(54)【考案の名称】スマート型テレビ電話機

(73)【実用新案権者】光碁科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、スマート型電気製品に関し、特に、スマート型テレビ電話機に関する。

【従来の技術】

【0002】
物のインターネットが発展するに従い、産業環境及び市場のニーズ及び発展性が変化し、家電を統合させることは今日の産業及び市場発展の一つの流れとなっている。一般にテレビは各家庭にとって必要不可欠な電気製品の一つであり、家庭で最も使用される電気製品であるが、従来のテレビは、画像及び音声を出力する基本的な機能以外に、出力装置を外付けすることができる機能を備えているだけで機能に発展性が無く、テレビは多機能の特性を備えていなかった。従来の固定電話は広く普及しているが、今日の家電のデジタル統合化の流れを満足させることができず、ユーザのニーズを満足させることは困難であった。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案の主な目的は、受話器の第2の無線通信機器を移動型テレビ・オーディオビデオ装置の第1の無線通信機器に接続し、受話器をSIMカード及び移動通信機器に接続し、利用者は受話器で通話することができるとともに、受話器のタッチパネルを用いて移動型テレビ・オーディオビデオ装置を遠隔操作し、表示装置のオーディオビデオを制御し、電話とテレビとを統合し、聞く・見る・話す機能を有する、スマート型テレビ電話機を提供する。

(57)【要約】

【課題】電話とテレビとを統合し、聞く・見る・話す機能を有する、スマート型テレビ電話機を提供する。【解決手段】スマート型テレビ電話機は、表示装置10、移動型テレビ・オーディオビデオ装置20及び受話器30を備える。移動型テレビ・オーディオビデオ装置20は、表示装置10と接続される。移動型テレビ・オーディオビデオ装置20には、テレビモジュール29及びSIMカード21が内蔵されている。移動型テレビ・オーディオビデオ装置20は、無線給電口22及び移動通信機器23を有する。テレビモジュール29は、表示装置10によりコンテンツを出力する。SIMカード21、無線給電口22及び移動通信機器23は、第1のプロセッサ27とそれぞれ接続される。第1のプロセッサ27には、第1の無線通信機器28が接続される。受話器30は、移動型テレビ・オーディオビデオ装置20の無線給電口22上に選択的に配設される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):