(54)【考案の名称】自在巾2・2突起指圧器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、仰向けに寝て、背中等に敷いて、押圧効果を得るための指圧器に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
仰向けに寝て、背中等に敷いて、左右均等的に突起を当てて、押圧効果を得る、四個の突起を有する(四突起)指圧器において、使用中、突起二個同士間の巾を、その都度、簡単に、望む巾に動かして使えるようにした指圧器は無かった。
且つ、二個の突起を有する部分を外して、単独で、二突起指圧器として使えるようにしたものも無かった。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
仰向けに寝て、背中側に左右均等的に突起1を当てて敷き、押圧効果を得る形態の、四個の突起を有する指圧器において、より効果を高めるために、突起二個同士間の巾を、その都度、簡単に変えられるように、且つ、二個の突起を有する部分を外して、単独で二突起指圧器として使用できるようにした、四突起指圧器を作る。

【効果】

【0005】
本考案の使用中に、可動突起盤4をスライドさせることによって、突起二個同士間の巾を、簡単に変えることができて使い勝手がよい。
それゆえ、凝りが部位によって異なっていたり、ツボや凝りが微妙に変化したりしても、その都度、指圧器を少しずつずらしたり、両盤の巾を簡単に調節して、適切な部位に当てて押圧できるので、常に、より気持ちに即した、より高い指圧効果や押圧効果が得られる。又、使う人が変わっても同様であり、誰にでも合う。
この時、突起二個同士間の巾を、一動作で変えられるのは、一個一個突起を動かして巾を変えるより、手間がかからなくて便利である。
又、可動突起盤4をスライド板3から抜き外して、単独で、主に首筋に対して使う二突起指圧器として使用できる。
このように、本考案は四突起指圧器で突起二個同士間の巾を簡単に変えて使え、且つ、二突起指圧器としても使えるので重宝である。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】 本考案の斜視図である。

【0007】
仰向けになって、本考案の指圧器を、スライド板3が身体と直交する形態で、突起1が左右均等的に背中等に当たるように敷いて寝る。すると体重によって、背中等が押圧されて、押圧効果が得られるので、通常、十秒前後静止して、その部位の押圧効果を得て、次いで、その体位のまま、手で指圧器を動かすなり、固定突起盤2と可動突起盤4間の巾を変えるなりして、押圧部位を変えて、静止して押圧効果を得る。この動作を繰り返して、背中等の広範な部位、或いは望む部位の指圧効果や押圧効果を得る。
又、可動突起盤を二突起指圧器として使う場合には、二つの突起で頸椎を挟むようにして、首に敷いて、少しずつずらして使用する。
【0008】
1 突起
2 固定突起盤
3 スライド板
4 可動突起盤
5 スライド穴

(57)【要約】

【課題】仰向けに寝て、背中側に左右均等的に突起を当てて敷き、押圧効果を得る形態の、四個の突起を有する四突起指圧器において、突起二個同士間の巾を簡単に変えて使え、且つ、二突起指圧器としても使える自在巾2・2突起指圧器を提供する。【解決手段】突起1を二個ずつ設けた同形の長方形的な形状の二つの盤2、4をスライド板3でつないで、一方の盤をスライドできるようにしておくことによって作り、且つ、その盤を抜き外して、二突起指圧器として使えるようにしておく。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):