(54)【考案の名称】ルアー

(51)【国際特許分類】

A01K 85/00 擬似餌

(73)【実用新案権者】グローブライド株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、小魚等の餌の形態を模したルアー本体に釣針を取り付けて形成されるルアーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、ルアーフィッシングにおいては、餌の形態を模した疑似餌本体(以下、ルアー本体と称する)に釣針を取り付けて成る釣用疑似餌(以下、ルアーと称する)が用いられる。このようなルアーは、ルアー本体および釣針の形態、ルアー本体に対する釣針の取り付け位置や取り付け形態などに関して様々なものが知られている。そして、いずれのルアーも、水中でのリーリングにより小魚が泳ぐような動きをルアーに与えて対象魚を誘い、ルアー本体を捕食しようとする対象魚をルアー本体の釣針に針掛かりさせる。
【0003】
ルアー本体に対する釣針の取り付け位置や取り付け形態に関し、例えば特許文献1は、ルアー本体の後端に設けられる輪状体にフック用糸を介して釣り針(フック)を取り付けて成るルアーを開示している。
【0004】
また、特許文献2は、リール本体の後端にフック状の釣針を揺動自在に直接に連結して成るルアーを開示しており、集魚効果を上げるために、ルアー後端に取り付けられた釣針のシャンク部のベント部側端部にシャンク部延長線方向に回転自在部品を介してブレードを取り付けている。
【0005】
特許文献3では、捕食しにきた魚をルアー本体後方に設けられた釣針に効率良く針掛かりさせることができる釣用疑似餌を提供している。

【0006】

【効果】

【0015】
本考案によれば、釣り針をルアー本体へつなぐ輪状体の製造において、捻れや歪みを抑制できるルアーを提供できる。

【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案の一実施形態に係るルアーの斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態に係るルアーの保持部材およびその製造手順を示す図である。
【図3】本考案の他の実施形態に係るルアーの斜視図である。
【図4】従来のルアーにおける問題点を示す図である。

