(54)【考案の名称】電熱式ヘアカーラー装置

(73)【実用新案権者】英橋國際開發有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、操作性が高く、髪を傷めない手持ち式の直流電流方式の電熱式ヘアカーラー装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
現在市場には電熱方式によりヘアを成型させる手持ち装置が多く出回っている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、これらの公知の手持ち式ヘア成型装置は皆ヘアに電熱素子が直接接触するため、容易に髪を傷付けた。多くの従来の技術による手持ち式ヘア成型装置は上下2つの柄を有する設計を採用するが、但しこの設計では柄の把持できる部位のサイズを制限してしまい、これが加熱部位のサイズの制限に繋がり、重量の分配が最適化された手持ち式ヘア成型装置を設計するには不利であった。このほか、これらの手持ち式ヘア成型装置には、使用者が操作する上での利便性に改善の余地が大いにある。
【0004】
また、これら手持ち式ヘア成型装置の多くは交流電源を採用するが、電磁波を発生させて使用者に集中させ、傷害を与える心配もある。さらには、これら手持ち式ヘア成型装置は交流電源を脱離させることが出来ず、どこでも使用出来るわけではない。
【0005】
そこで、本考案者は上記の欠点が改善可能と考え、鋭意検討を重ねた結果、合理的かつ効果的に課題を改善する本考案の提案に到った。
【0006】
さらに、本考案は、このような従来の問題に鑑みてなされたものである。上記課題解決のため、本考案は、操作性が高く、髪を傷付けない手持ち式の直流電流方式の電熱式ヘアカーラー装置装置を提供することを主目的とする。

【効果】

【0012】
本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置は操作性が高く、髪を傷付けない、直流電流方式の手持ち式電熱式ヘアカーラー装置であり、使用者がどこでも使用できる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の第1実施形態による電熱式ヘアカーラー装置装置を示す外観斜視図である。
【図2】本考案の第1実施形態による電熱式ヘアカーラー装置装置の毛髪巻き部の部材、素子を示す展開図である。
【図3】本考案の第1実施形態による電熱式ヘアカーラー装置装置の毛髪巻き部の末端を示す側面図である。
【図4】本考案の第1実施形態による電熱式ヘアカーラー装置装置を示す機能模式図である。

