(54)【考案の名称】綜絖

(51)【国際特許分類】

D03C 9/02 ・そうこう

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は機織り機の綜絖に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の機織り機において、縦糸の整経は複雑な工程であるために一般の愛好者は挫折することが多い原因になっている。又一度機械に装着したら織り上がるまでは取り外すことはできない欠点もある。これらの欠点を解消するために考案された綜絖。
【0003】
なし
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
縦糸の複雑な整経工程を簡単にするために考案したのである。

【効果】

【0006】
縦糸を綜絖の上から乗せる構造にしたので、整経がとても楽になった、結果途中でも取り外し又再度取り付けて織ることが可能となった。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 従来の縦糸と綜絖の図
【図2】 本考案の綜絖を後方に倒した図
【図3】 本考案の綜絖を前方に倒した図
【図4】 本考案の仕切り板の詳細図
【図5】 本考案の綜絖の外観図

【0008】
図4 に示した如く中心の下端に支点を持つ仕切り板(1)の左端にスペーサーを兼ねた板を付けたものである、その板の先端は縦糸ガイド(A)となっている。
この縦糸ガイド(A)の構造は左側の図の如くピン(E)でも同じ効果がある。
この仕切り板(1)と対称の右側に縦糸ガイド(B)を付けた仕切り板(2)を1組として、図5 の如く複数組を積み重ねた構造の綜絖。
【0009】
(1) 左側に縦糸ガイドを持つ仕切り板
(2) 右側に縦糸ガイドを持つ仕切り板
(A) 縦糸ガイド
(B) 縦糸ガイド
(C) 仕切り板の支点
(G) 縦糸
(E) ピン

(57)【要約】

【課題】機織り機において、縦糸の複雑な工程を簡単にする綜絖を提供する。【解決手段】仕切り板1に縦糸ガイドAを左端に、仕切り板2に縦糸ガイドBを右端に付けたものを1組として複数組み立てる。縦糸を綜絖の上から乗せる構造にしたので、整経がとても楽になり、結果途中でも取り外し又再度取り付けて織ることが可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):