【0017】
以下、本考案に係るルアーの実施形態について、図1から図3(a)に基づいて説明する。
図1および図2は、本考案の第一の実施形態を示している。図1に示すように、第一実施形態に係るルアー本体10は、餌(小魚、海老、あるいは、蝦蛄等の餌;本実施形態では小魚)の形態を模している。このルアー本体10には、必要に応じて目や髭等が取り付けられ、色柄模様が付される。
【0018】
ルアー本体10の前端側下部には、水流抵抗を受けることによってルアーを潜行させたり、或いはルアーの所定の潜行姿勢を保持させたりするための抵抗板12が設けられている。
また、ルアー本体10の腹面(下面の略中央)には、フック状の腹部釣り針31が取り付けられている。この場合、腹部釣り針31は、その先端の取り付けリング7aがルアー本体10の下面に固定された係止環(図示を省略)に係止される。これによって、ルアー本体10に対して揺動可能に取り付けられている。
また、ルアー本体10の前端には、魚釣り用リールから繰り出される釣糸(ライン)が連結係止される釣糸係止部(図示を省略)が設けられている。
【0019】
第一の実施形態に係るルアーは、ルアー本体10の後部からルアー本体10のほぼ長手方向に沿って所定の長さで延びる保持部材20を有する。この保持部材20は、ルアー本体10の長手方向に沿う所定範囲内の任意の位置にフック状の移動釣針4を移動可能に保持するためのものである。この実施形態では、可撓性を有する棒状部材(線材)をループ状に折り曲げてルアー本体10に取り付けることにより構成される。
【0020】
図2に示すように、保持部材20は、外力を受けない状態でそれ自体がルアー本体10の長手方向に沿う直線的形態を自立的に保持し得る合成樹脂(例えば、天然ゴム、合成ゴムなどのエラストマー材料やウレタン系材料)などの可撓性材料の棒状体から形成する。棒状体の両端を溶着することで形成するのであるが、従来品とは異なる溶着を実行する。
【0021】
図2の(b)、(c)、(d)に示すように、保持部材20は、二つの輪状体22,23を形成しつつ、その二つの輪状体22,23が離間するように溶着することで、比較的長い部位を溶着部21としている。例えば、輪状体22,23の内径寸法と同等程度の長さを溶着部21とする。そのため、溶着部21によって形成される二つの輪状体22,23を一平面に納めやすく、捻れの発生を抑制できる。加えて、溶着部21が大きいので、従来よりも強度が増している。
二つの輪状体のひとつである釣り針保持部22が尾部側釣り針30を保持し、長手方向に二分割される型に他方の輪状体である本体保持部23が挟み込まれることでルアー本体10へ固定される。すなわち、尾部側釣り針30は、保持部材20を介してルアー本体10に接続されるのである。
【0022】
尾部側釣り針30は、保持部材20の釣り針保持部22がなすループ部分を移動できる。移動できることによって、ルアー本体10の後方から捕食しにきた対象魚を、ルアー本体10の後方に設けられた尾部側釣り針30へ効率良く確実に針掛かりさせることに寄与し、捕食効果が高い。
保持部材20が可撓性を備えた材質にて形成され、且つ尾部側釣り針30が係った対象魚の動きに追従できるため、尾部側釣り針30に掛かった魚が暴れても、保持部材20がその動きに追従できる。そのため、無理な力が作用して身切れ等によって魚が尾部側釣り針30から外れてしまうといった事態を減少させることに寄与する。
【0023】
ルアー本体10の腹部には、腹部釣り針31を吊り下げるようにして固定している。この腹部釣り針31は、尾部釣り針30が保持部材20の輪状内部(釣り針保持部22)を動いて最も腹部釣り針31に近づいたとしても、尾部釣り針30と絡み合わないような位置へ固定されることが望ましい。
【0024】
なお、腹部釣り針31は、保持部材20のような部材を介さずにルアー本体10へ固定しているが、保持部材20を介して固定するバリエーションを提供することを否定するものではない。
【0025】
図3には、第二の実施形態を示す。
第一の実施形態との相違点は、保持部材20の形状である。この保持部材20には、前記の腹部釣り針30が保持部材20の長手方向に移動できる距離を制限するため、釣り針保持部22の一部に規制部24を備えている。この規制部24は、釣り針保持部22の下側に、下方へ突出するような部位として形成している。
この規制部24の存在により、対象魚の種類や大きさによるが、尾部側釣り針30へ効率良く確実に針掛かりさせることに寄与する。対象魚が暴れた場合などにおいて尾部側釣り針30が前後方向には動きにくいためである。
【0026】
なお、ルアー本体10に対して、図3(a)に示すような規制部24を備えた保持部材20を採用する場合には、バス釣りに適している。 一方、ルアー本体10に対して、図1に示すような規制部24を備えていない保持部材20を採用する場合には、ナマズ釣りに適している。
このように、ルアー本体10を共通とし、保持部材20を変更するだけでバス釣り用、ナマズ釣り用のルアーを提供することができるので、合理的である。

【0027】
10 ;ルアー本体 11 ;保持部材固定部
12 ;抵抗板 13 ;保持部材固定部
20 ;保持部材 21 ;溶着部
22 ;釣り針保持部 23 ;本体保持部
24 ;規制部
30 ;釣り針(尾部側釣り針) 31 ;釣り針(腹部釣り針)

(57)【要約】

【課題】釣り針をルアー本体へつなぐ輪状体の製造において、捻れや歪みを抑制できる構造を持つルアーを提供する。【解決手段】餌の形態を模したルアー本体10と、そのルアー本体10の後部からルアー本体10の長手方向に延びてルアー本体10の長手方向に沿う位置へ釣り針30を保持するための保持部材20と、その保持部材20に保持される釣り針30と、を備えるルアーである。保持部材20は、熱可塑性樹脂の棒状体が二つの輪状体を離間させてなすように溶着して形成し、その輪状体のうちの一つに釣り針30を保持するとともに、他の輪状体をルアー本体10の一部が貫通することで保持部材20および釣り針30をルアー本体10へ保持するように形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):