(54)【考案の名称】蒸気美容ヘアケア機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、美容美髪技術分野に関し、特に、蒸気美容ヘアケア機に関する。

【従来の技術】

【0002】
蒸気美容ヘアケア機は、内部に加熱機能を有する圧力鍋が設けられており、水分を蒸気に変え、そして、スプレーガンによって水蒸気を噴出することができる。従来の蒸気美容ヘアケア機は、水分を蒸気に充分に変えるために、二つの互いに連通する第一及び第二の加熱ボイラーが設けられており、第一の加熱ボイラーが、高圧・高速状態での液体水を加熱し、蒸発させる後、スプレーガン内に位置する第二の加熱ボイラー内に排出しており、加熱気化が再度行われる。この蒸気美容ヘアケア機は、第一の加熱ボイラーが圧力を緩和し且つ初期気化する効果を奏し、第二の加熱ボイラーが水蒸気を更に気化し、水分を充分に水蒸気に変える効果を奏する。しかし、二つの加熱ボイラーを設けることは、かなりの手間及び材料コストを増加するとともに、比較的に大きい空間を占用し、蒸気美容ヘアケア機を精緻化することに不利である。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案は、解決しようとする課題が蒸気美容ヘアケア機を提供することであり、手間及び材料コストが高く、占用空間が大きく、産品精緻化に不利である、従来の蒸気美容ヘアケア機が二つの加熱ボイラーを設けることにより招く問題を解決することを図る。
本考案は、スプレーガンを含め、前記スプレーガンに加熱ボイラーが設けられ、前記加熱ボイラー内に加熱器及び水を流通させるための旋回通路が設けられ、前記旋回通路の入口及び出口がそれぞれ前記加熱ボイラーの両端に位置する蒸気美容ヘアケア機であって、前記旋回通路内にダンパー部材が設けられ、前記ダンパー部材がスプリング及び前記スプリングの端部に位置するブロッカーを含めている蒸気美容ヘアケア機。
【0004】
更に、前記ブロッカーが、直径が前記スプリングの内径よりも大きい球体である。
更に、前記ブロッカーが、鋼球である。
更に、前記旋回通路内に、複数の互いに連通する直線通路が設けられ、二つの前記直線通路の連接箇所に、曲折部が形成され、それぞれの前記直線通路内に、前記ダンパー部材が設けられている。
更に、それぞれの前記直線通路内のダンパー部材のスプリングの両端に、前記ブロッカーが設けられている。
更に、複数の前記直線通路が、並列に平行分布している。
従来技術に比べて、本考案は、有益な効果が、ダンパー作用を奏するスプリング及びこのスプリングの端部に位置するブロッカーを設けることにより、加熱ボイラー内の液体水、水及び水蒸気からなる混合物の衝撃力及び流動速度を効果的に低減し、液体水が加熱され気化する時間を増加し、水が充分に気化することを可能にし、且つ、前記蒸気美容ヘアケア機が、一つの加熱ボイラーを設けるだけで、水が充分に気化することを保証できるため、手間及び材料コストを低減できるとともに、加熱ボイラーが占用する空間を節約でき、蒸気美容ヘアケア機を精緻化することに有利であることである。
【図面の簡単な説明】
【0005】
【図1】図1は、本考案の実施形態による蒸気美容ヘアケア機の構造斜視概略図。
【図2】図2は、図1のスプレーガンの構造斜視概略図。
【図3】図3は、図2のスプレーガンの構造分解概略図。
【図4】図4は、図3の加熱ボイラーの構造分解概略図。
【図5】図5は、図3の加熱ボイラーの横断面概略図。
【図6】図6は、図3の加熱ボイラーの旋回通路位置での断面概略図。
【図7】図7は、図3の加熱ボイラーの加熱器位置での断面概略図。

【0006】
本考案が解決しようとする課題、技術手段及び有益な効果を更に明瞭にするために、以下、図面及び実施形態を参照しながら、本考案について一層詳細に説明する。しかし、ここで説明される特定の実施形態は、本考案を釈明するためのものにすぎなく、本考案を限定しないものであると認められる。
図1〜図7に示すように、本考案の好適な実施形態であり、蒸気美容ヘアケア機は、スプレーガン100を含め、このスプレーガン100には、加熱ボイラー1が設けられている。加熱ボイラー1内には、加熱器11及び水を流通させるための旋回通路12が設けられている。この旋回通路12の入口121及び出口122は、それぞれ、加熱ボイラー1の両端に位置しており、旋回通路12内には、ダンパー部材123が設けられており、このダンパー部材123は、スプリング1231及びこのスプリング1231の端部に位置するブロッカー1232を含めている。
【0007】
具体的には、ブロッカー1232は、直径がスプリング1231の内径よりも大きい鋼球などの球体である。旋回通路12内には、複数の互いに連通する直線通路124が設けられている。複数の直線通路124は、並列に平行分布しており、二つの直線通路124の連接箇所には、曲折部1241が形成されている。それぞれの直線通路124内には、ダンパー部材123が設けられており、それぞれのダンパー部材123のスプリング1231の両端には、ブロッカー1232が設けられている。
【0008】
本実施形態による加熱ボイラー1の稼働は以下の通りである。高圧・高速状態での液体水は旋回通路12の入口121から加熱ボイラー1に進入し、鋼球を直線通路124に押して流動させており、スプリング1231は徐徐に最短状態に圧縮され、圧縮状態でのスプリング1231は鋼球に押圧力を作るとともに、鋼球は水流に抵抗力を作り、水流の速度を低減しており、この過程では、加熱器11が水流を始終加熱し、水流は気化を始め、気化した水蒸気は水流とともに旋回通路12内を流動し続くとともに、鋼球による抵抗力を始終受け、水流が充分に気化するまで始終低速し、気化しており、最後に旋回通路12の出口122を介して噴出される。
【0009】
本実施形態による蒸気美容ヘアケア機は、ダンパー作用を奏するスプリング1231及びこのスプリング1231の両端部に位置するブロッカー1232を設けることにより、加熱ボイラー1内の液体水、水及び水蒸気からなる混合物の衝撃力及び流動速度を効果的に低減し、液体水が加熱され気化する時間を増加し、水が充分に気化することを可能にしています。この蒸気美容ヘアケア機は、一つの加熱ボイラー1を設けるだけで、水が充分に気化することを保証でき、手間及び材料コストを低減できるとともに、加熱ボイラー1が占用する空間を節約でき、蒸気美容ヘアケア機を精緻化することに有利である。
【0010】
以上は、本考案の好適な実施形態であるにすぎなく、本考案を限定しないものであるが、本考案の要旨を逸脱しない範囲内に加えられる種々の変更、交替及び改良などは、請求の範囲に記載された範疇に属する。

(57)【要約】

【課題】加熱ボイラー内の液体水、水及び水蒸気からなる混合物の衝撃力及び流動速度を効果的に低減し、液体水が加熱され気化する時間を増加し、水が充分に気化することを可能にし、且つ、手間及び材料コストを低減できるとともに、加熱ボイラーが占用する空間を節約でき、精緻化された蒸気美容ヘアケア機を提供する。【解決手段】スプレーガンを含め、スプレーガンに加熱ボイラー1が設けられ、加熱ボイラー内に加熱器11及び水を流通させるための旋回通路12が設けられ、旋回通路の入口及び出口がそれぞれ加熱ボイラーの両端に位置する蒸気美容ヘアケア機であって、旋回通路内にダンパー部材123が設けられ、ダンパー部材がスプリング1231及びスプリングの端部に位置するブロッカー1232を含めている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):