【0014】
本考案における好適な実施の形態について、添付図面を参照して説明する。尚、以下に説明する実施の形態は、実用新案登録請求の範囲に記載された本考案の内容を限定するものではない。また、以下に説明される構成の全てが、本考案の必須要件であるとは限らない。
【0015】
(第1実施形態)
図1は本考案の第1実施形態による電熱式ヘアカーラー装置装置1を示す外観斜視図である。図2は本考案の第1実施形態による電熱式ヘアカーラー装置装置1の毛髪巻き部104の部材、素子を示す展開図である。図3は本考案の第1実施形態による電熱式ヘアカーラー装置装置の毛髪巻き部104の末端を示す側面図である。図4は本考案の第1実施形態による電熱式ヘアカーラー装置装置1を示す機能模式図である。
【0016】
以下、本考案の実施形態について、図1乃至図4を参照しながら説明する。本考案に係る一実施形態による電熱式ヘアカーラー装置装置1は、ケース10、筒状部材12、回転キット14、モーター16、周囲部材18、第一電熱素子20、第二電熱素子22、電源装置24、及び制御ユニット26を備える。
【0017】
なお、ケース10は、グリップ102及び毛髪入れ部104を備える。グリップ102には長軸方向Lが定義される。従来の技術の手持ち式ヘア成型装置との違いは、本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置1には1つの柄のみの設計を採用し、即ち1つのグリップのみを有する点である。
【0018】
毛髪入れ部104は保護板106、周辺107、及び切欠き部108を有する。保護板106はグリップ102の先端に形成されると共に中心方向Cが定義され、且つ中心方向Cは長軸方向Lに大体垂直になる。周辺107は保護板106から延伸されると共に中心方向Cを包囲させる。前記切欠き部108は周辺107に形成される。
【0019】
また、筒状部材12は保護板106に設置されると共に中心方向Cの箇所に位置される。回転キット14は毛髪入れ部104に内設されると共に筒状部材12の先端に隣接される。モーター16は毛髪入れ部104に内設されると共に回転キット14に操作可能に連結される。周囲部材18の輪郭は周辺107に対応し、且つ保護板106に設置されると共に周辺107の内側に位置される。
【0020】
第一電熱素子20は筒状部材12内に装設されると共に筒状部材12に熱結合される。第二電熱素子22は周囲部材18に内設されると共に周囲部材18に熱結合される。電源装置24はグリップ102に内設される。制御ユニット26はグリップ102に内設され、且つモーター16、第一電熱素子20、及び第二電熱素子22にそれぞれ電気的に接続される。
【0021】
使用者は片手でグリップ102を握り、保護板106を自分に向け、もう片方の手で一定の適当量のヘアHを引っ張り切欠き部108を通過させて筒状部材12と周囲部材18との間の空間Sに入れる。使用者は本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置を操作し、他の人のヘアのカールを成型させることもできる。
【0022】
なお、前記一定のヘアHを筒状部材12と周囲部材18との間の空間Sに入れると、制御ユニット26は命令を受信した後かトリガー信号を受信した後に、モーター16を制御させて設定された方向に回転させ、回転キット14を連動させて切欠き部108の箇所に近接するヘアHを筒状部材12に止着させ、さらに回転させることで前記一定のヘアHを止着された部分から末梢部分まで徐々に空間Sに引き入れ、筒状部材12の自由端の方向に向けて筒状部材12に巻回させる。モーター16は、所定の巻き数に到達するまで回転した後か、或いは抵抗力が閾値に達した後に回転を即時停止するように設定される。
【0023】
次に、制御ユニット26により第一電熱素子20及び第二電熱素子22を制御させて設定時間内に設定温度に達するまで発熱を行い、続いて筒状部材12に巻回された前記一定のヘアHの成型を行う。モーター16及び回転キット14は前記一定のヘアHに対して引張力をかけない。実際には、前記一定のヘアHは筒状部材12と周囲部材18との間の空間S内を包囲させる。これにより、空間S内を包囲させる前記一定のヘアHは熱により成型され、外力で引っ張られないため髪を傷めない。前記一定のヘアHの成型を完成させた後、制御ユニット26は回転キット14を制御させて前記一定のヘアHを脱離させ、前記一定のヘアHは筒状部材12と周囲部材18との間の空間Sから容易に脱離できる。
【0024】
電源装置24は、モーター16、第一電熱素子20、第二電熱素子22、及び制御ユニット26に動作に必要な電力を給電させる。
【0025】
好ましい実施態様において、電源装置24は充電池を備える。このため、使用者は本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置1を使用する場合、交流電源に制限されないためどこでも使用可能になる。また、本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置1に採用される充電池から供給される電圧は安全な直流電圧の範囲内であり、電磁波を発生させないため人体に有害ではない上、感電の危険もない。
【0026】
好ましい実施態様において、電源装置24は外部の交流電源への接続に用いられるコネクター32を更に備える(図3参照)。本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置装置1におけるモーター16、第一電熱素子20、第二電熱素子22等の部材は全て直流電圧で駆動し操作される。
