(54)【考案の名称】ベビーキャリア

(73)【実用新案権者】リーマン株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、乳幼児を抱っこ又はおんぶで保持可能なベビーキャリアに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のべビーキャリアは、背当て部及び背当て部の上部に頭部安定用の頭当て部材を有し、乳幼児を収容保持するキャリア本体と、キャリア本体に取り付けられる左右一対のショルダーベルトと、を備えていた。
【0003】

(57)【要約】

【課題】オプション部材をなくして、体の小さな新生児から成長した幼児まで、保持可能なベビーキャリアを提供する。【解決手段】ベビーキャリア10を、乳幼児を保持可能な胴部30と、胴部30の下端側で連結される腰ベルト部20と、胴部30の上端側から延設される右肩ベルト50、左肩ベルト(肩ベルト部)と、を有するキャリア本体15と、上端側でキャリア本体15の上端側で着脱可能に連結されるとともに、下端側でキャリア本体15の下端側で連結され、乳幼児を胴部30とで挟み込み可能なハーネス70と、を備える構成とする。乳幼児を保持する場合に、ハーネス70の上端側とキャリア本体15の上端側とを離脱させるとともに、ハーネス70の上端側とキャリア本体15の下端側とを係合させることにより、ハーネス70が、乳幼児の尻の位置を上側に配置可能とするかさ上げ状態となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):