(54)【考案の名称】螺旋形ルアー

(73)【実用新案権者】グローブライド株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、魚釣りで使用する螺旋形ルアーであって、特に魚の餌となる糸ミミズ等の虫に似せた疑似餌となる螺旋形ルアーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、魚の餌となる小魚や虫などに似せた疑似餌が使用されている。その疑似餌の中に、魚の餌となる糸ミミズ等の螺旋状に動く虫に似せた螺旋形ルアーがある(図7参照)。従来の螺旋形ルアーとしては、特許文献1、特許文献2、特許文献3などが開発されている。
【0003】
特許文献1の螺旋形ルアーは、仮想軸に対して傾斜し、一定の幅をもった螺旋を前記の仮想軸の周りに金属等で形成する。螺旋のピッチは終端に向かって大きくなる構成である。この螺旋形ルアーは、多毛類等の虫に類似した形状で、水の抵抗によってルアーが水中で踊り、光が反射して集魚性が良いルアーである。
【0004】
特許文献2の螺旋形ルアーは、弾力性を有する金属線ワイヤーの少なくとも中間部が螺旋状に形成される。そのワイヤーにビーズを連続して固定した棒状構造である。集魚性に優れたルアーである。前記のワイヤーの一端に釣針を付け、ワイヤーの他端に撚り戻しを介してライン(釣り糸)を連結する。
【0005】
特許文献3の螺旋形ルアーは、プラスチック製の棒状体を少なくとも螺旋状に形成した棒状構造のルアーである。集魚性に優れたルアーである。前記の棒状体の一端に釣針を付け、棒状体の他端に撚り戻しを介してラインを連結する。

【0006】

【効果】

【0016】
第一の考案によれば、回転速度を変化させたり、回転によって色や光が変化させたりすることが容易な螺旋形ルアーを提供することができた。

【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】第一の実施形態に係る螺旋形ルアーの斜視図である。
【図2】第一の実施形態に係る螺旋形ルアーの部分拡大図である。
【図3】第一の実施形態に係る螺旋形ルアーが回転する原理を示す図である。
【図4】第一の実施形態に係る螺旋形ルアーの使用状態を示す図である。
【図5】第二の実施形態に係る螺旋形ルアーの斜視図である。
【図6】(a)は第三の、(b)は第四の実施形態に係る螺旋形ルアーの斜視図である。
【図7】第五の実施形態に係る螺旋形ルアーの斜視図である。
【図8】従来技術を示す斜視図である。

