(54)【考案の名称】表紙体

(73)【実用新案権者】セキセイ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば、アルバム、ファイル等における表紙体に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、例えばポケットアルバムは、見開き可能な左右の表紙部を形成した表紙体を有し、この表紙体の外面は、一定の絵柄やキャラクターなどが印刷されたもの、また表紙部に写真シート体を貼着するもの(特許文献1)等が知られていた。
【0003】

【効果】

【0011】
本考案に係る表紙体によれば、上部差込口を大きく開いて表紙ポケット部内にオリジナル表紙を簡単に差し入れ、また差し替えることができ、表紙デザインを何度でも自由に変更することができる。従って、使用者個人においては表紙体を自分好みの表紙デザインに手軽に着せ替えることができ、また、企業においては表紙体を適宜の表紙デザインに着せ替えて自社の広告媒体等として有効に利用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】実施形態のポケットアルバムにおいて、表紙体の上部差込口からオリジナル表紙を差し入れる状態を示す斜視図である。
【図2】表紙体を見開いた状態の外面側を示す背面図である。
【図3】表紙体を見開いた状態の内面側を示す正面図である。
【図4】表紙体を見開いた状態の上部差込口側を示す上面図である。
【図5】表紙体を見開いた状態の下端部側を示す下面図である。
【図6】表紙体を閉じた状態の上部差込口側を示す上面図である。
【図7】表紙体を閉じた状態の下端部側を示す下面図である。
【図8】紙の規格寸法のオリジナル表紙を表紙ポケット部に収納可能とし、このオリジナル表紙のハーフサイズの用紙を袋体に収納可能とした表紙体の例(例えばファイル)であって左右端部の接合部を示す平面図である。
【図9】表紙体における左右端部に印刷部を施した例であって表紙体を見開いた状態(図9(a))と表紙体を閉じた状態(図9(b))を示す平面図である。
【図10】実施形態の変形例として、透明カバーの上端部の左右隅部を表紙本体部と溶着した例を示す背面図である。

