(54)【考案の名称】食品包装体用ラベルシール、及びラベル付食品包装体

(73)【実用新案権者】伊藤ハム株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、食品包装体用ラベルシール、及びラベル付食品包装体に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から食品包装用容器に貼付されるラベルシールが知られている(例えば特許文献1参照)。
【0003】
このラベルシールが貼付される食品包装用容器は、容器本体と、容器本体の開口部を閉塞する蓋体とを有する。そして、蓋体は周縁部が容器本体の周縁部と熱溶着されている。
【0004】

【効果】

【0022】
本考案は、食品包装体及びこれに収容された食品の使い勝手を向上させることができるという効果を奏する。また、本考案は、食品包装体及びこれに収容された食品の使い勝手を向上させるにあたり、手間、コスト、及び作業時間が増加することを防ぐことができる。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】本考案の実施の形態に係る食品包装体用ラベルシールが貼着されたラベル付食品包装体の構成例を示す斜視図であり、ラベル付食品包装体の底面及び側面を示す図である。
【図2】図1のラベルシールの構成例を示す表面図である。
【図3】図1のラベルシールの構成例を示す裏面図である。
【図4】図1のラベル付食品包装体の使用例を示す図である。

【0024】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、本実施の形態によって本考案が限定されるものではない。また、以下では、全ての図を通じて、同一又は相当する要素には同一の参照符号を付して、その重複する説明を省略する。
【0025】
図1は、本考案の実施の形態に係るラベルシール(食品包装体用ラベルシール)1が貼着されたラベル付食品包装体100の構成例を示す斜視図であり、ラベル付食品包装体100の底面及び側面を示す図である。
【0026】
図1に示すように、ラベル付食品包装体100は、ラベルシール1と、食品包装体2とを備える。
【0027】
[食品包装体]
食品包装体2は、容器本体21と、蓋体22とを有する。
【0028】
容器本体21は、合成樹脂シートを成形したものであり、周壁部23と、周壁部の下端を閉塞する底壁部24と、周壁部23の上端から周壁部23の延在方向と直交する方向であって、周壁部23の外側に延びるフランジ部25とを有する。そして、周壁部23の上端によって囲まれる領域が開口部26(図4参照)を構成している。
【0029】
蓋体22は、合成樹脂シート製であり、容器本体21のフランジ部25の周縁部の形状に大略一致するように形成されている。蓋体22は、周縁部が容器本体21のフランジ部25(開口部26の周縁部)に例えば熱融着されることによって固定的に取り付けられている。これによって、蓋体22は、容器本体21の開口部26を覆い、容器本体21の内部空間を密封している。これによって、容器本体21の内部空間に収容された食品を包装し、内部空間に収容された食品を比較的長期間に亘って保存することができる。そして、容器本体21の内部空間に収容された食品を取り出すときは、蓋体22を容器本体21から剥がし、開口部26を介して食品Fを取り出す。
【0030】
なお、蓋体22は、周縁部が容器本体21のフランジ部25に例えば熱融着されることによって固定されているので、容器本体21から一度剥がすと当該剥がした部分を再度容器本体21に留めることができないように構成されている。
【0031】
[ラベルシール]
図2は、ラベルシール1の構成例を示す表面図である。図3は、ラベルシール1の構成例を示す裏面図である。
【0032】
ラベルシール1は、食品包装体2に貼着され、主に食品包装体の内容物に関する情報を示すものであり、例えば図1に示すように、容器本体21の底壁部24に貼付されるものである。
【0033】
図2及び図3に示すように、ラベルシール1は、基材11と、基材11の裏面に形成された粘着部12とを備える。粘着部12は、例えば基材11の裏面に塗布された接着剤によって構成される。この粘着剤は、容器本体21に貼付したラベルシール1を剥がした後、再度対象物に貼付することができるように構成されている。
【0034】
基材11は、例えば合成樹脂シート、又は紙で構成され、シート状に形成されている。また、基材11は、例えば大略矩形に形成されている。しかし、これに限られるものではなく、基材11の形状は任意の形状とすることができる。
【0035】
基材11は、切断線15によって第1領域R1及び第2領域R2に区画されている。すなわち、第2領域R2は、第1領域R1に連なって形成され、第1領域R1及び第2領域R2は、互いに隣接している。
【0036】
本実施の形態において、基材11は、ラベルシール1の外周縁から内側に向かって延在する切り欠き16を有する。そして、切断線15は、切り欠き16の先端部から切り欠き16の延在方向と交差する方向にラベルシール1の外周縁まで延在している。