【0018】
以下、本考案の実施形態について図面(図1から図7)を参照して説明する。
本実施形態に係る螺旋形ルアー10は、仮想の中心軸の両端をつなぐ芯材20と、その芯材20を中心として周囲を旋回するように配置し、かつ両端を前記の芯材20に連結した螺旋状部材30と、を備えている。
また、ライン50と芯材20との間に第一撚り戻し部材11およびストッパとしてのビーズ13を備える。
【0019】
芯材20は、直線状の棒状体であり、本実施形態では、バネ用ステンレス線材のように、錆びにくく、延びにくい材料を使用する。芯材の材質としては、このほか、ピアノ線、樹脂、超弾性材料(形状記憶合金、形状記憶樹脂)、木材などがある。また、本実施形態では、芯材20の後端は折り返されてループを形成しており、芯材20の先端は折り返されてループを形成している。
【0020】
螺旋状部材30は、芯材20を中心として周囲を旋回するように配置する。しかも、螺旋状部材30における一端を芯材20の後端側へ例えば溶接にて連結し、螺旋状部材30における他端を芯材20の先端側へ例えば溶接にて連結する。水流を受けて回転するように螺旋状に旋回していれば良く、材料や形状は特に限定されない。たとえば、防水紙、木などがある。
【0021】
螺旋状部材30は、本実施形態では、錆びにくいステンレス板材を用いて、図1に示すように、水流を受けて回転するように、芯材20を中心として周囲を螺旋状に旋回した螺旋状板材31で形成している。
なお、螺旋状部材30と芯材20との関係は、互いに回転しないように固定する場合、互いに回転できるように軸支持する場合、螺旋状部材(30)の一端のみを芯材(20)へ固定する場合などがある。それぞれに特徴があるので、釣り人が好みで選択すればよい。
【0022】
螺旋状部材30は、図2に示すように、図1における螺旋状板材31に対して直交する抵抗板32を断面T字形状となるように、例えば溶接にて固定することができる。この場合、螺旋状部材30は、抵抗板32における上流側の面である回転面が水流を受けるので、よりいっそうスムーズに回転する。
なお、回転面を備える抵抗板32は、螺旋状板材31とは別部材を固定するのではなく、螺旋状板材31と一体に形成してもよい。
また、抵抗板32は平板に限らない。たとえば、螺旋状板材31の螺旋方向に合わせるようにねじり(湾曲)をなすようにしてもよい。魚から見た場合に抵抗板32へ反射する光が変化すると、集魚効果を高める可能性がある。
【0023】
螺旋状部材30は、錆びにくいステンレスのパイプ材を用いてもよい。その場合、パイプ材の両端は、潰して平面状の端部を形成する。その端部は、芯材20に例えば溶接にて連結することができる。螺旋状部材としてパイプ材を採用しても、芯材20を中心として周囲を螺旋状に旋回するように形成しているので、水流を受けて回転する。
【0024】
芯材20におけるライン側の端部には、第一撚り戻し部材11を介してライン50を連結することが望ましい。すなわち、螺旋状部材30が水流によって回転する際に、ライン50が撚らないようにするためである。本実施形態では、芯材20の後端のループ21に第一撚り戻し部材11を連結している。
【0025】
芯材20における釣り針40側の端部にも、第二撚り戻し部材12およびストッパ13を介して釣針40を連結することが望ましい(図5(a)および(b))。すなわち、螺旋状部材30が水流によって回転する際に、釣針40が回転しないようにするためである。通常、芯材20の端部に形成したループへ第二撚り戻し部材12を連結する。
【0026】
次に、本実施形態の螺旋形ルアー10における作用を説明する。
ライン50に、第一撚り戻し部材11およびビーズ13を介して螺旋形ルアー10における芯材20の後端のループを連結する。一方、螺旋形ルアー10における芯材20の先端のループへ釣針40を連結する(図5に示す実施形態では第二撚り戻し部材12を介する)。
【0027】
釣竿から垂れたライン50に上記のように連結した螺旋形ルアー10を水中へ投げ込んで魚釣りを行う。リールを回転してライン50を巻いて引っ張ると、螺旋形ルアー10が引っ張られる。螺旋形ルアー10は水の抵抗を受けるために螺旋状部材30が回転する。すなわち、螺旋状部材30および芯材20は、第一撚り戻し部材11(図5に示す実施形態では第二撚り戻し部材12も)との間で回転するのでライン50は撚らない。釣針40も回転しない。
【0028】
水中で回転しながら移動する螺旋状部材30は、魚にとって糸ミミズのような餌に見えるために魚が捕食行動を取る。魚が螺旋形ルアー10に食いついてかかったり、ついばんだりする。この時、螺旋形ルアー10に引っ張り力が作用するが、芯材20があるので螺旋状部材30の螺旋形状が崩れて延びることはない。
また、ライン50を投げたり、リールにて巻いたりする動作を繰り返すと、螺旋形ルアー10に遠心力が作用するが、芯材20があるので螺旋状部材30の螺旋形状が崩れて延びることはない。
【0029】
図5(a)および(b)は、前述のように、芯材20における釣り針40側にも、第二撚り戻し部材12およびストッパ13を介して釣針40を連結した実施形態である。
図5(a)では芯材20における釣り針40側に第二撚り戻し部材12およびストッパ13を連結しているが、図5(b)では、芯材における端部を第二撚り戻し部材12とストッパ13とで挟むように配置し、釣針40を連結している。
【0030】
図6(a)に示す実施形態は、螺旋状板材31におけるライン50側の端部に設ける芯材20を貫通させる孔を、螺旋状板材31における長手方向に沿った長孔32としたものである。
この実施形態によれば、長孔の距離分だけ、螺旋状板材31における螺旋を形成している部分の長さが変化することができる。ライン50の操作によって螺旋状板材31が回転した際に、螺旋を形成している部分の長さが変化するので、バリエーションに富んだ動きをさせることが可能となる。
【0031】
図6(b)に示す実施形態は、芯材として直線形のものに代わり、螺旋状板材31よりも小さな螺旋を描く螺旋形状の芯材21を採用している。
ライン50の操作によって螺旋状板材31が回転した際に、螺旋形状の芯材21が回転するとは限らないが、直線上の芯材20と異なった見え方があり得るため、集魚効果に変化をもたらすことが可能である。
【0032】
図7に示す実施形態は、芯材20の長手方向に対して二つの螺旋状部材30,30Aを備えた螺旋形ルアーである。
ライン50側に位置させた螺旋状部材30と、釣り針40側に位置させた螺旋状部材30Aでは、螺旋状板材31の材質、寸法、巻き数などが同じであるが、巻き方向を異ならせている。
【0033】
また、図1などの実施形態にて示した抵抗板32を、それぞれ備えている。ただし、螺旋状板材31の全長に渡って抵抗板32を図示していない。螺旋状板材31の全長に渡ってではなく、その一部に抵抗板32を備えた螺旋形ルアーを提供することもできることを示している。
ただし、螺旋状板材31の全長に渡って抵抗板32を備えた螺旋形ルアーが、この実施形態において採用できない、ということではない。
【0034】
この実施形態によれば、二つの螺旋状部材30,30Aが異なる方向へ回転することとなり、しかも部分的に設けられた抵抗板32による不規則な反射光などによって、前述してきた実施形態とは異なる集魚効果が期待できる。
【0035】
巻き方向のみが異なる二つの螺旋状部材30,30Aを備えた螺旋形ルアーを説明したが、二つに限られるわけではなく、三つ以上でもよい。
また、複数の螺旋状部材30,30Aを連続させて配置した実施形態を説明したが、複数の螺旋状部材30,30Aの間に別部材、たとえばビーズや釣り針を配置してもよい。

【産業上の利用可能性】
【0036】
本考案は、釣り具の製造業、販売業またはレンタル業、アウトドアスポーツのインストラクター事業などにおいて、利用可能性を有する。

【0037】
10; 螺旋形ルアー
11; 第一撚り戻し部材 12; 第二撚り戻し部材
13;ビーズ(ストッパ)
20; 芯材(直線形) 21; 芯材(螺旋形)
22; 長孔
30; 螺旋状部材 30A;螺旋状部材(逆巻き)
31; 螺旋状板材 32; 抵抗板(回転面)
40; 釣針
50; ライン(釣り糸)

(57)【要約】

【課題】回転速度を変化させたり、回転によって色や光を変化させたりすることが容易な螺旋形ルアーを提供する。【解決手段】ライン50へ接続されるとともに、そのライン50とは反対端へ釣り針40を固定するルアーである。そのルアーは、仮想の中心軸を中心として周囲を旋回するように配置し、かつ両端を前記の芯材20に連結した螺旋状部材30と、その螺旋状部材30におけるライン50側からの水流を受けて螺旋状部材30を回転させる水流を作り出す回転面を備えた羽根部材(たとえば抵抗板)と、を備える。抵抗板は平板に限られず、湾曲していてもよい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):