(54)【考案の名称】携帯に便利なヘアカーラー器

(73)【実用新案権者】東莞市華霖電器科技有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、毛髪用美容装置に関し、特に携帯に便利なヘアカーラー器に関する。

【従来の技術】

【0002】
在宅時または旅行時であっても、ヘアカーラー器は、美を愛する女性たちが日常生活において毛髪をカールさせ、さまざまな髪型にセットするのを好むものであり、専門の美容院でセットする女性もいるが、一部の女性たちは自身でヘアカーラー器を購入して自宅で髪型をセットするものである。
【0003】
従来の技術におけるヘアカーラー器は、把持部と髪挟持部材と発熱モジュールとを有し、使用時には、直接通電し、同時に挟持部で毛髪を挟持して巻いてセットする。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、髪挟持部材と発熱モジュールとが把持部上に固定されて一体固定となっているため、伸縮できず、非使用時に占有スペースが大きく、携帯や収納に不便をきたしている。
【0005】
従って、本考案の目的は、以上の欠陥を解決して、携帯に便利なヘアカーラー器を提供することにあり、それは非使用状態下で長さを縮小することにより、占有スペースを小さくすることができて、携帯や収納に都合が良い。

【効果】

【0013】
本考案に係るヘアカーラー器によれば、把持部と発熱モジュールと髪挟持部材とが伸縮可能な一体として設置され、非使用時に、発熱モジュールと髪挟持部材とを把持部に収納できて、ヘアカーラー器の占有するスペースを減らし、操作が簡単で、携帯に便利で、生活を便利にする。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の一実施形態に係るヘアカーラー器全体の構成を示した分解説明図である。
【図2】本考案の一実施形態に係るヘアカーラー器の発熱モジュールの構成を示した分解説明図である。
【図3】本考案の一実施形態に係るヘアカーラー器の展開状態を示した説明図である。
【図4】本考案の一実施形態に係るヘアカーラー器の収納状態を示した説明図である。
【図5】本考案の一実施形態に係るヘアカーラー器が収納状態にある時の図である。
【図6】本考案の一実施形態に係るヘアカーラー器の図である。
【図7】図6のヘアカーラー器の図である。

