(54)【考案の名称】換気扇

(51)【国際特許分類】

F24F 7/007

F24F 7/00 換気

(73)【実用新案権者】西肯創意股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、換気扇に関し、特に卓上に置いて使用される換気扇に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
焼き物は、焼き物レストランでよく見られるほか、一般の家庭にも受け入れられている。焼きオーブンまたは電磁調理器を卓上に置いて食べ物を焼くことには、使用上の利便性がある。しかしながら、食べ物を焼くことは、熱気や油煙が大量に発生するため、油煙をすぐに排出しなければ、匂いに堪えられないのみならず、長期間にわたって蓄積された油あかが環境を汚染してしまうことがある。焼き物による油煙を排出するために、卓上に置いて使用される油煙濾過片が知られているが、従来の卓上型油煙濾過片の値段が高価であり、しかも整理作業の実施が便利ではなく、特に換気扇濾過網の洗浄が容易ではないため、使用寿命が短くなり、一定の時間使用された後、換気の効果が低下することになる。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
そこで、本考案は、卓上に置いて室内の油煙(たとえば焼き物による油煙)を排出し、濾過網の取り外しが容易かつ洗浄可能な換気扇を提供することを目的とする。

【効果】

【0005】
本考案に係る換気扇によれば、構造が簡易であり、洗浄のために濾過網が容易に取り外し可能な効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案に係る換気扇の立体図を示す。
【図2】図1の換気扇の濾過網が分離した立体図を示す。
【図3】図2における濾過網が取り付けられていない換気扇の一部の分解図及び一部の拡大図である。
【図4】図1における換気扇の断面図及び一部の拡大図である。
【図5】図2における濾過網が取り付けられていない換気扇の断面図及び一部の拡大図である。

