(54)【考案の名称】御守付き両面シールおよび貼付用御守付きシールならびに貼付用御守シール付きハガキまたは封筒

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、履歴書等に写真を貼付したり、ハガキや封筒に切手を貼付したりするための御守付き両面シール等に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
就職や入学に際しては、「A社に就職したい」、「B学校に入学したい」という、企業・団体・会社との縁結びの願いが伴うが、願い事を成就させるための御守は、通常、祈願・祈念する人が所持するものであり、御守以外のものであっても、例えば、携帯通信機器および携帯用パソコン用立体シール型お守り(特許文献1)ように、あくまで祈願・祈念する人が携帯するものであって、縁結びの祈願・祈念の想いを縁結びを希望する相手に届けることはできないという問題がある。
【0003】

【効果】

【0011】
本考案の御守付き両面シール、貼付用御守付き写真印刷用紙および貼付用御守付きハガキまたは封筒によれば、就職・入学志願者等の縁結びの祈願・祈念の想いを、外見上見えない態様で、縁結びを志願する企業・団体・学校等に届けることができる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本実施形態の御守付き両面シールの一実施形態を示す平面図である。
【図2】(a)は図1の写真貼付用御守付き両面シールに剥離紙が貼付された状態から剥離紙を剥がす状態を示す図、(b)は剥離紙を剥がした写真貼付用御守付き両面シールを履歴書・願書に貼付した後、写真を貼付する状態を示す図である。
【図3】(a)は図2(a)のA−A線拡大断面図、(b)は図2(b)のB−B線拡大断面図である。
【図4】本実施形態の貼付用御守付き写真印刷用紙の一実施形態を示す平面図である。
【図5】図4のC−C線拡大断面図である。
【図6】本実施形態の貼付用御守付きハガキまたは封筒の一実施形態を示す平面図である。
【図7】図6のD−D線拡大断面図である。

