(54)【考案の名称】ランナーの構造

(73)【実用新案権者】雅霖工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はカーテンのランナーの構造に関し、特に一種のランナーの構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
カーテンは一般的に室内インテリアに多く使われており、環境の美化、プライバシーと光を調整できる効果を持つ。
従来のカーテンに含まれるのは一つのカーテンレール、カーテンレールで移動する複数のランナー及び複数のランナーに引っ掛けるカーテンである。
カーテンは複数のランナーによって、カーテンレールの下方に吊るされて開閉できる。
【0003】
従来技術のランナーは通常少なくとも一つのホイールを含み、ランナーはホイールを介してカーテンレールの上でレールに沿って移動できる。
しかし、ホイールの多くはプラスティックあるいは金属などの硬い材質で構成しているため、ホイールとカーテンレールが摩擦する際に摩損が生じ、ランナーの使用寿命が短くなる。
また、ホイールが移動する際に大きな騒音を出すため、ユーザーが大変不快に感じるなどを鑑みて更なる改善をする必要があった。
【0004】

【効果】

【0012】
本考案はソフトホイールの設置により、カーテンレールとの摩擦と摩損を減らすことができるほか、ソフトホイール自体の材質により、カーテンレールの中をローリングする音を小さくすることができるため、使用寿命が長く、音が静か及びカーテンレールの損壊を減らすことができるメリットを具有する。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案のランナーの構造の立体分解図である。
【図2】本考案のランナーの構造の立体組立図である。
【図3】本考案のランナーの構造の断面略図である。
【図4】本考案のランナーの構造の使用状態略図である。
【図5】本考案のランナーの構造の別の使用状態略図である。

