(54)【考案の名称】円形状の青果の転がり防止可能なまな板構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、円形状の青果の転がり防止可能なまな板構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
まな板は一般家庭及びレストランで作業する者が普遍的に使用する器具であり、まな板の利便性向上のため、様々なまな板の考案が雨後の筍のように登場している。例えば、特許文献1に記載される「刃研磨付まな板」は、まな板に刃研磨ユニットが設けられ、包丁の刃が鈍った時にすぐに研磨できるようになっている。また、特許文献2に記載される「直立式まな板」は、まな板の一端に弧形の錘が配置され、まな板を直立すると、前記錘がまな板の重心を下に向けるため、まな板が直立するようになっている。
【0003】

【効果】

【0016】
本考案によれば、円形状の青果が転がることを防止できる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の第1実施形態による円形状の青果の転がり防止可能なまな板構造を示す外観斜視図である。
【図2】本考案の一部を示す前面の概略図である。
【図3】本考案の一部を示す傾斜の概略図である。
【図4】本考案を使用する参考の概略図である。
【図5】本考案のまな板を水平面に置く斜視図である。

【0018】
本考案における好適な実施の形態について、添付図面を参照して説明する。尚、以下に説明する実施の形態は、実用新案登録請求の範囲に記載された本考案の内容を限定するものではない。また、以下に説明される構成の全てが、本考案の必須要件であるとは限らない。
【0019】
(第1実施形態)
以下、本考案の具体的な実施形態について図1乃至図5に基づき説明する。すなわち、本考案に係る円形状の青果の転がり防止可能なまな板構造1は、少なくとも1つの厚さ6が設けられ、厚さ6と垂直面Hとは互いに平行になり、厚さ6は垂直面Hの方向に対して平面を呈する本体2、及び第一傾斜面21、第二傾斜面22、並びに第三傾斜面23を有する少なくとも3つの傾斜面を備える。第一傾斜面21は第四傾斜面24及び第五傾斜面25を更に含み、第二傾斜面22の一側は弧面221を更に備え、弧面221と円形状の青果9との接触点が発生する。第三傾斜面23の一側は弧面231を更に含み、弧面231と円形状の青果9との接触点が形成され、第四傾斜面24の一側は第二傾斜面22に接合し、第五傾斜面25の一側は第三傾斜面23に接合する。第二傾斜面22と第三傾斜面23との間には液体及び切り屑を収集するための溝部4を更に具備し、溝部4の両側は第二傾斜面22及び第三傾斜面23に各々接合される。第二傾斜面22、第三傾斜面23、及び溝部4は第一傾斜面21の同一側に設置され、第一傾斜面21と第四傾斜面24及び第二傾斜面22との間には案内用溝部5を更に備え、第一傾斜面21と第三傾斜面23及び第五傾斜面25との間には案内用溝部5を更に含む。案内用溝部5の一端は溝部4に接合され、案内用溝部5では液体が溝部4まで流され、第二傾斜面22、弧面221、及び第四傾斜面24と第三傾斜面23、弧面231、及び第五傾斜面25とは第一傾斜面21と溝部4との中心の連接線により互いに対称になる。第一傾斜面21及び水平面Lにより交差角度Aが形成され、第二傾斜面22及び垂直面Hにより交差角度Cが形成される。本実施形態によると、第二傾斜面22及び第三傾斜面23は第一傾斜面21と溝部4との中心の連接線により互いに対称になり、第三傾斜面23及び垂直面Hにより交差角度Cが形成され、第一傾斜面21、第二傾斜面22、及び第三傾斜面23は互いに平行にならない。第一傾斜面21、第二傾斜面22と第三傾斜面23との間には交差角度が形成され、第一傾斜面21及び第二傾斜面22により交差角度Bが形成され、第一傾斜面21及び第三傾斜面23により交差角度Bが形成される。交差角度Bは95度から135度の間であり、第一傾斜面21、第二傾斜面22、及び第三傾斜面23の間には収納空間3が形成される。