【0013】
以下、本考案に係る御守付き両面シール、貼付用御守付き写真印刷用紙および貼付用御守付きハガキまたは封筒の一実施形態について図面を用いて説明する。
【0014】
なお、本考案において、シールとは、裏面または両面の全部又は一部に粘着材を塗布したシート状のものであって、樹脂製や紙製等のあらゆる素材により構成されているものを含む概念である。願い事とは、就職や入学に際しての企業・団体・会社との縁結びの願いのほか、恋愛、結婚、友人等の縁結びの願い、事業や学業の成功に関する願い、くじなどの当選に関する願いなどのあらゆる願い事を含む概念である。祈願とは願い事が成就するよう祈り願うこと、祈念とは願いがかなうように祈ることであって、祈願・祈念は、神社、仏閣だけでなく、建造物、自然物、現象等あらゆるものに対して祈ることを含む概念である。
【0015】
また、写真印刷用紙とは、印画紙等の感光塗料が塗られた感光紙のほか、感光塗料が塗られていない紙であって写真が印刷可能な紙を含み、インクジェット印刷やレーザー印刷など印刷方法を問わない概念である。ハガキ・封筒とは、あらゆる形状を含み、また、紙に限らずあらゆる素材により構成されているものを含む概念である。
【0016】
第1実施形態:「御守付き両面シール」
本第1実施形態における御守付き両面シール1aは、図1ないし図3に示すように、主として、シール基材2と、御守部3、粘着部4a,4bで構成されており、本第1実施形態においては、粘着部4a,4bは剥離紙5a,5bで覆われている。以下、各構成について説明する。
【0017】
シール基材2は、御守部3および粘着部4a,4bの土台となるものである。シール基材2の形状・大きさは、写真、履歴書・願書の写真欄、切手や切手欄の形状・大きさ等の貼付位置に応じてに適宜変更される。また、シール基材2の材質は、御守部3が印刷ないし記載可能であって、接着剤を塗布して粘着部4a,4bを形成することができるものであればよく、本第1実施形態では紙で構成されている。
【0018】
御守部3は、願い事に関する文字や縁起物の絵柄を印刷ないし記載その他の方法によって表示するためのものであり、シール基材2の表面に設けられている。御守部3に表示される文字や絵柄は願い事や縁起物に応じて適宜変更可能であり、色やデザインも適宜変更可能である。
【0019】
粘着部4a,4bは、本第1実施形態の御守付き両面シール1aを写真および履歴書、切手等に接着させるためのものであり、シール基材2の表面の御守部3の上およびシール基材2の裏面に設けられる。粘着部4a,4bの形状および大きさは、写真(切手)6および履歴書・願書(ハガキ・封筒)7から剥離・脱落しないものであればよく、本実施形態では、シール基材2の表面や裏面の全面となっているが、シール基材2の表面や裏面の一部であってもよく、その形状も適宜変更可能である。粘着部4a,4bは、主に粘着材で構成されており、当該粘着材は御守付き両面シール1aが写真(切手)6および履歴書・願書(ハガキ・封筒)7から剥離・脱落しない粘着力を有するものであればよい。例えば、シリコン系粘着材が挙げられるが、シール基材2、写真(切手)6および履歴書・願書(ハガキ・封筒)7の材質によって適宜変更可能である。
【0020】
剥離紙5a,5bは、粘着部4a,4bを覆って、粘着部4a,4bを接着させないようにするためのものであり、粘着部4の上に貼付される。剥離紙5a,5bの形状および大きさは粘着部4a,4bを覆うものであればよく、本第1実施形態では粘着部4a,4bがシール基材2の表面および裏面の全面に設けられているため、シール基材2と同じ形状であるが、粘着部4a,4bの形状および大きさに応じて適宜変更可能である。
【0021】
第2実施形態:「貼付用御守付き写真印刷用紙」
本発明の第2実施形態として貼付用御守付き写真印刷用紙1bについて説明する。なお、上述した第1実施形態で説明した構成と同一ないし同等な構成に関する再度の説明は省略する。
【0022】
本第2実施形態の貼付用御守付き写真印刷用紙1bは、図4および図5に示すように、主として、写真印刷用紙8と、御守部3、粘着部4bとから構成されており、本第2実施形態においては、粘着部4bは剥離紙5bで覆われている。
【0023】
写真印刷用紙8は、御守部3および粘着部4bの土台となるものである。写真印刷用紙8の形状・大きさは、写真、履歴書や願書の写真欄の形状・大きさに応じてに適宜変更される。また、写真印刷用紙8の材質は、写真および御守部3が印刷ないし記載可能であって、接着剤を塗布して粘着部4bを形成し、履歴書等に貼付することができるものであればよく、本実施形態では感光塗料が塗られた感光紙で構成されている。
【0024】
御守部3は、写真印刷用紙8の裏面に印刷ないし記載その他の方法により表示されており、御守部3の上に粘着部4bが設けられる。
【0025】
第3実施形態:「貼付用御守付きハガキまたは封筒」
本発明の第3実施形態として貼付用御守付きハガキまたは封筒1cについて説明する。なお、上述した第1実施形態および第2実施形態において既に説明した構成と同一ないし同等の構成については再度の説明を省略する。
【0026】
本第3実施形態の貼付用御守付きハガキまたは封筒1cは、図6および図7に示すように、主として、切手貼付部9を有するハガキ・封筒7と、御守部3、粘着部4aとから構成されており、本実施形態においては、粘着部4aは剥離紙5aで覆われている。
【0027】
ハガキ・封筒7は、御守部3および粘着部4aの土台となるものである。ハガキ・封筒7は、切手貼付部9を備えており、通常は矩形であるが、形状や大きさは適宜変更される。また、ハガキ・封筒7の材質は、御守部3が印刷ないし記載可能であって、接着剤を塗布して粘着部4aを形成することができるものであればよく、本実施形態では紙で構成されている。
【0028】