【0014】
以下、本考案の構造説明および特徴を、最良実施例と図面を参照しながら詳細に説明する。
添付図は説明のためのものであり、本考案を制限するものではない。
【0015】
図1から図5に示すように、本考案は一種のランナーの構造である。
このランナーの構造10が主に含むのは一つの本体1及び一つのホイール2である。
【0016】
図1から図3に示すように、本体1に含まれるのは一つの筒体11、一つのフック接続部品12及び一つの座13である。
筒体11に一つの開口111を設け、及び開口111内に形成する一つの内壁112を具有する。筒体11は更に一つの枢接部113を具有し、枢接部113は筒体11の底部より複数のフックブロック114を延伸して構成する。
各フックブロック114が囲って間に一つの枢接穴115を形成し、筒体11の頂部に一つの嵌合スロット116を設ける。
該座13は組立式で嵌合スロット116に固接し、つまり座13と筒体11の接続は取り外しが可能である。
【0017】
また、フック接続部品12は筒体11に接続する。
詳細の説明は下記の通りである。
フック接続部品12を該枢接部113に枢接する。
このフック接続部品12に一つの掛設部121、一つの定位ブロック122及び、掛設部121と定位ブロック122の間で一体成型で形成する一つの枢接棒123を具有する。
定位ブロック122は組立式でフックブロック114と掛合し、枢接棒123は枢接穴115に通して枢接する。
つまり、フック接続部品12と筒体11の接続は取り外しが可能である。
【0018】
図1から図3に示すように、ホイール2に含まれるのは一つの接続部品21及び接続部品21の両端に接続する二つのソフトホイール22である。
接続部品21は開口111に通し、且つ筒体11と相対して回転することができる。
その中、各ソフトホイール22はゴム、シリコンなど軟性の材質で構成する。
【0019】
詳細の説明は下記の通り。
接続部品21は二つの端部211を具有し、且つ二つの端部211の内側から二つのリングブロック23を延伸する。
各一つの端部211の外周縁から複数のリング212を延伸し、各一つのソフトホイール22の内周縁に複数のリング溝221を設ける。
各リング212は各リング溝221に対応して嵌合し、各ソフトホイール22は各リングブロック23によって止められて定位に着き、ソフトホイール22を端部211の外周縁に結合する。
【0020】
また、接続部品21は組立式で接続する第一ロッド24及び第二ロッド25で構成する。
第一ロッド24に一つの穴241及び穴241の一端に形成する端縁242を設ける。
第二ロッド25を延伸して一つの挿設部251及び挿設部251の末端に一つの掛合部252を形成する。
第一ロッド24は開口111に通し、挿設部251は穴241に通し、掛合部252は端縁242に掛合することで、第一ロッド24及び第二ロッド25が互いに組み合わさって接続部品21を構成する。
該接続部品21は一つのリング外壁26を具有する。
【0021】
図2及び図3に示すように、本考案のランナー構造10は更に複数のローラー3を含む。
各ローラー3を開口111内に設置し、各ローラー3と接続部品21の軸方向は互いに平行して配置する。
各ローラー3はそれぞれ筒体11と接続部品21の間で支え、且つ各ローラー3は接続部品21の外周縁に配列する。
各ローラー3の両側はそれぞれ内壁112及びリング外壁26に抵触する。
【0022】
図2及び図3に示すのは、本考案のランナー構造10の組立図である。
本体1は筒体11及び筒体11と接続するフック接続部品12を含み、筒体11に開口111を設ける。
ホイール2は接続部品21及び接続部品21の両端に接続するソフトホイール22を含み、接続部品21は開口111を通し、且つ筒体11に相対して回転できる。
よって、ソフトホイール22とカーテンレール100の摩擦を利用して、ホイール2とカーテンレール100との間の摩損を少なくし、ホイール2が移動する際に生じる騒音を小さくできることで、本考案のランナー構造10は使用寿命が長く、静かに開け閉めできるメリットを具有する。
【0023】
図4及び図5に示すのは、本考案のランナー構造10の使用状態図である。
該カーテンレール100は一本の中空の長い棒であり、且つ該軸方向に沿って一つのガイド溝101を設ける。
数個のランナー構造10を順にガイド溝101に通し、且つカーテンレール100に相対して移動できるようにする。
且つ一本の200を使って各座13に通すことで、各ランナー構造10を移動することができる。
また、各掛設部121にカーテン(図に未掲載)を掛設することができる。
【0024】
また、ホイール2はソフトホイール22を通じてカーテンレール100内でローリングする。
且つソフトホイール22はそれ自体の材質により、カーテンレール100との摩擦と摩損を減らすことができるほか、ソフトホイール22自体の材質により、カーテンレール100の中をローリングする音を小さくすることができるため、本考案のランナー構造10は使用寿命が長く、音が静か及びカーテンレール100の損壊を減らすことができるメリットを具有する。
【0025】
更に、接続部品21は二つの端部211を具有し、各端部211の外周縁からリング212及びリングブロック23を延伸する。
各一つのソフトホイール22の内周縁にリング溝221を設け、各リング212は各リング溝221に対応して嵌合する。
各ソフトホイール22は各リングブロック23によって止められて定位に着くことで、ソフトホイール22と接続部品21が安定して結合するため、ホイール2の構造安定性をアップする。
【0026】
また、ソフトホイール22は軟性材質で構成するが、ソフトホイール22の造形はホイール状であるため、厚みが比較的厚く、よってソフトホイール22の構造の強度を高めることができる。
【0027】
そのほか、ランナー構造10は更にローラー3を含み、各ローラー3はそれぞれ筒体11と接続部品21の間で支え、且つ各ローラー3は接続部品21の外周縁に配列する。
よって、ランナー構造10は従来技術の金属ボールの代わりにローラー3を接続部品21のベアリングとして使用した。
ローラー3と筒体11及び接続部品21の間の接触方法はいずれも線での接触にし、該接触面積は従来技術の点での接触より大きいため、ローラー3は応力を分散することができ、筒体11及び接続部品21の摩損を減らし、それによりランナー構造10の使用寿命が延びる。
【0028】
また、接続部品21は組立式で第一ロッド24及び第二ロッド25を接続して構成する。
フック接続部品12は組立式で筒体11と接続し、座13も組立式で筒体11と接続する。
これらの構造によりランナー構造10は更に良い組立及び取り外しの機能を具有し、ランナー構造10の組立及び取り外せる便利性も増すことになる。
【0029】
1 本体
10 ランナー構造
100 カーテンレール
101 ガイド溝
11 筒体
111 開口
112 内壁
113 枢接部
114 フックブロック
115 枢接穴
116 嵌合スロット
12 フック接続部品
121 掛設部
122 定位ブロック
123 枢接棒
13 座
2 ホイール
200 ロープ
21 接続部品
211 端部
212 リング
22 ソフトホイール
221 リング溝
23 リングブロック
24 第一ロッド
241 穴
242 端縁
25 第二ロッド
251 挿設部
252 掛合部
26 リング外壁
3 ローラー

(57)【要約】

【課題】ソフトホイールを使うことでホイールがカーテンレールとの摩損を少なくすると同時に、ホイールが移動する際に生じる騒音を小さくできることで、使用寿命が長く、静かにカーテンを開け閉めできるランナーの構造を提供する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):