(54)【考案の名称】カメラやゲ−ム、学習機能も付けることができる携帯用拡大ディスプレイ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話をケ−ブルで繋いで、画面を拡大して見ることが可能であり、画像をとったり外部ソフトを挿入しゲ−ムや学習をしたりが可能な、携帯できる大きさのディスプレイに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、携帯電話の画面が小さくて見にくいという高齢者や弱視者が多く存在した。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
携帯電話の画面を拡大して見ることが可能な、携帯できる大きさのディスプレイを提供する。

【効果】

【0005】
高齢者や視力の弱い人でも、出先や家で携帯電話の画像機能を手軽に楽しむことができる。また、画像拡大機能だけでなく、ゲ−ムソフトを挿入して、ゲ−ムや学習ができたり、カメラ機能を付属させ、画像をとったり、将来的に他の特許とかぶらなくなったとき携帯電話と無線でつないだり、ネットを介していろいろなソフトを楽しむことができる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】携帯電話とケ−ブルでつながった携帯可能な拡大ディスプレイ

【0007】
携帯電話で拡大ディスプレイにつなぐジャックが付属していない機種に関しては、新にジャックを創設する。付属している機種に関してはそのジャックを利用する。前記携帯電話のジャックと拡大ディスプレイをケ−ブルでつなぐ。拡大するだけでは、用途が狭いので、カメラ機能を付属させたりソフトを挿入してゲ−ムや学習を楽しめたりできるようにする。
【0008】
以下添付図に従って、一実施例を説明する。1は手軽に携帯可能な7インチから10インチ程度の液晶拡大ディスプレイ本体であり、2は、携帯電話と前記液晶ディスプレイをつなぐケ−ブルであり、3は携帯電話であり、4は、携帯電話のケ−ブルを差し込むジャックであり、5は、ゲ−ムなどを楽しむためのソフト挿入口である。
【0009】
1 液晶拡大ディスプレイ
2 ケ−ブル
3 携帯電話
4 携帯電話のケ−ブル用ジャック
5 ソフト挿入口

(57)【要約】

【課題】携帯電話の細かい画面を見やすくし、視力の弱い人でも楽しめるようにする携帯用拡大ディスプレイを提供する。【解決手段】携帯電話3と、気軽に携帯可能な7インチから10インチ程度のタブレット大のディスプレイ1をケ−ブル2や無線でつなぎ携帯電話の画面を拡大して見る。ディスプレイにはカメラ機能が付属、又はゲ−ム若しくは学習のためのソフトが挿入できる挿入口5を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):