【0027】
また、本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置装置1はトリガー素子28を更に備える。トリガー素子28は切欠き部108の箇所に設置されると共に制御ユニット26に電気的に接続される。前記一定のヘアHが切欠き部108を通過させて筒状部材12と周囲部材18との間の空間Sに入ると、トリガー素子28がトリガーされてトリガー信号が制御ユニット26に発信される。制御ユニット26はトリガー信号に基づいてモーター16を制御させて前記回転キット14を連動させ、前記一定のヘアHを筒状部材12に止着させ、さらに回転させることで筒状部材12に巻回させ、且つ第一電熱素子20及び第二電熱素子22を制御させて発熱を行わせ、筒状部材12に巻回された前記一定のヘアHの成型を行う。実際の応用では、制御ユニット26がトリガー信号を受信し制御を行った後、一定時間(約数秒)遅延した後にモーター16の制御を開始する。
【0028】
好ましい実施態様において、トリガー素子28はマイクロスイッチ、光検知器、或いは他の切欠き部108の箇所に設置するのに適したトリガー素子である。
【0029】
なお、本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置装置1は温度感知器36を更に備える。温度感知器36は空間Sに内設されると共に制御ユニット26に電気的に接続される。本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置1の操作時には、温度感知器36が空間S内の温度を感知させ、感知された温度に基づいて温度信号を制御ユニット26に発信させる。制御ユニット26は温度信号に基づいて第一電熱素子20及び第二電熱素子22の動作を制御させる。
【0030】
好ましい実施態様において、第一電熱素子20はセラミック電熱素子、ポリイミドサーモフィルム、シリコンサーモフィルム、電熱シート素子、或いは筒状部材12に内設される他の商用の電熱素子である。セラミック電熱素子は金属線をセラミック基材内に埋設させる電熱素子である。ポリイミドサーモフィルムは金属線をポリイミドフィルム内に埋設させる電熱素子である。シリコンサーモフィルムは金属線をシリコンフィルム内に埋設させる電熱素子である。電熱シート素子は金属細線或いは金属糸を紡績技術で紡績した電熱素子である。
【0031】
好ましい実施態様において、第二電熱素子22はセラミック電熱素子、ポリイミドサーモフィルム、シリコンサーモフィルム、電熱シート素子、或いは周囲部材18に内設される他の商用の電熱素子である。
【0032】
本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置装置1は制御座30を更に備える。制御座30はグリップ102に設置されると共に制御ユニット26に電気的に接続される。使用者は制御座30により命令を制御ユニット26に入力させる。制御ユニット26はトリガー信号及び命令に基づいてモーター16を制御させて回転キット14を連動させ、前記一定のヘアHを筒状部材12に止着させて回転させることで筒状部材12に巻回させ、且つ第一電熱素子20及び第二電熱素子22を制御させて発熱を行わせ、筒状部材12に巻回された前記一定のヘアHの成型を行う。
【0033】
なお、本考案に係る電熱式ヘアカーラー装置装置1は表示装置34を更に備える。表示装置はグリップ102に設置されると共に制御ユニット26に電気的に接続される。制御ユニット26は表示信号を表示装置34に出力させる。表示装置34は制御ユニット26から伝送された表示信号を表示させる。
【0034】
以上、本考案の実施形態について図面を参照して詳述したが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、本考案の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等も含まれる。
【0035】
1 電熱式ヘアカーラー装置
10 ケース
102 グリップ
104 毛髪入れ部
106 保護板
107 周辺
108 切欠き部
12 筒状部材
14 回転キット
16 モーター
18 周囲部材
20 第一電熱素子
22 第二電熱素子
24 電源装置
26 制御ユニット
28 トリガー素子
30 制御座
32 コネクター
34 表示装置
36 温度感知器
L 長軸方向
C 中心方向
S 空間
H ヘア

(57)【要約】

【課題】操作性が高く、髪を傷付けない手持ち式の直流電流方式の電熱式ヘアカーラー装置を提供する。【解決手段】ケース、筒状部材12、回転キット14、モーター16、周囲部材18、第一電熱素子20、第二電熱素子22、及び制御ユニットを備える。ケースはグリップ及び毛髪入れ部を含む。筒状部材12及び周囲部材18は毛髪入れ部に内設される。一定のヘアが毛髪入れ部の切欠き部を通過して筒状部材と周囲部材との間の空間に入ると、制御ユニットはモーター16を選択的に制御して回転キット14を連動させてヘアを筒状部材12に巻回させ、且つ第一電熱素子20及び第二電熱素子22を発熱させ、筒状部材12に巻回されたヘアの成型を行う。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):