【0007】
図1ないし図5は、本考案に係る一実施形態の換気扇10を示す。換気扇10は、台座12と、支持ロッド14と、カバー体16と、前蓋18と、濾過網(濾過片)20とを含む。台座12は、例えばテーブルである支持物に置かれ、台座12の頂面には結合部22が設けられている。支持ロッド14は、下端24と上端26とを含み、下端24は、結合部22に枢転可能に結合され、これにより支持ロッド14は、台座12に対して傾動可能である(図示せず)。支持ロッド14の上端26には、係合部28が設けられている。
【0008】
カバー体16は、拡大された前カバー部32が前側から延在し、前カバー部32の前縁34内に開口36が設けられた環状の周囲壁30を含む。周囲壁30内には抽気機38が取り付けられ、抽気機38の内部にはモータの駆動によって回転される羽根40が設けられている。カバー体16の底部から接続部42が下方へ延在し、接続部42は、取り外し可能に接続されるとともにカバー体16が支持ロッド14によって支持されるように、支持ロッド14の係合部28が挿入される接続口44を有する。
【0009】
前蓋18は、カバー体16の前カバー部32に取り外し可能に蓋合され、濾過網20が取り付けられる。この実施例において、前蓋18は、環状の外枠46と、前記外枠46内に係合され、複数の溝孔50を有する内網部48とを含む。外枠46の形状及び寸法はカバー体16の前カバー部32の前縁34に対応し、外枠46のカバー体16に対向する裏面には離間した係止耳52が複数設けられている。前蓋18がカバー体16の前カバー部32に蓋合された場合、各係止耳52は、前カバー部32の前縁34(図4参照)に係止される。さらに、外枠46の内周縁54には複数の凹部56が設けられている。
【0010】
換気扇10は、前蓋18の内網部48の前側に結合され内網部48と分離することで、前蓋18の内網部48との間に濾過網20を収容するスペース60を有するストッパー58をさらに含む(図5参照)。ストッパー58は、環部62と、環部62の周囲から外方へ延在した複数の脚部64とを含む。各脚部64の外端には、外枠46のいずれか1つの凹部56に対応して係合することで、ストッパー58が前蓋18に取り外し可能に結合される結合槽66が設けられている。一つの実施例において、ストッパー58は、前蓋18の前側に一体に結合されている。
【0011】
濾過網20は、油煙の濾過に適する材料からなる。濾過網20の形状および寸法は、前蓋18の内網部48に対応している。濾過網20がストッパー58と内網部48との間のスペース60に置き入れられた場合、濾過網20は、カバー体16の開口36の前側に位置決められる。
【0012】
本考案に係る換気扇10によれば、使用上、台座12を卓上に置いて抽気機38の羽根40を起動させた後、、羽根40の吸引力により焼き物による油煙を排出し、室内の空気の清らかさを保つことができる。さらに、換気扇10の濾過網20は、洗浄作業のために、取り付けが容易かつ簡単に取り外し可能に設けられている。具体的には、濾過網20の取り付け及び位置決めを前蓋18により行うことで、濾過網20の換気扇10への取り付けはさらに容易となる。濾過網20を洗浄のために取り外した場合、前蓋18の係止耳52を捻って前カバー部32から離脱させることで、前蓋18をカバー体16から分離させることができる。その後、ストッパー58を前蓋18から取り外すことで、濾過網20を取り出して洗浄することができるため、操作上極めて便利である。
【0013】
上記のように、これらの実施の形態は本考案の好ましい実施例のみであり、本考案の特許請求の範囲に基づいてなされる等価の変更や修飾は、本考案の技術範囲に入るものである。
【0014】
以上のように、本考案では、台座と、上端と該台座に結合された下端とを含む支持ロッドと、前縁に開口が設けられた前カバー部が前側から延在した周囲壁を含み、内部に抽気機が設けられ、底部に接続部が設けられ、前記接続部が前記支持ロッドの上端に結合されたカバー体と、カバー体の前カバー部に取り外し可能に蓋合され、環状の外枠と前記外枠に結合された内網部とを含み、前記外枠の前記カバー体に対向する裏面には離間した係止耳が複数設けられ、各係止耳が前記前カバー部の前縁に係止された前蓋と、前記前蓋に取り外し可能に結合された濾過網と、を備えることを特徴とする換気扇とするものである。
【0015】
また、前記前蓋の内網部の前側に結合され前記内網部と離間し、前記内網部との間にスペースを有し、前記濾過網が前記スペースに収容され前記カバー体の開口の前側に位置するストッパーをさらに含むものとする。
【0016】
また、前記外枠の内周縁には複数の凹部が設けられ、前記ストッパーは、環部と、前記環部の周囲から外方へ延在する複数の脚部とを含み、各脚部の外端には、前記外枠のいずれか一つの凹部に係合されることで前記ストッパーが前記前蓋に取り外し可能に結合される結合槽を有するものとする。
【0017】
また、前記台座の頂面に結合部が設けられ、前記支持ロッドの下端は前記結合部に枢転可能に結合されることで前記支持ロッドが前記台座に対して傾動可能であるものとする。
【産業上の利用可能性】
【0018】
本考案に係る換気扇によれば、構造が簡易であり、洗浄のために濾過網が容易に取り外し可能な効果を有する。
【0019】
10 換気扇
12 台座
14 支持ロッド
16 カバー体
18 前蓋
20 濾過網
22 結合部
24 下端
26 上端
28 係合部
30 周囲壁
32 前カバー部
34 前縁
36 開口
38 抽気機
40 羽根
42 接続部
44 接続口
46 外枠
48 内網部
50 溝孔
52 係止耳
54 内周縁
56 凹部
58 ストッパー
60 スペース
62 環部
64 脚部
66 結合槽


(57)【要約】

【課題】構造が簡単で、洗浄のために濾過網が容易に取り外し可能な換気扇を提供する。【解決手段】台座12と、台座12に結合された支持ロッド14と、支持ロッド14の上端に結合されたカバー体16と、前蓋18と、濾過網20とを含む。カバー体16内部には抽気機が設けられている。カバー体16は、前縁に開口が設けられた前カバー部32が前側から延在した周囲壁30を含む。前蓋18は、外枠46と、外枠46内に結合された内網部48とを含み、外枠46の後表面には離間した係止耳が複数設けられ、各係止耳はカバー体16の前カバー部32の前縁に係止されることで、前蓋18及びカバー体16は取り外し可能に結合されている。全蓋の内網部の前側にはストッパー58が結合されており、ストッパー58と前蓋18の内網部との間にはスペースが設けられている。濾過網20は前記スペース内に取り外し可能に収容されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):