(54)【考案の名称】はがき印刷用台紙

(73)【実用新案権者】双葉印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、はがき印刷用台紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のはがき印刷用の台紙として、フィルム状の透明可撓性部材を用いて構成した台紙に、はがきの四隅を差し込むための切込孔を設けたものや(例えば、特許文献1参照)、台紙に多数の孔を設け、それらの孔に合わせてはがきを貼り付けて使用するものがある(例えば、特許文献2参照)。
【0003】

【効果】

【0010】
本考案によれば、はがきが傷むのを防ぎ、連続印刷に繰り返し使用可能なはがき印刷用台紙を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の実施の形態のはがき印刷用台紙を示す平面図である。
【図2】図1に示すはがき印刷用台紙の底面図である。
【図3】本考案の実施の形態のはがき印刷用台紙の変形例を示す平面図である。

【0012】
以下、図面に基づき本考案の実施の形態について説明する。
図1乃至図3は、本考案の実施の形態のはがき印刷用台紙を示している。
図1および図2に示すように、はがき印刷用台紙1は、台紙本体2と裏面シール3とを有している。
【0013】
台紙本体2は、矩形のシート状を成し、表面に4枚のはがきを縦横2列ずつ並べて取付可能に、各はがきの四隅を差し込むための切込孔11を有している。切込孔11は、台紙本体2の表側から裏側に貫通し、はがきの四隅にそれぞれ対応する位置に4つを1組として形成されている。また、切込孔11は、はがきの隅で交わる各側辺に対して、伸長方向が45度を成すよう設けられている。台紙本体2は、表面に、はがきを取り付ける位置を示す外形線表示12を有している。
【0014】
裏面シール3は、複数から成り、4つの角が面取りされた四角形形状を成している。各裏面シール3は、一部のりつきのシールから成り、一方の面の周縁部に沿って粘着性を有する粘着領域13を有し、粘着領域13の内側に粘着性を有していない非粘着性領域14を有している。各裏面シール3は、台紙本体2の表面側から切込孔11にはがきの四隅を差し込んで台紙本体2にはがきを取り付けたとき台紙本体2の裏面側に突出するはがきの四隅を非粘着性領域14で覆うよう、台紙本体2の裏面の、はがきの四隅が突出する位置の周囲に粘着領域13で貼り付けられている。
【0015】
なお、図1および図2に示す具体的な一例では、台紙本体2の中央部の、4枚のはがきの隅が近接する箇所では、その4つの隅を覆うよう大きい正方形状の裏面シール3が貼り付けられている。また、台紙本体2の4つの側辺の中央部近傍の、2枚のはがきの隅が近接する4箇所では、その2つの隅を覆うよう長方形状の裏面シール3が貼り付けられている。また、台紙本体2の四隅近傍の、1枚のはがきの1つの隅しかない4箇所では、その1つの隅を覆うよう小さい正方形状の裏面シール3が貼り付けられている。なお、各裏面シール3は、それぞれ1または複数の切込孔11およびその切込孔11から突出するはがきの隅を覆うことができるものであれば、三角形状や円形状など、いかなる形状であってもよい。
【0016】
次に、作用について説明する。
はがき印刷用台紙1は、はがきの四隅をそれぞれ切込孔11に差し込むことにより、はがきを台紙本体2の表面に沿って取り付けることができる。このとき、台紙本体2の裏面で、はがきの四隅が裏面シール3により覆われるため、はがきの四隅が突出しない。このため、台紙本体2を複数枚重ねて連続印刷を行っても、はがきの四隅が次の台紙のはがき等に引っ掛かるのを防ぐことができ、スムーズに連続印刷を行うことができる。また、裏面シール3が周縁部に沿った粘着領域13で台紙本体2に貼り付けられているため、裏面シール3が剥がれたり、連続印刷時に次の台紙のはがき等に引っ掛かったりするのを防ぐこともできる。このため、よりスムーズに連続印刷を行うことができる。
【0017】
また、裏面シール3が裏面に突出するはがきの四隅の周囲で台紙本体2の裏面に貼り付けられ、非粘着性領域14がはがきの四隅に対応するため、はがきを貼り付けることなく、台紙本体2の表面に取り付けることができる。このため、はがき印刷用台紙1は、はがきを傷めずに台紙本体2から容易に取り外すことができ、また、何度でも繰り返し使用することができる。はがき印刷用台紙1は、1枚〜4枚のはがきを同時に印刷することができる。
【0018】
なお、図3に示すように、切込孔11は、取り付けるはがきの中心方向に向かって突出した円弧状に形成されていてもよい。この場合、直線状のものよりも、切込孔11にはがきの隅を入れやすく、はがき印刷用台紙1にはがきを取り付けやすい。
【0019】
1 はがき印刷用台紙
2 台紙本体
3 裏面シール
11 切込孔
12 外形線表示
13 粘着領域
14 非粘着性領域


(57)【要約】

【課題】はがきが傷むのを防ぎ、連続印刷に繰り返し使用可能なはがき印刷用台紙を提供する。【解決手段】シート状の台紙本体2が、はがきの四隅を差し込んで表面に沿ってはがきを取付可能な切込孔11を有している。裏面シール3が、一方の面の周縁部に沿って粘着性を有する粘着領域を有し、粘着領域の内側に粘着性を有していない非粘着性領域を有する。裏面シール3は、台紙本体2の表面側から切込孔11にはがきの四隅を差し込んで台紙本体2にはがきを取り付けたとき台紙本体2の裏面側に突出するはがきの四隅を非粘着性領域で覆うよう、台紙本体2の裏面の、はがきの四隅が突出する位置の周囲に粘着領域で貼り付けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):