【0037】
基材11の第1領域R1は、表面に食品包装体の内容物に係る情報を有する印刷が施されている印刷領域R3を有する。食品包装体の内容物に係る情報として、例えば、食品包装体2に収容された食品について表示を義務付けられている情報、例えば、食品の名称、食品の原材料名、食品の内容量、食品の消費期限又は賞味期限、食品の保存方法、食品の製造者等があげられる。
【0038】
そして、基材11の第1領域R1の裏面には、ほぼ全面に粘着部12が形成されている(図3において薄墨を付した部分)。これによって、食品包装体2にラベルシール1を貼着することができる。また、貼着したラベルシール1が食品包装体2から剥がれることを防止している。
【0039】
切断線15は、第1領域R1と第2領域R2とを分離するときに、基材11が第1領域R1と第2領域R2との境界に沿って引き裂くことができるように案内するものである。切断線15は、例えばミシン目である。すなわち、切断線15は、ラベルシール1の表面から裏面まで貫通する多数の短い貫通切り込み線が互いに離間して一列に設けられている。また、切断線15は直線状に形成され、更に容易に第1領域R1と第2領域R2とを分離することができるようになっている。なお、切断線15は、ミシン目に限られるものではない。
【0040】
基材11の第2領域R2は、更に第1サブ領域Rs1と第2サブ領域Rs2とに区画されている。
【0041】
第1サブ領域Rs1は、詳細は後述するように、使用者が摘むための部分である。第1サブ領域Rs1の裏面には、粘着部12が形成されていない。よって、使用者は第1サブ領域Rs1を容易に摘むことができるようになっている。また、使用者の指に接着剤が付着することを防ぐことができる。そして、使用者は、摘んだ第1サブ領域Rs1を引っ張ることによって、第2領域R2を食品包装体2から容易に引き剥がすことができる。また、第1サブ領域Rs1の周縁は、少なくとも一部が切り欠き16を含む基材11の周縁上に位置する。すなわち、第1サブ領域Rs1の周縁は、少なくとも一部がラベルシール1の外周縁に位置している。よって、使用者は、食品包装体2の底壁部24と第1サブ領域Rs1の周縁との間に形成される段差に爪を引っ掛けることによって、第1サブ領域Rs1を周壁部23から容易に引き起こし、これを摘むことができる。更に、第1サブ領域Rs1は、切り欠き16に隣接して配設されている。すなわち、切り欠き16を除くラベルシール1の外周縁上に位置する第1サブ領域Rs1の周縁を少なくすることができるので、意図せずに他の物が第1サブ領域Rs1の周縁に引っ掛かり、第1サブ領域Rs1が周壁部23から引き起こされ、意図せずラベルシール1の第2領域R2が食品包装体2から引き剥がされることを防止することができる。なお、第1サブ領域Rs1は、その表面に、第1サブ領域Rs1が摘むための部分であることを示す印刷が施されていてもよい。これによって、使用者は、第1サブ領域Rs1の位置を容易に認識することができる。
【0042】
第2サブ領域Rs2は、大略長方形に形成されている。第2サブ領域Rs2は、詳細は後述するように、蓋体22を容器本体21に留めるために用いる部分である。第2サブ領域Rs2の裏面には、粘着部12が形成されている。本実施の形態において、第2サブ領域Rs2の一方の端部は、自由端であり、他方の端部には第1サブ領域Rs1が連なるように構成されている。
【0043】
そして、第2サブ領域Rs2の裏面に形成された粘着部12は、第1領域R1よりも第2サブ領域Rs2全体として粘着力が弱くなるように構成されている。本実施の形態において、第2サブ領域Rs2の裏面には、粘着部12が形成された粘着領域31(図3において薄墨を付した部分)と粘着部12が形成されていない非粘着領域32とを含む。そして、非粘着領域32の少なくとも一部は第2サブ領域Rs2中において散点的に形成され、粘着剤が塗布された面積が小さくなるように構成されている。そして、第2サブ領域Rs2のその余のほぼ全面に粘着領域31が形成されている。これによって、第2サブ領域Rs2の裏面に形成された粘着部12は、第1領域R1よりも第2サブ領域Rs2全体として粘着力が弱くなるように構成され、ラベルシール1の第2領域R2を食品包装体2から容易に剥がすことができるようになっている。また、第2サブ領域Rs2の粘着部12は、第1領域R1の粘着部12と同じ接着剤によって構成しながら、その接着力が弱くなるように構成されている。よって、ラベルシール1の構成を簡素化することができ、製造に有利、且つ製造コストを低下させることができる。
【0044】
[使用例]
図4は、ラベルシール1が貼着されたラベル付食品包装体100の使用例を示す図である。
【0045】
まず、食品が収容されたラベル付食品包装体100の蓋体22を容器本体21から部分的に剥がす。これによって、容器本体21の開口部26を露出させることができ、開口部26を介して容器本体21に収容された食品を取り出すことができる。