【0015】
次に添付図面と具体的な実施形態とを結んで本考案についてさらに詳細に説明する。
【0016】
本実施形態は、図1〜図7を参照すると、携帯に便利なヘアカーラー器であって、把持部1と発熱モジュールと髪挟持部材とを有し、把持部1の前端に前蓋5が設置され、把持部1の後端に後蓋3が設置され、把持部1の内部に発熱モジュールを収納するための第1収納室が設けられ、第1収納室の前端に発熱モジュールを挿入するための開口が設けられ、第1収納室の内壁において前端から後端に向かって延伸する、発熱モジュールの摺動を補助するための凹形状をした一対のリターン溝22が設けられ、発熱モジュールの後端表面に、リターン溝22に嵌め込むことで把持部1の第1収納室内で係合摺動可能となる一対の係合柱21が設けられて、発熱モジュールが第1収納室内に伸縮可能に装着され、把持部1の表面に髪挟持部材に合わせるT字形溝19が設けられて、髪挟持部材をT字形溝19内で摺動させ、把持部1の後蓋3内に発熱モジュールを押し出すための後カバー内嚢4が設置され、後カバー内嚢4の外表面には前端から後端に向かって傾斜延伸する、押し出しを補助するための一対の位置規制凹溝20が設けられ、後蓋3を回すと同時に後カバー内嚢4を連動して回動させることで、同時に第1収納室から発熱モジュールを一部押し出し、その押し出された部分を引っ張ることで発熱モジュールを把持部1の第1収納室から展開することができ、展開した発熱モジュールを把持部1の第1収納室内に押し込むことで、発熱モジュールが把持部1内に収納され、ヘアカーラー器の長さが縮小して、携帯、安置に都合の良いものになる。
【0017】
発熱モジュールはアルミニウム筒2で構成され、アルミニウム筒2の内部に第2収納室が設けられ、第2収納室内部に熱伝導アルミニウム片12と熱伝導アルミニウム片12に平行するPTCサーミスタ11とが設置され、アルミニウム筒2の前端に円頭部6が連結され、円頭部6の前方に可変色シリコンリング17が設置され、円頭部6の内部にPCB基板13が置かれ、PCB基板13上にLEDランプ14が溶接され、PCB基板13上にLEDランプ14を覆うためのランプシェード15がさらに設置される。
アルミニウム筒2の内壁において、前端から後端に向かって延伸する、熱伝導アルミニウム片12の位置を固定するための凸形状をした一対のガイド23が設けられ、ガイド23がアルミニウム筒2の内壁の前端から後端まで延伸するとともに、アルミニウム筒2の後端にアダプタースリーブ16が連結され、アダプタースリーブ16の表面の一部にスイッチ部18が露出する形で配置され、アダプタースリーブ16の内部に電源に接続するためのプラグ10が連結され、プラグ10の正負極がそれぞれスイッチ部18を介してPTCサーミスタ11の入力の両端に電気的に接続し、スイッチ部18表面には、把持部1内の第1収納室の内壁において凹形状をしたリターン溝22に合わせる接触点が設けられ、接触点がリターン溝22内に位置することで、把持部1内の第1収納室の内壁には接せず、スイッチがオフの状態となり、その状態から接触点が移動し、リターン溝22内から外れることで、把持部1内の第1収納室の内壁に接触点が押し込まれ、スイッチがオンの状態となり、通電する。
髪挟持部材が挟持片9と挟持蓋8と挟持スライダー7とを有し、挟持片9が弾性を備えた挟持蓋8を介して挟持スライダー7上に可動設置され、ヘアカーラー器の把持部1が円筒構造である。
【0018】
使用時には、後蓋3を回すと、後カバー内嚢4を介して発熱モジュールがその長さの一部押し出され、さらに手で円頭部6を握って発熱モジュールを引っ張り出し、その後、発熱モジュールを他の1角度へ回すと、スイッチ部18の接触点が把持部1内の第1収納室の内壁に接触して押し込まれることで通電し、同時にPCB基板13上のLEDランプ14を駆動させてさまざまな色を発色させ、ヘアカーラー器が動作状態となり、髪挟持部材の弾性を備えた挟持蓋8の後方部を下に押すと、挟持片9が同期して開くことで、毛髪を挟むことができる。
【0019】
使用後、携帯または安置の必要がある時には、発熱モジュールを十分に冷ました後に、円頭部6を握って発熱モジュールを回し、スイッチ部18の接触点を把持部1の第1収納室内の内壁に押し込まれた状態からリターン溝22内へと移動させてスイッチをオフの状態とし、その後、発熱モジュールを髪挟持部材とともに、把持部1の第1収納室内に向かって摺動させると、把持部1と発熱モジュール及び髪挟持部材との一体化が実現され、発熱モジュール及び髪挟持部材が完全に把持部1に収納される。
【0020】
以上の内容は具体的な好ましい実施形態と結び付けて本考案に対して行ったさらなる詳細説明であり、本考案の具体的な形態がこれらの説明だけに限定されると認めることはできない。本考案の属する技術分野の当業者にとっては、本考案の構想から離脱しない前提のもとで、若干の簡単な発展または置き換えを行うこともできるが、どれも本考案の保護範囲と見るべきである。
【0021】
1 把持部
2 アルミニウム筒
3 後蓋
4 後カバー内嚢
5 前蓋
6 円頭部
7 挟持スライダー
8 挟持蓋
9 挟持片
10 プラグ
11 PTCサーミスタ
12 熱伝導アルミニウム片
13 PCB基板
14 LEDランプ
15 ランプシェード
16 アダプタースリーブ
17 可変色シリコンリング
18 スイッチ部
19 T字形溝
20 位置規制凹溝
21 係合柱
22 リターン溝
23 ガイド

(57)【要約】

【課題】非使用時に長さを縮小させて携帯や収納に便利なヘアカーラー器を提供する。【解決手段】把持部1と発熱モジュールと髪挟持部材とを有し、把持部の前端に前蓋5が設置され、把持部の後端に後蓋3が設置され、把持部の内部に発熱モジュールを収納するための第1収納室が設置され、第1収納室の前端に発熱モジュールを挿入するための開口が設けられ、第1収納室の内壁において前端から後端に向かって延伸する、発熱モジュールの摺動を補助するための凹形状をした一対のリターン溝22が設けられ、発熱モジュールの後端表面に、リターン溝に嵌め込むことで把持部の第1収納室内で係合摺動可能となる一対の係合柱21が設けられて、発熱モジュールが第1収納室内に伸縮可能に装着され、把持部の表面に髪挟持部材に合わせるT字形溝が設けられて、髪挟持部材をT字形溝内で摺動させ、把持部の後蓋内に発熱モジュールを押し出すための後カバー内嚢4が設置される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):