(54)【考案の名称】エリプティカルトレーナー

(73)【実用新案権者】岱宇國際股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、運動の軌道を変更可能なエリプティカルトレーナーに関する。

【従来の技術】

【0002】
エリプティカルトレーナー(ellipticals)はクロストレーナー(cross−trainer、 X−trainer)とも呼ばれ、階段の昇り降り、歩行、或いはランニング等の運動の模擬トレーニングに用いられる。
【0003】
また、エリプティカルトレーナーはランニングマシーンと自転車の長所を結合しており、直立姿勢で全身の運動を行う。両足を同時にエリプティカルトレーナー上で固定するため、左右の足が受力する時間は各々半分づつになり、ひざ関節への衝撃を減少させて、怪我の危険性を低下させる。
【0004】
なお、エリプティカルトレーナーは通常使用者に踏ませるためのペダルを有する。従来のエリプティカルトレーナーのペダルの多くは、場合運動軌道が固定されており、エリプティカルトレーナーの使用法は変化に乏しい。
【0005】
例えば、特許文献1に記載される『ペダルの運動軌道を調整可能とするエリプティカルトレーナー』は、主に架体とガイドレールの間に設置される傾斜度制御装置を備え、前記ガイドレールの地面に対する角度を制御させる。
傾斜度制御装置はスピンドルを含み、スピンドルの一端が架体或いはガイドレールの内の何れか1つに連結され、スピンドルの他端が架体かガイドレールの内のもう一方に連結される。これにより、使用者は必要に応じてガイドレールと地面との間の仰角を制御し、ペダル運動の軌道の傾斜度を変更する。
【0006】

【効果】

【0011】
本考案によれば、使用者は必要に応じて左右のレールと地面との間の仰角の大きさを調整でき、多くの運動軌道をシミュレート可能になり、腿の異なる筋肉のトレーニングを強化する目的を達成させる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案に係るエリプティカルトレーナーを説明する外観斜視図である。
【図2】本考案に係るエリプティカルトレーナーの上昇装置を説明する外観斜視図である(ハウジングを含まず)。
【図3】本考案に係るエリプティカルトレーナーの上昇装置を説明する外観斜視図である(ハウジングを含まず)。
【図4】本考案に係るエリプティカルトレーナーの上昇装置を底部から見た外観斜視図である(ハウジング及び一部部材を含まず)。
【図5】本考案に係るエリプティカルトレーナーの上昇装置を説明する外観斜視図である(ハウジング及び一部部材を含まず)。
【図6】本考案に係るエリプティカルトレーナーの上昇装置のレールが低い箇所に設置される側面図である(ハウジング及び一部部材を含まず)。
【図7】本考案に係るエリプティカルトレーナーの上昇装置のレールが高い箇所に設置される外観斜視図である(ハウジング及び一部部材を含まず)。
【図8】本考案に係るエリプティカルトレーナーの上昇装置のレールにより異なる高さに設置される側面図である。
【図9】本考案に係るエリプティカルトレーナーの上昇装置のレールにより異なる高さに設置される側面図である。
【図10】本考案に係るエリプティカルトレーナーの上昇装置のレールにより異なる高さに設置される側面図である。