【0046】
そして、容器本体21に食品がまだ残っている場合、ラベルシール1の第2領域R2の第1サブ領域Rs1を引き起こして摘む。
【0047】
次に、ラベルシール1の第2領域R2を食品包装体2から引き剥がす。このとき、切断線15が形成されているので、第1領域R1と第2領域R2とは、切断線15に沿って切り離される。
【0048】
次に、図4に示すように、露出させた開口部26を蓋体22によって再度覆い、ラベルシール1の上記切り離した第2領域R2を用いて、蓋体22を容器本体21に留める。すなわち、長方形に形成された第2領域R2の一方の端部(例えば第1サブ領域Rs1が設けられていない側の端部)を容器本体21のフランジ部25の下面に貼付し、第2領域R2の他方の端部をフランジ部25の外側に位置させる。そして、容器本体21のフランジ部25の周縁部にそって第2領域R2の他方の端部(例えば第1サブ領域Rs1が設けられている側の端部)を上方に折り返し、第2領域R2の他方の端部を蓋体22の周縁部に貼付する。これによって、蓋体22を容器本体21に留めることができ、開口部26が蓋体22によって覆われた状態を保つことができる。したがって、容器本体21に収容された食品の乾燥を防ぐことができ、当該食品を比較的長期間に亘り保存することができる。
【0049】
このように、食品包装体2の開封後、容器本体21に残された食品を保存するときに、当該食品を他の保存用容器に移し替えることなく、保存することができる。これによって、ラベル付食品包装体100及びこれに収容された食品の使い勝手を向上させることができる。
【0050】
また、第2サブ領域Rs2は、大略長方形に形成されているので、上述の通り、一方の端部を容器本体21のフランジ部25の下面に貼付したラベルシール1の他方の端部を蓋体22の周縁部に容易に貼付することができる。
【0051】
以上に説明したように、本考案のラベルシール1は、第1領域R1及び第2領域R2を有し、第1領域R1の表面に食品包装体2の内容物に係る情報を有する印刷が施されている基材11と、基材11の第1領域R1の裏面及び第2領域R2の裏面のそれぞれに形成された粘着部12と、を有するので、第2領域R2を切り取り、当該切り取った部分を用いて、開封した食品包装体2の蓋体22を容器本体21に留めることができる。これによって、ラベル付食品包装体100を用いて容器本体21の残された食品を保存することができ、ラベル付食品包装体100及びこれに収容された食品の使い勝手を向上させることができる。
【0052】
そして、開封した食品包装体2の蓋体22を容器本体21に留めるために用いる第2領域R2は、食品包装体2の内容物に係る情報を示す第1領域R1と一体に構成にされているので、第1領域R1に相当する部材と第2領域R2に相当する部材とをそれぞれ貼付する必要がなく、食品包装体2及びこれに収容された食品の使い勝手を向上させるにあたり、手間、コスト、及び作業時間が増加することを防ぐことができる。
【0053】
<変形例>
上記実施の形態においては、非粘着領域32の少なくとも一部は第2サブ領域Rs2中において散点的に形成され、第2サブ領域Rs2のその余のほぼ全面に粘着領域31が形成されていたがこれに限られるものではない。これに代えて、粘着領域31が散点的に散りばめられていてもよい。
【0054】
上記説明から、当業者にとっては、本考案の多くの改良や他の実施形態が明らかである。従って、上記説明は、例示としてのみ解釈されるべきであり、本考案を実行する最良の態様を当業者に教示する目的で提供されたものである。本考案の精神を逸脱することなく、その構造及び/又は機能の詳細を実質的に変更できる。
【0055】
R1 第1領域
R2 第2領域
R3 印刷領域
Rs1 第1サブ領域
Rs2 第2サブ領域
1 ラベルシール
2 食品包装体
11 基材
12 粘着部
15 切断線
16 切り欠き
21 容器本体
22 蓋体
23 周壁部
24 底壁部
25 フランジ部
26 開口部
31 粘着部分
32 非粘着部分
100 ラベル付食品包装体

(57)【要約】

【課題】食品包装体及びこれに収容された食品の使い勝手を向上させる食品包装体用ラベルシールを提供する。【解決手段】シート状に形成され、第1領域R1及び第1領域R1に連なった第2領域R2を有し、第1領域R1の表面に食品包装体の内容物に係る情報を有する印刷が施されている基材11と、第1領域R1と第2領域R2との境界に沿って延びる第1領域R1と第2領域R2とを分離するための切断線15と、基材11の第1領域R1及び第2領域R2の裏面に形成された粘着部と、を有する。また、基材11は、ラベルシール1の外周縁から内側に向かって延在する切り欠き16を有し、切断線15は、切り欠き16の先端部から切り欠き16の延在方向と交差する方向に、ラベルシール1の外周縁まで延在している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):