(54)【考案の名称】ハンガー構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ハンガー構造に関し、より詳しくは、掛けユニット及び本体ユニットを備えると共に前記掛けユニットにはホック部材及び係合部材が設置され、前記本体ユニットには少なくとも1つの結合部材及び1つ以上の支持部材が設置され、前記結合部材には少なくとも1つの孔部が設けられ、前記結合部材は前記支持部材に結合され、前記掛けユニットの前記係合部材は前記結合部材の前記孔部に挿入され、衣服及び靴を掛けるためのハンガーが形成されるハンガー構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
衣食住は生活に欠かせないものであり、衣服を着飾ることは個人の個性や風格を表現することでもあり、衣料を掛けるハンガーは衣料の保存に大きな影響を与える。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、市場で販売されるハンガーは千差万別であり、如何に需要に見合ったハンガーを提供するかを本考案者は思案し、ハンガー構造を考案した。本ハンガー構造を利用して衣服、ズボン、靴、女性用下着、ネクタイ、リュックサック、タオル、及び布団等を掛ける。
【0004】
そこで、本考案者は上記の欠点が改善可能と考え、鋭意検討を重ねた結果、合理的かつ効果的に課題を改善する本考案のハンガー構造の提案に到った。
【0005】
本考案は、以上の実情に鑑みなされたものであって、上記課題解決のため、本考案は、ハンガー構造を提供することを主目的とする。換言すれば、衣服、ズボン、靴、女性用下着、ネクタイ、リュックサック、タオル、及び布団等を掛けるのが便利になる。

【効果】

【0016】
本考案によれば、衣服、ズボン、靴、女性用下着、ネクタイ、リュックサック、タオル、及び布団等を掛けるのが便利になる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の第1実施形態によるハンガー構造を示す外観斜視図である。
【図2】本考案の第1実施形態によるハンガー構造を示す展開図である。
【図3】本考案の第1実施形態によるハンガー構造を示す前面図である。
【図4】本考案を使用する使用状態図である。
【図5】本考案の他の使用状態図である。
【図6】本考案の他の使用状態図である。
【図7】本考案の他の使用状態図である。

【0018】
以下に図面を参照して、本考案を実施するための形態について、詳細に説明する。なお、本考案は、以下に説明する実施形態に限定されるものではない。
【0019】
(第1実施形態)
以下、本考案の実施形態について、図面を参照しながら説明する。図1は本考案のハンガー構造を示す外観斜視図であり、図2は本考案のハンガー構造を示す展開図であり、図3は本考案のハンガー構造を示す前面図であり、図4は本考案の使用状態図であり、図4は本考案の他の使用状態図であり、図5は本考案の他の使用状態図であり、図6は本考案の他の使用状態図であり、図7は本考案の他の使用状態図である。
【0020】
図1乃至図7によれば、本考案ハンガー構造1は、掛けユニット2及び本体ユニット3を備える。前記本体ユニット3の形状は楕円形であり、前記掛けユニット2の厚さdは前記本体ユニット3の厚さDより厚くない。前記掛けユニット2にはホック部材21及び係合部材22が設置され、前記係合部材22は前記ホック部材21の下端に固設される。前記係合部材22は環状凹部221を更に含み、前記本体ユニット3には少なくとも1つの結合部材33(34)及び1つ以上の支持部材31(32)が設置され、前記結合部材33には少なくとも1つの孔部331が設けられ、前記結合部材34には少なくとも1つの孔部341(342)が設けられる。前記結合部材33の形状は長方形或いは円形であり、前記係合部材22は前記結合部材34の前記孔部341を貫通させて前記結合部材34の前記孔部342中で係止し、前記係合部材22の前記環状凹部221を前記結合部材34の前記孔部341に係合させ、前記係合部材22は前記結合部材34の前記孔部341の中心線Cを軸として回転する。
【0021】
また、前記結合部材33(34)は前記支持部材31(32)に結合され、隣接する2つの前記支持部材31と支持部材31、支持部材31と支持部材32、及び支持部材32と支持部材32との間の距離Lは均しくなり、且つ2つの前記支持部材31(32)の間の距離Lは前記本体ユニット3の厚さDに等しい。前記掛けユニット2の厚さdは2つの前記支持部材31(32)の間の距離Lより厚くなく、前記掛けユニット2の前記係合部材22が前記結合部材34の前記孔部341に挿入され、前記係合部材22は前記結合部材34の前記孔部341を貫通させて前記結合部材34の前記孔部342中で係止し、前記係合部材22の前記環状凹部221が前記結合部材34の前記孔部341に係合する。使用時には、前記係合部材22は前記結合部材34の前記孔部341の中心線Cを軸として回転し、前記掛けユニット2が自由回転して前記ホック部材21が横棒に掛着され、衣服及び靴を掛けるためのハンガーが形成される。
【0022】
なお、本考案の実施形態では、隣接する2つの前記支持部材31と支持部材31、支持部材31と支持部材32、及び支持部材32と支持部材32との間の距離Lは均しく、且つ2つの前記支持部材31(32)の間の距離Lは前記本体ユニット3の厚さDに等しく、2つの前記本体ユニット3は前記支持部材31(32)により係合され、前記結合部材33で係止される。前記掛けユニット2の厚さdは前記本体ユニット3の厚さDより厚くなく、前記掛けユニット2の厚さdは2つの前記支持部材31(32)の間の距離Lより厚くなく、前記掛けユニット2の前記ホック部材21は2つの前記支持部材31(32)の間を貫通し、前記ホック部材21は前記結合部材33に結合され、ハンガーを収納させる。
【0023】
上述の実施形態は本考案の技術思想及び特徴を説明するためのものにすぎず、当該技術分野を熟知する者に本考案の内容を理解させると共にこれをもって実施させることを目的とし、本考案の特許請求の範囲を限定するものではない。従って、本考案の精神を逸脱せずに行う各種の同様の効果をもつ改良又は変更は、後述の請求項に含まれるものとする。
【0024】
1 ハンガー構造
2 掛けユニット
21 ホック部材
22 係合部材
221 環状凹部
3 本体ユニット
31 支持部材
32 支持部材
33 結合部材
331 孔部
34 結合部材
341 孔部
342 孔部
C 中心線
d 厚さ
D 厚さ
L 距離

(57)【要約】

【課題】衣服、ズボン、靴、女性用下着、ネクタイ、リュックサック、タオル、及び布団等を掛けるのが便利なハンガー構造を提供する。【解決手段】ハンガー構造1は、掛けユニット2及び本体ユニット3を備える。掛けユニットにはホック部材21及び係合部材が設置され、本体ユニットには少なくとも1つの結合部材33及び1つ以上の支持部材31、32が設置され、結合部材には少なくとも1つの孔部331が設けられ、結合部材は支持部材に結合され、且つ掛けユニットの係合部材は結合部材の孔部に挿入され、衣服及び靴を掛けるためのハンガーが形成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):