(54)【考案の名称】中押装置

(73)【実用新案権者】藤村ヒューム管株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、推進管列の中間部分に配置される中押装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の推進工事に用いられる中押装置は、図6に示すように、S形中押管aとT形中押管bの組み合わせと、油圧ジャッキdのシリンダーcの伸張方向をT形中押管bにし、S形中押管a側に固定した油圧ジャッキd、油圧ジャッキの推力を分散するための当輪e、油圧ジャッキの推力の当たりを均等化するためのクッション材fの各部材で構成されている(非特許文献1)。
【0003】

【効果】

【0014】
本考案は上記構成となっているので、以下に示す効果を奏する、
(1)本考案によれば、T形中押管の内部に油圧ジャッキの収納部を設け、かつ油圧ジャッキ後方及びS形中押管を鋼製のリブ構造部に形成した結果、このリブ構造部が当輪機能を発揮する。従って、当輪およびクッション材の設置が不要となり、中押装置のコンパクト化を図ることができる。
【0015】
(2)T形中押管の長さは、主として「油圧ジャッキの長さ」を有すればよいため、短い管の工事にも対応できるようになった。
従来は、2.43mの長さの標準管に対応した中押管を用いていたが、本考案での中押装置は長さ1.2〜0.8mの短い管に対応する短い中押管を製作できる。
【0016】
(3)T形中押管は、推力を伝える油圧ジャッキ後方のリブ構造部と、油圧ジャッキ間の空間を補強したリブ構成に形成したため、油圧ジャッキを円筒部内の収納部に固定した場合にはその重量に対する変形が小さいため、T形中押管とS形中押管の接合部分における水密性に与える影響が少なくなった。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の両端に標準管を接続した中押装置の一部断面図。
【図2】本考案の中押装置のA―A断面図。
【図3】本考案の中押装置のBーB断面図。
【図4】本考案の中押装置のC―C断面図。
【図5】本考案の実施例に関し、油圧ジャッキのシリンダー伸張時の一部断面図。
【図6】従来の中押装置の実施例に関し、(a)は油圧ジャッキのシリンダー圧縮時の一部断面図、(b)は油圧ジャッキのシリンダー伸張時の一部断面図、(c)はD―D断面図、(d)はE―E断面図。
【図7】従来の中押装置の実施例説明図。
【図8】本考案の中押装置の実施例説明図。

【0018】
本考案の、中押装置を図1から図5、図8を参照して説明する。図1は、本考案の両端に標準管を接続した中押装置の一部断面図、図2は本考案の中押装置のA―A断面図、図3は本考案の中押装置のBーB断面図、図4は本考案の中押装置のC―C断面図、図5は油圧ジャッキのシリンダー伸張時の一部断面図、図8は本考案の実施例説明図である。
【0019】
先ず、本考案の中押装置1は、T形中押管2とS形中押管3の組み合わせと油圧ジャッキ7で構成されている。
【0020】
前記T形中押管2は、図1から図5のように、接合カラー5の推進方向先端部に設けた隔壁4を介して、該接合カラー5の径よりやや小さい外径で、管軸方向長さが油圧ジャッキ7の長さに形成して、内部に該油圧ジャッキ7の収納部18を円周上に複数個形成した円筒部8を形成している。
【0021】
隔壁4側には、内周面円周上に等間隔で放射状にリブ6を立設した当輪機能を有するリブ構造体Rに形成し、該油圧ジャッキ7はシリンダー11の伸縮方向先端部を推進方向に向け、後端をリブ構造体Rの前面に配置後、該油圧ジャッキ本体7aを収納部18に取付金具10で固定されている。
【0022】
前記S形中押管3は、図1から図5のように、外周面12に止水ゴム13を設け、前進する標準管19のカラー20より小さい外径で、内面円周上に等間隔で放射状にリブ6を立設した当輪機能を有するリブ構造体Rに形成した接合部14を有し、該接合部14の後側隔壁15を介して前記円筒部8の外径よりやや大きい径の鋼製カラー16が一体設されている。
【0023】
T形中押管2のリブ構造体Rは、油圧ジャッキ7を収納可能な間隔でリブ6を立設した収納部18を設け、該収納部18以外のリブ6間にはコンクリート9が充填されている。また、前記S形中押管3のリブ構造体Rのリブ6間にはコンクリート9が充填されている(図示省略)。
【0024】
T形中押管2とS形中押管3の組み合わせは、標準管19の半分程度長さに形成され、曲線施工を可能としている。
【0025】
前記T形中押管2の円筒部8を、T形中押管用ゴム輪17を介して、前記S形中押管3の鋼製カラー16内に伸縮自在に挿入されている。
【0026】
次に、従来の中押管に短い油圧ジャッキを使用した場合と本考案の場合との中押装置の長さを比較する。
従来の中押管に短い油圧ジャッキを使用した場合を、図7を参考に説明する。
呼び径1000mmの場合において、
S形中押管aの長さイ:200mm、短い油圧ジャッキを推力300kN、長さロ:350mm、シリンダのストローク:200mmのものを、長さハ:70mmの当輪e、長さニ:10mmのクッション材fをもちい、これにT形中押管bの長さ:1150mmを加えた合計は1780mmとなり短い管の曲線推進は出来ない。
【0027】
本考案の場合を、図8を参考に説明する。
S形中押管3の長さイ:200mm、油圧ジャッキ7に推力300kN、長さロ:525mm、シリンダのストローク300mmの標準的なものをもちい、これとT形中押管2のリブ構造体Rの長さホ:200mmとすると合計925mmとなり、短い管の曲線推進が出来る。
【0028】
推進工法は、図5のように、上記実施例の中押装置1を中心にして推進方向の前後に標準管19を接合させ、前進側の標準管19のカラー20内に止水ゴム13を介して接合部14を配置している。その後、接合カラー5内に標準管19の接合部を挿入配置する。
【0029】
前記推進工法によれば、標準管19の6割から半分程度長さの中押装置1により、地山に影響を与えないように急角度の曲線推進を行うことが可能とされている。
【0030】
1 中押装置
2 T形中押管
3 S形中押管
4 隔壁
5 接合カラー
6 リブ
7 油圧ジャッキ
7a 油圧ジャッキ本体
8 円筒部
9 コンクリート
10 取付金具
11 シリンダー
12 外周面
13 止水ゴム
14 接合部
15 後側隔壁
16 鋼製カラー
17 T形中押管用ゴム輪
18 収納部
19 標準管
20 カラー
R リブ構造体

(57)【要約】

【課題】当輪及びクッション材を不要な構造としたコンパクトな中押装置に製作可能で、短い推進管の推進工事に対応可能な中押装置を提供する。【解決手段】T形中押管2は接合カラー5の径よりやや小さい外径で、管軸方向長さが油圧ジャッキ7の長さに形成し、内部に油圧ジャッキの収納部18を複数個形成した円筒部8を形成し、隔壁側に内面円周上に放射状にリブ6を立設したリブ構造体Rに形成する。S形中押管3は外周面に止水ゴム13を設け、内面円周上に等間隔で放射状にリブを立設した接合部14を有し、接合部の後側隔壁を介して円筒部の外径よりやや大きい径の鋼製カラー16を一体設し、T形中押管の円筒部を、T形中押管用ゴム輪17を介して、S形中押管の鋼製カラー内に挿入すると共に、T形中押管の収納部内に、油圧ジャッキはシリンダーの伸縮方向先端部を推進方向に向け、後端をリブ構造体の前面に配置し、且つ油圧ジャッキ本体を円筒部の内壁に密着する状態に取付金具10で固定した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):