(54)【考案の名称】ワーム固定構造

(51)【国際特許分類】

A01K 85/00 擬似餌

(73)【実用新案権者】株式会社ヤマリア

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はワーム固定構造の改良に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に、ルアーフィッシングにおいては、合成樹脂製又はラバー製のワームが釣針やジグヘッドに装着されて使用される場合がある。ジグヘッドは、錘部と錘部に固定されたJ字状の針部とからなり、ワームを針部に刺して固定することにより使用されている。
【0003】
このようなワームをフックに固定する場合、単に、針部にワームを突き刺しただけでは脱落のおそれがあることから、より確実にワームを固定するために、
例えば、アジ用又はメバル用のジグヘッドの場合には、針部の胴部に溶融した合成樹脂を少量付着させて球状に固化形成してワーム固定部を形成していた。
【0004】
しかしながら、このように、針部に合成樹脂を付着させてワーム固定部を形成する場合には、溶融した合成樹脂を針部に盛り付けて固化させる必要があり、多数の、ワーム固定部が装着されたジグヘッドを製造する場合には、樹脂の硬化に時間がかかることから合成樹脂の固化作業が煩雑であると共に、多数の製品において均一な形状のワーム固定部を形成することが困難であり、さらに、釣りの際にワームに喰いついた魚が引っ張ったような場合には、針部に形成されたワーム固定部が針部から剥離して脱落してしまう場合もある、という欠点があった。
【0005】
また、固化した合成樹脂は球状になることから、周面は丸みを帯びることになりワームを装着した場合であっても、しっかりと係合できず、僅かな引張力が作用した場合であってもワームが抜けて脱落しやすい、という欠点もあった。
また、従来、糸状の金属製線材をジグヘッドの針部の胴部にスパイラル状に巻き付けてワームの固定構造を形成したジグヘッドもあった。
しかしながら、このようなワーム固定構造にあっては、金属製線材は円弧を描いて連設されるものであり、輪郭形状は丸みを帯びることから、上記同様に、ワームを装着した場合に抜けやすく脱落してしまう場合がある、という欠点があった。
【0006】
そこで、従来、例えば、特許文献1には、釣針の軸部に凸部を設け、上記凸部に接頭円錐台形状の固定部を取り付けるワーム固定構造が提案されていた。このような従来のワーム固定構造の場合には、ワームは凸部に係合固定されることから、引っ張られた場合であっても簡単に抜け落ちる可能性は低い。
しかしながら、この様な従来のワーム固定構造にあっては、固定部の脱落を防止するために、軸部に凸部が形成された針を準備する必要があり、ジグヘッドの製造コストが嵩む、という不具合があった。

【効果】

【0013】
請求項1記載の考案にあっては、接着剤により可撓性を有する直円筒状チューブ材が針に固定されてワーム固定構造が形成されることから、溶融した合成樹脂を針部に盛り付けて固化させる作業が煩雑である、という従来のワーム固定構造の欠点を解消することができ、ワーム固定部の形成作業を容易かつ迅速に行うことができる。
【0014】
また、請求項1記載の考案にあっては、軸部に凸部が形成された針を準備する必要もないことから、ワームの固定構造の製作コストを低減することが可能となる。また、上記チューブ材は可撓性を有することから、針先部から挿通させた場合であっても、釣り針の湾曲形状に沿って変形するため容易に装着することができる。
【0015】
さらに、本考案にあっては、あらかじめ準備された合成樹脂製のチューブを接着剤により針部に固定するように構成されていることから、多数の製品、例えば、均一な形状のワーム固定構造を有する多数のジグヘッド又はフックを容易に製造することができる。
【0016】
請求項2記載の考案にあっては、上記接着剤は瞬間接着剤であることから、上記チューブを瞬時にかつ強力に針の軸部に固定することができる。また、チューブは瞬間接着剤により強力に軸部に固定されていることから、例えば、ワームに喰いついた魚が引っ張る等、釣りの過程において様々な力が作用した場合であっても、チューブ材からなるワーム固定部が軸部から剥離することはない。
【0017】
請求項3記載の考案にあっては、上記直円筒状チューブ材は長尺のチューブを所定寸法に亘って径方向に切断して形成されていることから、直円筒状チューブ材からなるワーム固定部を容易に作成することができる。
【0018】
請求項4記載の考案にあっては、上記直円筒状チューブ材は、端面部と周面部とが直角又は鋭角を以て形成されていることから、ワームが装着された場合にはチューブの端縁部にワームがしっかりと係合するため、脱落しにくいワームの固定構造を提供することができる。
【0019】
請求項5記載の考案にあっては、上記チューブ材は、合成樹脂製又はゴム製であることから可撓性に富み、針又はジグヘッドの針部に容易に装着することができる。
請求項6記載の考案にあっては、針部と上記針部の後端部に設けられた錘部とを備えたジグヘッドの針部に合成樹脂製のチューブを接着剤により固定するように構成されており、ジグヘッドの針部に容易かつ迅速に、均一の形状のワーム固定部を備えたワーム固定構造を形成することができる。

(57)【要約】

【課題】ワームが脱落しにくいと共に容易に形成することが可能なワーム固定構造を提供する。【解決手段】釣り針12にワーム20を固定するためのワーム固定構造であって、釣り針に、可撓性を有する直円筒状チューブ材15を挿入し接着剤により固定してワーム固定部24を形成し、ワーム固定部にワームを固定する。接着剤は瞬間接着剤であり、チューブ材は、端面部と周面部とが直角又は鋭角を以て形成され、合成樹脂製又はゴム製であることが好ましい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):