【0020】
この好ましい実施態様では、円形状の青果9は前記収納空間3に収納されると共に第一傾斜面21、第二傾斜面22(或いは弧面221)、及び第三傾斜面23(或いは弧面231)との接触点が発生する。第一傾斜面21及び水平面Lにより交差角度Aが設けられ、第二傾斜面22及び垂直面Hにより交差角度Cが設けられ、第三傾斜面23及び垂直面Hにより交差角度Cが設けられ、第一傾斜面21と第二傾斜面22との間には交差角度Bが設けられ、第一傾斜面21と第三傾斜面23との間には交差角度Bが設けられる。円形状の青果9が受ける重力及び摩擦力は、第一傾斜面21、第二傾斜面22、及び第三傾斜面23と水平面Lの交差角度A、垂直面Hの間の交差角度C、及び第一傾斜面21と第二傾斜面22(第三傾斜面23)との間の交差角度Bにより分力が発生することで、円形状の青果9と第一傾斜面21、第二傾斜面22、及び第三傾斜面23との接触点上で相互に打ち消し合い平衡を保ち、円形状の青果9が転がらなくなる。
【0021】
さらに、本実施態様では、第二傾斜面22と第三傾斜面23との間には溝部4を更に備え、第一傾斜面21と第四傾斜面24及び第二傾斜面22との間には案内用溝部5を更に含み、第一傾斜面21と第三傾斜面23及び第五傾斜面25との間には案内用溝部5を更に具備する。円形状の青果9は収納空間3に収納されて包丁によって切られ、切られると円形状の青果9からは汁が漏れ出し、第一傾斜面21の傾斜面から前記案内用溝部5に流入し、溝部4で止められる。本実施態様では、第一傾斜面21と第二傾斜面22との間には交差角度Bが形成され、交差角度Bは95度から135度の間であり、且つ厚さ6は垂直面Hに平行になり、厚さ6は垂直面Hの方向に対して平面を呈し、本体2は水平面に立設される。本体2の前記厚さ6は垂直面Hに平行になって平面及び第一傾斜面21と第二傾斜面22との間に交差角度Bが形成され、本体2が水平面Lに立設される。第一傾斜面21と第三傾斜面23との間には交差角度Bが形成され、交差角度Bは95度から135度の間になり、且つ厚さ6は垂直面Hに平行になり、厚さ6は垂直面Hの方向に対して平面を呈し、本体2は水平面に立設される。本体2の前記厚さ6は垂直面Hに平行になって平面及び第一傾斜面21と第三傾斜面23との間の交差角度Bが形成され、本体2は水平面Lに立設される。
【0022】
以上、本考案の実施形態について図面を参照して詳述したが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、本考案の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等も含まれる。
【0023】
1 円形状の青果の転がり防止可能なまな板構造
2 本体
21 第一傾斜面
22 第二傾斜面
221 弧面
23 第三傾斜面
231 弧面
24 第四傾斜面
25 第五傾斜面
3 収納空間
4 収集溝部
5 案内用溝部
6 厚さ
9 円形状の青果
A 交差角度
B 交差角度
C 交差角度
H 垂直面
L 水平面

(57)【要約】

【課題】円形状の青果の転がり防止可能なまな板構造を提供する。【解決手段】少なくとも1つの厚さが設けられると共に垂直面に平行する本体2、及び第一傾斜面21、第二傾斜面22、及び第三傾斜面23を有する少なくとも3つの傾斜面を備える。傾斜面及び垂直面により交差角度が形成され、3つの傾斜面は互いに平行にならず、第二傾斜面及び第三傾斜面は第一傾斜面の一側に設置され、傾斜面と傾斜面との間には交差角度が各々形成され、3つの傾斜面の間には収納空間が形成され、円形状の青果が収納空間3に収納され、円形状の青果と3つの傾斜面との接触点が形成され、円形状の青果は転がらなくなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):