(54)【考案の名称】胸リボンシール

(73)【実用新案権者】有限会社丸子ラベル印刷

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、式典やイベント等で来賓客、列席者等の衣服に貼付する胸リボンシールに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の胸リボンは生地を裁断し立体的なバラ等の形状に加工して、裏側に安全ピン、金具等を取り付け衣服に留めている。
【0003】

【効果】

【0006】
上述の様に、本考案の胸リボンは平面デザインをタック印刷することにより、衣服を傷つけることなく安全に貼付するこが可能となり、使用後に剥がした後の処理もより簡便なものとなる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の平面デザイン例を示す正面図である。
【図2】本考案の印刷方法を示す断面図である。
【図3】本考案の印刷面の抜き型例を示す図である。
【図4】本考案の胸リボンシールの実施使用例である。

【0008】
胸リボンの上部にはデザインされた花柄、または校章、ロゴマーク等、下部に名前等を記入する余白部分を配置したデザインをし,タック紙に型抜き印刷し剥離して、シール形状の胸リボンを衣服に安全且つ簡便に貼付し剥がすことができる。
【0009】
以下、添付図面紙に従って実施例を説明する。1は平面にデザインされた絵柄等、2は名前等を記入する余白部分、図2は表面基材に粘着剤を使用して印刷した状態、7は図2の印刷物に抜き型加工するための抜き型、8は名入れ等した後の貼付け例である。
【産業上の利用可能性】
【0010】
本考案は、胸リボンを製造する産業で利用される。
【0011】
1 絵柄等の平面デザインの例
2 名前等を記入する余白部分の例
3 印刷加工面
4 表面基材
5 粘着剤
6 台紙
7 抜き型例
8 実施使用例

(57)【要約】

【課題】胸リボンの衣服への着脱を安全且つ容易にし、且つ使用後の後処理を簡便にする胸リボンシールを提供する。【解決手段】胸リボンの上部に花柄等1、下部には名前等を記入する余白部分を含めたデザイン2をタック紙に印刷し、抜き型により型抜きをすることにより衣服を傷めず且つ安全に貼付することを可能とし、また使用後の後処理を簡便にすることに役立つ。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):