(54)【考案の名称】識別標識付きのヘラ

(73)【実用新案権者】株式会社源邑光北野刃物製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、地ベラ、塗装剥離等のヘラを他人のヘラと容易に識別できるヘラに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、地ベラ、塗装剥離等のヘラは、壁紙の余剰部分をカットする時のカッターを案内するためのヘラであり、また塗装、壁紙等を剥がすのに用いられているヘラであるが、ヘラの形状等がほぼ類似しており他人のヘラと識別することが困難であった。
【0003】

【効果】

【0006】
上述の様に本校案の識別標識付きのヘラは、識別標識が視認できるヘラの適宜な位置に識別用の絵柄、文字、キャラクターの図形等の識別標識のシールが貼着してあるので他人のヘラとの識別を容易に図る事が出来る。
【0007】
また、識別標識をシルクスクリーン印刷で直接ヘラの適宜な位置に印刷する事で容易に他人のヘラと識別できる。
【0008】
したがって、一連の仕事でヘラを作業現場に放置しても即時に視認で自分のヘラを識別出来るので、作業ロスも生じない。
【0009】
また、薄手基板に付設した識別標識が汚れにより識別不能の場合でも、握り部にも識別標識を付設しておけば識別は可能である。
【0010】
そして識別標識にシルクスクリーン印刷を用いているので耐候性にも優れている。
【0011】
さらにシルクスクリーンのインク層はコントロールできるので厚盛りが可能な為、識別標識に立体感を持たす事も出来るし、木版や銅板と異なりシルクスクリーンの版自体に柔軟性があるので、少々の曲面であっても印刷出来る。

(57)【要約】

【課題】他人のヘラと容易に識別する事ができる地ベラ、塗装剥離等のヘラを提供する。【解決手段】握り部1と薄手基板2の平面の適宜な位置に絵柄、文字、キャラクターの図形等の識別標識4が記載されており、前記識別標識4にはシルクスクリーン印刷がなされている。または、表面に識別標識4を記載し、裏面に粘着層を形成したシール本体を識別標識が視認できる様にヘラの適宜な位置に貼着してもよい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):