(54)【考案の名称】偏心傘

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図16

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、生活用品の技術分野における傘に関する。

【従来の技術】

【0002】
傘は陽光や雨が直被しないように遮るための用具であり、目下広く使用されている。現在使用されている傘には、主に長傘と折り畳み傘とを含む。但し、長傘であろうと、折り畳み傘であろうと、いずれもシャフトが傘面の中心を下方から支持し、かつ傘面はシャフトの外周から放射状に張り出す骨によって支持される。係る構造の傘は使用時においてシャフトを持って差す。然しながら、使用者は身体の前方でシャフトを持つため、使用者の立つ位置が傘面の中心の下方になく、傘面の中心より後方に偏る。係る状態では傘面が上から降下するものを遮る範囲が偏り、このため使用者の後方において効率よく雨などを遮ることができなくなり、使用者の不便を招く。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
この考案は、簡易な構造で雨などを遮る面積を効率よく増大することができ、かつ軽く、使いやすい偏心傘を提供することを課題とする。

(57)【要約】

【課題】簡易な構造で雨などを遮る面積を効率よく増大することができ、かつ軽く、使いやすい偏心傘を提供する。【解決手段】シャフトと、シャフトに摺動自在に設けるメインランナー2と、シャフトの上端と、メインランナー2とに接続するとともに、シャフト側の一端が外方向に延伸する可動メインフレームと、可動メインフレームの外方向に延伸する一端に設けるサブノッチ4及びサブランナー5と、サブノッチ4及びサブランナー5に接続する傘骨6とを含んでなり、かつ可動メインフレームが第1メイン桿体31と、第2メイン桿体32と、2本の連結桿33とによってなり、2本の連結桿33は下端がそれぞれ第1メイン桿体31の内側の一端と第2メイン桿体32とに回動自在に接続し、第1メイン桿体31と、第2メイン桿体32とは、交差させてシャフトの上端に設け、別途傘骨6を位置決めする位置決め桿7を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):