(54)【考案の名称】ハガキ貼付用赤青メガネシール

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、アナグリフ画像を鑑賞するための赤青メガネに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ハガキの用途として挨拶状、ダイレクトメール、絵ハガキ等があるが、そのハガキに載せる画像(写真、イラスト、文字)は主に平面的な画像である。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
アナグリフ画像は最も容易に作成できる画像の一つであり、かつ、簡単に立体感を感じることができる画像の一つであるが、画像の鑑賞には赤青メガネが必要である。
【0004】
ハガキを送付する際に、ハガキに赤青メガネを貼付して送付すれば、ハガキを受け取る側アナグリフ画像を鑑賞することができる。しかし、ハガキに赤青メガネを貼付する際、従来の郵便料金で送付できる要項を満足しなければならない。

【効果】

【0008】
従来のハガキの郵便料金で送付するための要項を満たす本考案のメガネシールは、一般的に使用されている個人情報保護シールと同様にハガキに貼付して送付することができる。
【0009】
本考案のメガネシールを使用して他の媒体のアナグリフ画像を鑑賞することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案のメガネシールの平面図である。
【図2】本考案のメガネシールの断面図である。

【0011】
メガネシールの大きさは、添付しようとするハガキより小さく形成されている。
【0012】
印刷(着色)される二色の色2L、2Rはアナグリフ画像の鑑賞ができる範囲の類似色であってもよい。
【0013】
弱剥離性粘着剤3は送付過程において剥がれない程度の粘着力を有する。
【0014】
メガネシールの使用時の錯誤を防止するために、左目用、右目用を表示してもよい。
【0015】
メガネシールの他の使用を防止するために、アナグリフ画像鑑賞専用を表示してもよい。
【0016】
メガネシールは剥離紙4を剥した後、ハガキに貼付する。
1 : ポリエステル(PET等)やポリ塩化ビニル等の透明フィルム
2L : 赤色印刷(着色)
2R : 青色印刷(着色)
3 : 弱剥離性粘着剤
4 : 剥離紙

(57)【要約】

【課題】廉価で製作でき、従来のハガキの郵便料金でアナグリフ画像鑑賞のための赤青メガネをハガキに貼付し送付できるメガネシールを提供する。【解決手段】裏面に弱剥離性粘着剤3を塗膜したポリエステル(PET等)やポリ塩化ビニル等の透明フィルム1を原板とする。この原板に透明度の高い赤色2Lと青色2Rを一対に印刷(着色)する。剥離紙4を剥した後、メガネシールをハガキに密着貼付し送付する。ハガキを受け取る側は、ハガキからメガネシールを剥がし、アナグリフ画像を鑑賞するためのメガネとして使用する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):