【0013】
以下に、本考案の実施形態について添付図面を参照しながら説明する。
本実施形態では、本考案に係る表紙体の適用例としてポケットアルバムを示すが、本考案は、アルバム以外にも書類ファイル、名刺入れ、カード入れ、ハガキ入れ等の各種のファイル、冊子等における表紙体として使用することができ、また、表紙体の内面には書類等を綴じる綴じ具を設けることもできる。なお、本明細書において、左右の表紙部の並び方向を左右方向又は横方向とし、左右の表紙部の並び方向に対して垂直方向を上下方向又は縦方向とする。
【0014】
図1、図2、図3に示すように、ポケットアルバムAは、縦方向に延びる細幅の背表紙部13の左右に一対の折筋13a,13bを境に左右の表紙部11,12を一体形成した長方形形状の表紙本体部10を備える表紙体1と、表紙体1の背表紙部13の内面に溶着にて接合51された複数の写真収納用の袋体5とを備えている。袋体5は、高透明の樹脂フィルムからなり、表紙本体部10よりも小さいサイズの長方形形状に形成され、中央側から横入れ式の二段の写真収納ポケット50が設けられている。表紙本体部10は、袋体5よりも厚手の透明樹脂シートからなり、左右の表紙部11,12は、折筋13a,13bを介して内面側に折り畳み可能で且つ左右に見開き可能に構成されている。なお、表紙本体部10は、透明樹脂シートに限らず、不透明の樹脂、紙、革等の素材シートから形成したものでもよい。表紙本体部10の左右幅寸法は、袋体5の左右幅寸法よりも長く形成されている(図3参照)。これにより、この表紙体1において左右の表紙部11,12を閉じた状態にしたとき、袋体5の先端部が外に露出することなく表紙部11,12に隠れて見栄えを損なうこともない。なお、袋体5が書類等を入れるファイルとする場合等でも表紙本体部10の左右幅寸法を袋体5の左右幅寸法よりも長く形成するのが好ましい。また、表紙本体部10の外面側には、この表紙本体部10の外面全体を覆う大きさを有するシート状の透明カバー2が設けられている。
【0015】
透明カバー2は、表紙体1の上端部全体が開放されて大きく開くことができる上部差込口3を形成し、この上部差込口3を通して透明カバー2と表紙本体部10との間に表紙体1と同じか長辺側が少し短い大きさのオリジナル表紙4を配置可能とする表紙ポケット部30を形成している。透明カバー2の大きさは、透明カバー2の上下幅が表紙本体部10の上下幅と略同じ長さに設定されているが、透明カバー2の左右幅が表紙本体部10の左右幅よりも長い構成としている。
【0016】
そして、表紙ポケット部30は、透明カバー2における左右端部及び下端部の一部を表紙本体部10に接合し、上端部を全長にわたって開放することにより形成されている。すなわち、透明カバー2の左右端部は表紙本体部10の左右端部と一致させて表紙本体部10の左右端部と全長にわたって溶着にて接合31,32し、透明カバー2の上端部は表紙本体部10の上端部と一致させて表紙本体部10の上端部とは全長にわたって非接合33とし、透明カバー2の下端部は表紙本体部10の下端部と一致させて透明カバー2の下端左右部を表紙本体部10の下端左右部と溶着にて接合34,35するが、透明カバー2の下端中央部を表紙本体部10の左右幅よりも長い長さ分を寄せて表紙本体部10の下端中央部とは非接合36とし、このようにして表紙ポケット部30が形成されている。透明カバー2の下端中央部における非接合36の部分は、背表紙部13の左右幅よりも長く設けられている。
【0017】
以上の構成の表紙体1を備えるポケットアルバムAによれば、図1、図4に示すように、透明カバー2は、表紙体1の上部側においてパクッと大きく開くことができる上部差込口3を形成するので、この上部差込口3を通して表紙体1と略同じ大きさのオリジナル表紙4を、表紙体1の外面全体を覆う表紙ポケット部30内に対して簡単に差し入れ、差し替えることができる。従って、表紙体1の外面に全面的に任意のオリジナル表紙4を簡単に配置させ、透明カバー2を透かして表紙体1の外側の表紙デザイン、つまりポケットアルバムAの表紙のデザインを手軽に着せ替えることができる。
【0018】
オリジナル表紙4として、独自の写真データ、イラストデータ、企業ロゴや企業イメージ等の各種のデザインデータをプリンターにて所望の用紙にプリントしたものとすることができる。また、オリジナル表紙4は、A列、B列等の紙の規格寸法(JISP0138)に合致する一定サイズとすることが好ましく、この場合、プリンターにより手軽にオリジナル表紙4を作成することができる。例えば、表紙ポケット部30をA4サイズの用紙を収納可能な大きさとすれば、デザインデータをA4サイズの用紙にプリントして、これをオリジナル表紙4とすることができる。従って、使用者個人においてはポケットアルバムAの表紙体1を自分好みの表紙デザインに手軽に着せ替えることができ、また、企業においてはポケットアルバムAの表紙体1を、例えば企業イメージ等を現わす表紙デザインに適宜に着せ替えてノベルティ商品等に採用して自社の広告媒体等として有効利用することができる。
【0019】
そして、表紙体1において、透明カバー2の左右幅が表紙本体部10の左右幅よりも長い構成であるから、左右の表紙部11,12を見開いた状態では、図4に示すように、表紙ポケット部30の上部差込口3を開きやすく、且つ大きく開くことができる。従って、オリジナル表紙4を表紙ポケット部30内に簡単に差し入れ、差し替えることができる。
【0020】
