(54)【考案の名称】携帯端末用補助具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話、スマートフォン等の小型携帯端末を片手で操作することを可能とする補助具に関する。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話、スマートフォン等の小型携帯端末の取り扱いに際しては、図5に示すように、掌に端末を載せ、親指の付け根と中指・薬指の第1間接を使って端末の両側辺を支持し、操作には、親指だけでできる画面のスクロール以外は、端末を支持する手と反対側の手の人差し指等を使用するのが一般的である。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
両手で端末を操作できないときは、上述したように、端末を支持する手の親指を使用するのが一般的である。しかし、この場合、親指の付け根が端末の側辺に固定されるので、親指の動く範囲が小さくなり誤操作が生じ易くなる。また、中指と薬指が端末の他の側辺に固定されるため、隣の人差し指を端末の前面に運んで操作することは至難となる。さらに、このような状態で無理に片手で操作しようとすると、端末を落下させてしまう危険が大きくなる。
【0004】
上述の問題を解決すべく、本考案においては、携帯電話、スマートフォン等の小型携帯端末を片手で支持・操作することができるファッション性豊かな補助具を提供することを課題とする。

【効果】

【0008】
親指と人差し指を端末の支持から解放させることができたため、鞄等を保持する等で片手が使用できない状態においても、もう一方の手だけで端末を支持・操作することが可能となった。
【0009】
しっかりした吸着とリングへの指の挿通により、端末を確実に手指に固定させることが可能となったため、横向きや仰向けの姿勢でも、片手の端末操作が可能となった。
【0010】
本補助具は端末への着脱が簡単であるうえ、端末裏面の所望の位置に吸着盤を取り付けることができるので、使用者の手の大きさや趣向に合った片手での端末の使用が可能となった。
【0011】
端末をテーブル等に置いて使用するときには、本補助具の吸着盤を中央より少々上に取り付け、これを台座とすることにより、端末に角度を持たせることができるため、画面が見やすく操作もしやすくなった。
【0012】
リングに指を挿通させて端末を操作するスタイルが使用者及びそれを観察する者のファッション感覚を醸成することから、単なる端末補助具を超え、アクセサリー品としての需要を引き起こすことが期待できる。その結果、需要者層に合わせた商品の開発・販売が可能となるほか、低コストで生産可能な販促物としての市場開拓も可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本実施形態の携帯端末用補助具の(A)平面図、(B)正面図である。
【図2】本実施形態の携帯端末用補助具の装着方法を示す説明図である。(A)は端末を透視として指の位置を示し、(B)は指の通し方を示す。
【図3】本実施形態の携帯端末用補助具を装着した端末の使用例を示す説明図である。
【図4】端末をテーブル等に置いて使用するときの実施例を示す側面図である。
【図5】従来の端末の保持方法を示す概念図である。

【0014】
以下、本考案の実施形態1、2を、図を用いて説明する。
(実施形態1)
図4に示すように、本考案に係る携帯端末用補助具は、1ユニットが、ゴム製の吸着盤1と、吸着盤1に連続するリング支持部11と、リング支持部11に枢設された樹脂製のリング2によって構成され、吸着盤1を端末裏面に吸着させ、リングに指を挿通させて使用する。該ユニットは、リングに挿通する指以外の指との協応により、単体でも使用が可能であるが、本実施形態においては端末をより確実に保持するため、使用するユニットの数は2とする。吸着盤1の端末裏面への吸着位置は基本的には縦1列となるが、端末3の大きさや使用者の手の大きさ又は趣向によって使いやすい位置を選択することが可能である。
【0015】
人差し指をフリーにするため、前記2つのユニットの各々のリング2に挿通する指は、中指、薬指又は小指のいずれか2の指となるが、本実施形態では図2に示すように、最も確実に端末を支持できる方法として、中指及び薬指を使用する。(A)は端末3を透視として端末裏面における指位置の例を示し、(B)は端末3を水平にして指の挿通方法を示す。
【0016】
図3(A),(B)は、本実施形態における指の動作例を示す。本図に示すように、リング2に挿通する指を中指及び薬指とすることにより、人差し指を端末3の前面に置くことができ、端末3を片手で保持しながら親指と人差し指で操作することが可能となる。
【0017】
(実施形態2)
実施形態2は、端末3をテーブル等の平面に載置して使用する場合の本補助具の使用例である。図4に示すように、端末3の裏面の縦方向中央より上方に2ユニットの本補助具を横並びに着設し、各リング支持部11を平面に着座させることにより、端末を平面に対して一定の傾斜角をもって載置することが可能となり、液晶画面を見やすくすることができる。
【0018】
以上、本考案の有する特徴及び優れた点を上記実施形態に記載したが、本考案は、本考案の原理の範囲内で、本願の実用新案登録請求の範囲で使用されている言葉を広く一般的な意味にまで広げて実施することが可能である。例えば、吸着盤1とリング2の素材・形状・大きさについては様々な実施形態が可能である。また、請求項1の補助具については使用する前記ユニットの数を1又は3として実施することも可能であり、これらについての実施は、本考案の技術的範囲に含まれるものと解する。
【0019】
1 吸着盤
11 リング支持部
2 リング
3 小型携帯端末


(57)【要約】

【課題】携帯電話、スマートフォン等の小型携帯端末を片手で支持・操作することができるファッション性豊かな補助具を提供する。【解決手段】吸着盤1と吸着盤1に枢設されたリング2とによってユニットが構成され、吸着盤1を端末3裏面の所望の位置に吸着させ、親指及び人差し指以外の指をリング2に挿通することによって端末3を片手で支持し、同じ手の親指及び人差し指を使用して端末3を片手で操作することを可能とする。通常の使用においては、ユニットを端末3裏面に縦に着設し、中指と薬指をリング2に挿通することにより、端末3を手指に密着させ安定的に支持しつつ、親指とともに人差し指を端末3の前面に置いて操作する。また、端末をテーブル等の平面に載置して使用するときは、端末の裏面に横1列に吸着させた複数ユニットの補助具を平面に着座させることにより、端末を平面に対して一定の傾斜角をもって設置することを可能とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):