【0013】
本考案における好適な実施の形態について、添付図面を参照して説明する。尚、以下に説明する実施の形態は、実用新案登録請求の範囲に記載された本考案の内容を限定するものではない。また、以下に説明される構成の全てが、本考案の必須要件であるとは限らない。
【0014】
(第1実施形態)
以下、本考案の実施形態について、図面を参照しながら説明する。本考案のエリプティカルトレーナーは、往復運動機構1、上昇装置2、及びハウジング3を備える。
往復運動機構1は、使用者による階段の昇り降り、歩行、ランニング等の模擬トレーニングの操作に用いられる。往復運動機構1の後半部は上昇装置2に連結される。これらはあくまで例示に過ぎず、これらに制限させるわけではないが、減衰効果を与えるフライホイールセット11、及び一端はクランクによりフライホイールセット11に連結され、他端はロール13に連結される2本の支持棒12を更に備える。また、2つのハンドル14はスイングアーム15にそれぞれ連結され、スイングアーム15は連動棒16に連結され、一端がペダル17に連結される。2つのペダル17は支持棒12にそれぞれ連結される。往復運動機構1はカバー19を更に有し、フライホイールセット11を被覆させる。
【0015】
また、上昇装置2は2本のレール33及びレール35を備え(図2のレ−ル35参照)、前述のロール13はレール33及びレール35に設置されると共にレール33及びレール35上でそれぞれ移動する。
使用者は両足をペダル17にかけて立ち、両手でハンドル14を握る。これにより、使用者が手と足でハンドル14及びペダル17に力をかけると、スイングアーム15、連動棒16、及び支持棒12によりフライホイールセット11が駆動されて回転し、ロール13がレール33上で往復運動し、ペダル17は楕円形の軌道で運動する。
【0016】
左右のレール33及びレール35が後端を軸心として回転し、地面との仰角を形成させる。これによりペダル17の楕円運動の軌道の傾斜度を変更させる。使用者は制御座18により上昇装置2を制御させて、仰角の大きさを決定させる。
【0017】
なお、上昇装置2は台座20、上昇架台30、及び傾斜度制御装置40を主に備える(図1乃至図4参照)。台座20は金属棒部材が相互に溶接されることで形成され、下部架台21及び下部架台21の後端に連結される心押し台23を有する。下部架台21の2つの長軸側辺211はそれぞれ外に向けて突出する板部材213及び板部材213に設置されるクッション215を有する。心押し台23は上に向けて突出する2つの凸部231を有する。
上昇架台30はシャフト31、左右のレール33並びにレール35、第一結合部材37、及び第二結合部材39を有する。左右のレール33及びレール35の一端はシャフト31に溶接される。第一結合部材37及び第二結合部材39は左右のレール33とレール35との間に溶接により固定される。シャフト31は2つの凸部231の間に回転自由に連結される。左右のレール33及びレール35は下部架台21の両側にそれぞれ位置され、2つのピン継手端331/351、2つのポール333a/333b、2つのポール353a/353b、及び2つの結合部材335/355を具備する。ピン継手端331及びピン継手端351はシャフト31に溶接され、2つの結合部材335及び結合部材355はそれぞれ2つのポール333及び2つのポール353に溶接により固定され、上昇装置10の構造強度を強化させる。
本考案の他の実施形態において、左右のレール33及びレール35は各々1つのポールのみを有し、例えば、レール33はポール333bのみを有し、レール35はポール353bのみを有する。ポール333b及びポール353bは下部架台21の両側にそれぞれ位置される。また、ポール333a、ポール353a、及び2つの結合部材335並びに結合部材355は省略される。
【0018】
第一結合部材37及び第二結合部材39は板体が一体で湾曲されることで製造される。第一結合部材37はピン継手端331及びピン継手端351に近接すると共に下部架台21に跨設され、両端がポール333b及びポール353bにそれぞれ連結される。第二結合部材39はピン継手端331及びピン継手端351から離れると共に下部架台21に跨設され、両端はポール333b及びポール353bにそれぞれ連結される。
上述の構造により、左右のレール33及びレール35は台座20に対して偏向し、地面との仰角を形成させる。図4に示すように、心押し台23は支持用パッドSが地面に設置されることで、下部架台21が地面より高く架設される。下部架台21の前端は往復運動機構1に連結される。これにより、左右のレール33及びレール35が台座20に対して上に偏向し、地面との仰角が形成されると、ペダル17の運動軌道の傾斜度が改変される。使用者が下部架台21を往復運動機構1から取り外し、上昇装置10を他の場所まで引くと、クッション215が左右のレール33及びレール35が移動することで地面にぶつかり損壊するのを防ぐ。
【0019】
例として示すのみで制限するわけではないが、傾斜度制御装置40は作動装置50及び伸張装置60を備える。作動装置50は上昇架台30の第一結合部材37に連結されると共にモーター51及び長さを改変可能な伸縮棒53を有する。本実施形態では、伸縮棒53はスクリュー53a及びスクリュー53aに螺設されるスリーブ53bで構成され、前記スリーブ53bは前記スクリュー53aの軸方向に沿って移動する自由端531を有する。