切手貼付部9は、切手を貼付するためのものであって、ハガキ・封筒7の表面または裏面に設けられる。切手貼付部9の形状・大きさは切手の形状・大きさに応じて適宜変更される。
【0029】
御守部3は、切手貼付部9に印刷ないし記載その他の方法により表示されており、前記御守部3の上に粘着部4aが設けられる。
【0030】
つぎに、本実施形態に係る御守付き両面シール1a、貼付用御守付き写真印刷用紙1bおよび貼付用御守付きハガキまたは封筒1cによる作用について、図1ないし図7を参照しつつ説明する。なお、御守付き両面シール1aについては、写真貼付用御守付き両面シールとして使用した場合と、切手貼付用御守付き両面シールとして使用した場合とに分けて説明する。
【0031】
「写真貼付用御守付き両面シール」
本第1実施形態の御守付き両面シール1aを写真貼付用御守付き両面シールとして使用する場合、剥離紙5aを剥がし、粘着部4aによって写真6を接着させる。つぎに、剥離紙5bを剥がし、粘着部4bによって履歴書・願書7に接着させる。これにより、御守部3が写真6によって見えなくなり、外見上、御守部3が見えない状態で、就職・入学志願者の縁結びの祈願・祈念の想いを縁結びを志願する企業・団体・学校に届けることができる。
【0032】
「切手貼付用御守付き両面シール」
本第1実施形態の御守付き両面シール1aを切手貼付用御守付き両面シールとして使用する場合、剥離紙5aを剥がし、粘着部4aによって切手6を接着させる。つぎに、剥離紙5bを剥がし、粘着部4bによってハガキ・封筒7の切手貼付部10に接着させる。これにより、御守部3が切手6によって見えなくなり、外見上、御守部3が見えない状態で、履歴書等を送付する封筒、結婚式の出欠ハガキや懸賞の応募に使用するハガキ等に、縁結びや当選に関する想いを志願先や応募先等に届けることができる。
【0033】
「貼付用御守付き写真印刷用紙」
本第2実施形態の写真印刷用紙1bを使用する場合、写真印刷用紙1bに写真を印刷した後、剥離紙5bを剥がし、粘着部4bによって履歴書・願書7に接着させる。これにより、御守部3が履歴書・願書7によって見えなくなり、外見上、御守部3が見えない状態で、就職・入学志願者の縁結びの祈願・祈念の想いを縁結びを志願する企業・団体・学校に届けることができる。
【0034】
「貼付用御守付きハガキまたは封筒」
本第3実施形態の貼付用御守付きハガキまたは封筒1cを使用する場合、剥離紙5aを剥がし、粘着部4aによって切手6に接着させる。これにより、御守部3が切手6によって見えなくなり、外見上、御守部3が見えない状態で、縁結びや当選に関する想いを志願先や応募先等に届けることができる。
【0035】
上述した本各実施形態に係る御守付き両面シール1a、貼付用御守付き写真印刷用紙1bおよび貼付用御守付きハガキまたは封筒1cは、使用前にご利益のある神社、仏閣、自然物、建造物等において祈祷されることが望ましい。祈祷された本各実施形態に係る御守付き両面シール1a、貼付用御守付き写真印刷用紙1bおよび貼付用御守付きハガキまたは封筒1cを使用する就職・入学志願者は、遠方であったり時間がないなどの理由で直接お参りができない神社、仏閣、自然物、建造物等のご利益を手軽に受けることができる。他方、神社、仏閣、自然物、建造物等は、本各実施形態に係る御守付き両面シール1a、貼付用御守付き写真印刷用紙1bおよび貼付用御守付きハガキまたは封筒1cを通じて、より多くの就職・入学志願者に知られることになるため、御守付き両面シール1a、貼付用御守付き写真印刷用紙1bおよび貼付用御守付きハガキまたは封筒1cは、神社、仏閣、自然物、建造物等が所在する地域の地域おこしのツールとして利用することができる。
【0036】
また、本各実施形態に係る御守付き両面シール1a、貼付用御守付き写真印刷用紙1bおよび貼付用御守付きハガキまたは封筒1cは、自身や恋人、家族、ペット等の写真を貼り、メッセージカードに貼付して相手に送ったり、御守として携帯することもできる。
【0037】
以上のように、本各実施形態によれば、就職・入学志願者等の縁結びの祈願・祈念の想いを、外見上見えない態様で、送付先の企業・団体・学校等に知られることなく、縁結びを希望する企業・団体・学校等に届けることができる。
【0038】
なお、本考案に係る御守付き両面シール1a、貼付用御守付き写真印刷用紙1bおよび貼付用御守付きハガキまたは封筒1cは、前述した各実施形態に限定されるものではなく、適宜変更することができる。例えば、本実施態様においては、御守付き両面シール1aの御守部3をシール基材2の表面側に設けたが、御守部3をシール基材2の裏面側ないし両面に設けてもよい。また、複数枚の切手がシート上に配置されてなる切手シートに対し、各切手の裏面に御守部が表示されるように構成してもよい。
【0039】
1a 御守付き両面シール
1b 貼付用御守付き写真印刷用紙
1c 貼付用御守付きハガキまたは封筒
2 シール基材
3 御守部
4a 粘着部
4b 粘着部
5a 剥離紙
5b 剥離紙
6 写真(切手)
7 履歴書・願書(ハガキ・封筒)
8 写真印刷用紙
9 切手貼付部

(57)【要約】

【課題】就職・入学志願者等の縁結びの祈願・祈念の想いを、外見上見えない態様で、志願する企業・団体・学校等に届けることができる、御守付き両面シール、貼付用御守付き写真印刷用紙および貼付用御守付きハガキまたは封筒を提供する。【解決手段】御守付き両面シール1aは、シール基材2と、御守部3、粘着部4a,4bで構成されており、粘着部は剥離紙5a,5bで覆われている。御守部は、願い事に関する文字や縁起物の絵柄を印刷ないし記載その他の方法によって表示するためのものであり、シール基材の表面に設けられている。粘着部は、御守付き両面シールを写真6および履歴書7等に接着させるためのものであり、御守部の上およびシール基材の裏面に設けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):