(54)【考案の名称】歯ブラシ構造

(73)【実用新案権者】株式会社ブレッシン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、歯ブラシに関し、特に、その歯ブラシヘッドの両面に、それぞれ、熱可塑性ゴムブラシ部や発泡ゴムブラシ部が設けられる歯ブラシ構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
既存の歯ブラシは、ブラッシング式の歯ブラシであり、ブラッシング式の歯ブラシは、その接触面積が小さいため、清潔効果がよくなく、また、その接触面積が小さいため、歯の美白効果が得られなく、更に、従来の歯ブラシは、一面だけに、ブラッシングが形成されるため、異なる形式のブラッシングを選択できず、そのため、従来の歯ブラシの適用範囲が制限されて、実用的とはいえない。
【0003】
本考案者は、上記欠点を解消するため、慎重に研究し、また、学理を活用して、有効に上記欠点を解消でき、設計が合理である本考案を提案する。

(57)【要約】

【課題】歯を洗浄清潔にする効果が得られ、歯の美白や輝きの効果が実現される歯ブラシ構造を提供する。【解決手段】歯ブラシヘッド10は、第一面11と第二面12があり、歯ブラシヘッド10の第一面11に、熱可塑性ゴムブラシ部20が、一体成型されるか粘着され、歯ブラシヘッド10の第二面12に、発泡ゴムブラシ部30が、一体成型されるか粘着され、熱可塑性ゴムブラシ部20は、複数の行列になるように、先端突出ブロック21に、複数の平らブラシ条22が配置され、発泡ゴムブラシ部30は、一行に、先端突出した複数の条状ブラシ条31が形成され、歯ブラシヘッド10は、電動や手動歯ブラシに適用でき、平らブラシ条22により、歯を磨く時、歯に接触する面積が大きくなり、歯を洗浄清潔でき、発泡ゴムブラシ部30の条状ブラシ条31により、その発泡ゴムの軟質特性に合わせて、歯の美白や輝きの清潔効果が実現される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):