また、透明カバー2の上端部は開放され、透明カバー2の下端中央部を表紙本体部10の左右幅よりも長い長さ分を寄せて表紙本体部10の下端中央部とは非接合36とするので、図5にも示すように、表紙体1の中央部には透明カバー2における非接合36の余剰部分21が存在することとなる。従って、左右の表紙部11,12を閉じる場合には、外側の透明カバー2によって左右表紙部11,12が見開き側へ引っ張られることなくスムーズに左右表紙部11,12を閉じることができ、且つ左右表紙部11,12を閉じた状態に保持することができ、使い勝手もよい。また、図6、図7に示すように、左右の表紙部11,12を閉じた状態では、透明カバー2は、上端部及び下端部が表紙本体部10の外周に沿って若干の隙間を存して配置される。従って、左右の表紙部11,12を閉じた状態のポケットアルバムAを書棚に収納したり多数個をまとめて箱詰めしたりする等の場合にも透明カバー2が他部材に引っ掛かったりすることがなく、しかも見栄えを損なうこともない。
【0021】
(その他)
本考案に係る表紙体の例として、表紙本体部10の内面中央部分には用紙を収納する袋体5が設けられ、オリジナル表紙4は、A列、B列等の紙の規格寸法(JISP0138)に合致する一定サイズであり、袋体5に収納する用紙は、上記一定サイズのオリジナル表紙4のハーフサイズであり、表紙本体部10は、左右表紙部11,12を閉じた状態のときに袋体5の左右方向の先端部が外に露出しない左右幅寸法に設定され、且つ表紙ポケット部30が当該表紙本体部10の中央位置に形成されて表紙体1の見開き状態及び閉じた状態でもオリジナル表紙4が弛みなく収納可能となるように透明カバー2の左右端部と当該表紙本体部10の左右端部とが左右方向一定幅の溶着により接合31a,32aされているものとすることができる(図8参照)。なお、この溶着の接合部31a,32aは、その一つひとつの形状が横長線形状に限らず、例えば、星形、ハート形、円形等の各種のデザイン形状としてもよいし、また、この接合部31a,32aは、表紙体1の左右端部において上下方向に長細い袋部を形成するように端部と中央寄り部分とに二列に形成する等でもよい。
【0022】
この例の表紙体1によれば、A列、B列等の紙の規格寸法(JISP0138)の用紙を袋体5に収納するファイルとして好適に使用することができる。そして、オリジナル表紙4は、紙の規格寸法(JISP0138)に合致する一定サイズ(例えば、A3サイズ)のものを使用することで独自の表紙デザインを施したオリジナル表紙4をプリンターにより手軽に作成することができ、また袋体5にはオリジナル表紙4のハーフサイズ(例えば、A4サイズ)の用紙を収納することができ、使い勝手がよい。また、表紙本体部10は、左右表紙部11,12を閉じた状態のときに袋体5の左右方向の先端部が外に露出しないので、表紙体1を閉じた状態のときでも見栄えがよい。さらに、表紙ポケット部30が当該表紙本体部10の中央位置に形成されて表紙体1の見開き状態及び閉じた状態でもオリジナル表紙4が弛みなく収納されるので、表紙体1を閉じた状態でも表紙ポケット部30に収納したオリジナル表紙4が左右のどちらかに片寄ることなく配置される。従って、表紙体1を閉じた状態でもオリジナル表紙4の左右に施した各々の表紙デザインが表紙体1の左右の表紙部分に対応して配置され、見栄えのよいものとなる。
【0023】
また、本考案に係る他の表紙体として、図9に示すように透明カバー2は、左右の外側端部において透明カバー2との接合部分31a,32aを含む左右方向一定幅で外側端部の全長にわたって白色、青色等の所定色の印刷部7が施されていてもよい。この場合、表紙ポケット部30に収納するオリジナル表紙4で覆われない表紙体1の左右外側端部及び接合部31a,32aが印刷部7によって目隠しでき、意匠性を確保することができる。
【0024】
なお、本考案は、以上の実施形態のみに限定されず、本考案の要旨の範囲内で適宜に変更を施すことが可能である。
例えば、図10に示すように、透明カバー2の上端部における右隅部及び/又は左隅部を表紙本体部10の上端部における左右隅部と溶着等にて接合37するようにしてもよい。この場合、接合部分37によって表紙ポケット部30内に収納したオリジナル表紙4が上部差込口3から脱落することを防止することができ、また、接合部分37の形成は左右隅部の僅かな範囲であるから上部差込口3を通して表紙ポケット部30内へのオリジナル表紙4の差し込みや取り出しに支障を来すこともない。
また、表紙体1の内面に袋体5を設けるか否かは任意であるが、表紙体1の左右表紙部11,12の内面には、CDやDVD等の記録媒体保持用としてCD等の中心孔に嵌合して保持する保持部を設けたり、各種の薄物等を保持するポケットを設けたりすることができる。
また、透明カバー2と表紙本体部10との接合31,32,34,35,37は、溶着に限らず接着剤で接着することでもよい。
【0025】
1 表紙体
2 透明カバー
3 上部差込口
4 オリジナル表紙
5 袋体
7 印刷部
10 表紙本体部
11 左表紙部
12 右表紙部
13 背表紙部
13a,13b 折筋
21 余剰部分
30 表紙ポケット部
31,32,34,35,37,51 接合
33,36 非接合
50 写真収納ポケット
A ポケットアルバム


(57)【要約】

【課題】表紙デザインを何度でも自由に変更することができる表紙体を提供する。【解決手段】見開き可能な左右の表紙部11,12を形成した表紙本体部10を備える表紙体1であって、表紙本体部10の外面側に表紙本体部10の外面全体を覆う大きさを有するシート状の透明カバー2を設ける。透明カバー2は、表紙体1の上端部が開放されて大きく開くことができる上部差込口3を形成し、上部差込口3を通して透明カバー2と表紙本体部10との間に表紙体1と略同じ大きさのオリジナル表紙4を配置可能とする表紙ポケット部30を形成している。また、透明カバー2は、表紙本体部10よりも左右幅が長い構成であり、透明カバー2の下端部では、左右部を表紙本体部10と接合34,35するが中央部を表紙本体部10よりも長い長さ分を寄せて非接合36とし余剰部分21を設けている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):