図5に示すように、伸張装置60は、固定部材61、連動棒63、及び2つのロール65を有する。また、連動棒63は前段631、中央段633、及び後段635を具備する。前段631は軸ピンが伸縮棒53の自由端531に枢設され、且つ前段631は下部架台21より高い。中央段633は固定部材61に枢設され、且つ固定部材61の上面は第二結合部材39の底面に当接されて固定される。後段635は輪軸67に2つのロール65が装設される。
【0020】
図6によるとスリーブ53bはモーター51に近接する位置に位置され、この際左右のレール33及びレール35の高さは低い位置になる。図7に示すように、使用者がペダルの運動軌道の傾斜度を調整する場合、作動装置50のモーター51を制御してスクリュー53aを連動させて自転させ、スリーブ53bがスクリュー53aに沿ってモーター51から離れる方向に移動する。この際、伸張装置60の連動棒63はスリーブ53bの押圧力を受け、2つのロール65が地面に沿ってエリプティカルトレーナーの後端に向けて滑動する。これにより左右のレール33及びレール35を連動させて凸部231を軸心として上に向けて回転させ、地面との仰角を形成させる。
【0021】
図8乃至図10はそれぞれ本考案の好ましい実施形態に係るエリプティカルトレーナーの左右のレール33及びレール35の3つの高さでの側面図を示す。エリプティカルトレーナーの部材を明確に表示するため、ハウジング3は破線で表示する。図8には左右のレール33及びレール35が低い位置に制御された場合を示す。図9には左右のレール33及びレール35が中間の高さの位置に制御された場合を示す。図10には左右のレール33及びレール35が高い位置に制御された場合を示す。
本考案の実施形態によれば、上昇装置10の一部の部材は、台座21、第一結合部材37、第二結合部材39、及び傾斜度制御装置40等を備え、ハウジング3内に設置される。また、ハウジング3は第一開口部32a及び第二開口部32bを有し、第一開口部32aは第二結合部材39の活動空間になり、第二開口部32bは第一結合部材37の活動空間になる。ハウジング3及び台座20は固定され、第一結合部材37、第二結合部材39、傾斜度制御装置40、左右のレール33、及びレール35等に連れて連動はしない。このため、上昇装置の動作時に使用者がこれらの可動部材に接触して怪我をしたり、部材が損壊するようなことはない。
本考案の他の実施形態によれば、ハウジング3の幅は第一結合部材37及び/或いは第二結合部材39を完全に被覆させる。このため第二開口部32b及び第一開口部32aを省略させる。考案の他の実施形態では、ハウジング3と前述のカバー19とは一体成形される。
【0022】
本考案の実施形態に係るエリプティカルトレーナーは、使用者の需要に応じて左右のレールと地面との間の仰角の大きさを調整でき、多くの運動軌道をシミュレートでき、腿の異なる筋肉のトレーニングを強化する目的を達成させる。また、ハウジングにより使用者が運動軌道を変更する際に、上昇装置の可動部材に接触して怪我をしたり、部材が損壊するのを防ぎ、エリプティカルトレーナーの信頼性を向上させる。さらには、ハウジングはエリプティカルトレーナーの構造をより堅固にする。
【0023】
上述の実施形態は本考案の技術思想及び特徴を説明するためのものにすぎず、当該技術分野を熟知する者に本考案の内容を理解させると共にこれをもって実施させることを目的とし、本考案の請求の範囲を限定するものではない。従って、本考案の精神を逸脱せずに行う各種の同様の効果をもつ改良又は変更は、後述の請求項に含まれるものとする。
【0024】
1 往復運動機構
2 上昇装置
3 ハウジング
11 フライホイールセット
12 支持棒
13 ロール
14 ハンドル
15 スイングアーム
16 連動棒
17 ペダル
18 制御座
19 カバー
20 台座
23 心押し台
30 上昇架台
31 シャフト
32a 第一開口部
32b 第二開口部
33 レール
35 レール
37 第一結合部材
39 第二結合部材
40 傾斜度制御装置
50 作動装置
51 モーター
53 伸縮棒
53a スクリュー
53b スリーブ
60 伸張装置
61 固定部材
63 連動棒
65 ロール
211 長軸側辺
213 板部材
215 クッション
231 凸部
331 ピン継手端
333a ポール
333b ポール
335 結合部材
353a ポール
353b ポール
355 結合部材
531 自由端
631 前段
633 中央段
635 後段
S 支持用パッド

(57)【要約】

【課題】使用者保護、堅牢性、信頼性を向上したエリプティカルトレーナーを提供する。【解決手段】往復運動機構1、上昇装置2、及びハウジング3を備える。往復運動機構はフライホイールセット11、2本の支持棒12、2つのハンドル14、2つのスイングアーム15、2つのペダル17等の部材を含む。支持棒の一端はフライホイールセットに連結され、他端はロール13にそれぞれ連結される。2つのハンドルはスイングアームにそれぞれ連結され、スイングアームは連動棒16に連結され、連動棒の一端はペダルに連結され、ペダルは2本の支持棒の内の何れか1つに連結される。上昇装置は台座、上昇架台、及び傾斜度制御装置を具備する。台座は地面より高く架設される下部架台で構成される。上昇架台はピン継手端及び2本のレールからなる。ハウジングは下部架台に固定されると共に下部架台及び傾斜度制御装置を被覆する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):