(54)【考案の名称】ゴルフ用ナビゲーション携帯装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
ゴルフコースでプレイヤーにナビゲーション情報を提供するゴルフ用ナビゲーション装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のゴルフプレーのスタイルは、キャディがプレーヤーに対してゴルフコースのナビゲーターとなっていた。しかし、昨今はプレースタイルが変化してセルフプレー(キャディ無し)でのプレーも多く見られるようになってきた。ナビゲーターがいないと、プレーヤーは使用クラブ番手の選択を間違えて、ハザード内にボールを打ち込むことも多くなる。その結果、スコアが悪くなり、プレーが遅くなり、プレーヤーとゴルフ場の双方に不利益がある。そこで、プレーヤーはゴルフ用ナビゲーション装置を携帯し、ナビゲーション装置が提示する情報を元にプレーすることで、使用クラブ番手を正しく選択して、目標とする場所にボールを運ぶことが可能になる。
【0003】

【効果】

【0010】
セルフプレーの場合でも、プレーヤーは距離の情報だけでなく、打ち下ろし打ち上げといった地形の影響も考慮して使用クラブ番手を適切に選択できるようになり、ボールを目的の場所に運ぶことができるようなる。その結果、スコアも良くなり、プレーも早くなり、プレーヤーとゴルフ場の双方に利益がある。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】 光学透過ヘッドマウントディスプレイを装置として、眼鏡越しの実風景に弾道イメージ線を重ねて表示している。
【図2】 カメラ付き携帯電話を装置として、ディスプレイに実風景と弾道イメージ線を重ねて表示している。
【図3】 シミュレーションゴルフシステム等のインドア打席のスクリーン上に風景画像と弾道イメージ線を重ねて表示している。

【0012】
光学透過ヘッドマウントディスプレイを装置として、実風景を透過する眼鏡ディスプレイにショットの弾道イメージ線を表示する。
【0013】
カメラ付き携帯電話等を装置として、カメラで撮影した実風景をディスプレイに表示し、ディスプレイに弾道イメージ線を重ねて表示する。
【0014】
シミュレーションゴルフシステム等のインドア打席のスクリーン上に風景画像と弾道イメージ線を重ねて表示する。
【産業上の利用可能性】
【0015】
特に無し。
【0016】
特に無し。

(57)【要約】

【課題】セルフプレーの場合でも、プレーヤーは距離の情報だけでなく、打ち下ろし打ち上げといった地形の影響も考慮して使用クラブ番手を適切に選択できるようになり、ボールを目的の場所に容易に運ぶことができるようなるゴルフ用ナビゲーション携帯装置を提供する。【解決手段】計算機部、眼鏡ディスプレイ部を備え、眼鏡ディスプレイ部において眼鏡越しに見える実風景の上に計算機部によって算出したショットの弾道イメージ線を重ねて表示することを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):