボタンに掛ける事により裾のまくれ上がりをふせぎ、又着用するワイシャツによっては後ろ身ごろの最下部から臀部下方から股下を通して前身ごろ最下部または掛けボタン最下部までの距離が違うので伸縮する紐状の素材に送り金具の移動カンを取り付けてその長さの調節を計れば本考案のワイシャツの裾のまくれ上がり防止用具がひとつあれば色んなワイシャツを着用する時もワイシャツの裾のまくれ上がりをすくなくする事が可能である。

(57)【要約】

【課題】成人体型の男性がワイシャツを着用後活動的な動きをした時にワイシャツの裾がまくれ上がる事を少なくするワイシャツの裾のまくれ上がり防止用具を提供する。【解決手段】着脱自在であるクリップ1の挟持部2で着用するワイシャツの後ろ身ごろの最下端部15を挟み、この挟持部2に対して反対側に位置する、このクリップ1と紐等と連結接続する為の接続部端部の穴7に、伸縮する紐状の素材を通した後その接続部の端部8で折り返し、その伸縮する紐状の素材の端部9で縫合等で接続し、更にその伸縮する紐状の素材のもう一方の端末に着用するワイシャツのボタンホールとなる金具5またはボタンホールの有る生地を縫合等により接合したこれらのボタンホールを臀部下方から股下を通して前身ごろの掛けボタン16最下部またはその延長線上先端部に取り付けられたボタン、これらボタンのいずれかに掛ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):