(54)【考案の名称】ラベル

(73)【実用新案権者】大阪シーリング印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、単に商品の表面に貼付けられ、商品情報を平面上に掲示するラベルのみならず、ラベルが商品から突出して強くアイキャッチ効果を発揮するラベルが提案されている。例えば、特許文献1に記載のラベルは、「ラベルの一部を起立して立体的に表示できるので、宣伝広告媒体としての機能が向上」すると記載されている。
【0003】
しかし、このラベルは商品から突出しているため、ラベルを貼った商品同士を積み重ねて保管や輸送をすることは困難である。そのため、予めラベルを貼り付けておくことができず、売り場等で1つずつ貼り付ける使用方法にしか対応できない。
【0004】
そこで、例えば特許文献2のように、収納時には折りたためる構造のラベルも提案されている。特許文献2によれば、このラベルは、「立体表示部と、立体表示部の裏面側に延出されて係止される支持部とが、それぞれ折り目線により平面状に折り畳み可能になっているため、この組立式立体ラベルを上記の取付部によって物品に取り付けた状態で、上記の立体表示部と支持部とを平面状に折り畳んで、この組立式立体ラベルを平面状にすることができ、この組立式立体ラベルを物品に取り付けた状態で、ケース等に収納させたりすることが簡単に行える」と記載されている。
【0005】

【効果】

【0027】
本考案によれば、ラベルを貼り付けた商品を容易に収納箱詰め等が可能なラベルであって、使用時にはどの方向にも突出させて使用できる立体ラベルを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0028】
【図1】第1の実施形態に係るラベルの平面図である。
【図2】同ラベルの模式断面図である。
【図3】同ラベルの貼付け状態における斜視図である。
【図4】同ラベルを商品に貼付けた状態の斜視図である。
【図5】第2の実施形態に係るラベルの模式断面図である。
【図6】第3の実施形態に係るラベルの模式断面図である。
【図7】第4の実施形態に係るラベルの模式断面図である。
【図8】シート状に形成した同ラベルの平面図である。
【図9】第5の実施形態に係るラベルの模式断面図である。
【図10】積層した同ラベルの斜視図である。
【図11】第6の実施形態に係るラベル連続体の平面図である。
【図12】同ラベルを巻回した状態における斜視図である。
【図13】第7の実施形態に係るラベル連続体の平面図である。
【図14】第5の実施形態の変形例に係るラベルの模式断面図である。
【図15】第4の実施形態の変形例に係るラベルの模式断面図である。
【図16】その他の変形例に係るラベルの模式断面図である。

【0029】
[第1の実施形態]
以下に、図1〜図4を参照し、本考案のラベルの一実施形態について説明する。なお、以下の説明において、方向および向きは、図中に表示した方向および向きに従う。
【0030】
図1に示すように、本実施形態のラベルは、商品に関する情報11すなわち、「今だけ」および「数量限定!」といった文字を表示する表示部1と、商品に固定するための固定部2と、表示部1と固定部2とを区分する略直線状の敷居線3とを有している。また、このラベルには、敷居線3上に両端部41,42を有し、固定部2側に突出するように形成された切込4が形成されている。
【0031】
図2は図1のA−A線における模式断面図である。図1における表面を下向きに表示している。この図2は層構成を説明するための模式的な図であるため、ラベルの幅方向の長さと厚み方向の長さの比や、層の厚みの比は、実際のラベルとは一致していない。
【0032】
図2に示すように、本実施形態のラベルは、基材5に情報11を含んだ印刷をすることにより積層された印刷層12と、粘着剤を塗工することにより固定部2に形成された粘着層21とを備える。印刷層12および粘着層21は同じ側、つまりいずれも表面側に積層されている。また、図1における切込4および敷居線3で囲まれた部分(以下、突出部43という)、即ち図2における切込4および敷居線3の間には、粘着層21が積層されていない。
【0033】
この様な構成であるため、図2に示す矢印のように、固定部2を裏面側に折り返して図示しない商品に貼り付けることにより、このラベルを商品に固定することができる。また、同時に突出部43を敷居線3から表面側に折り曲げることにより、図3に示すように、商品からラベルが突出する態様で、商品に固定することができ、アイキャッチ効果が高くなる。なお、上述したように、突出部43には粘着層21が積層されていないため、同部分に手指が触れた場合であってもべたつくことがないし、他の商品を上に積み重ねても、固着することがない。
【0034】
上述のように、敷居線3は表示部1と固定部2とを区分する線であるとともに、固定部2および突出部43を折り返すための線である。敷居線3は、例えば、使用者に明示する必要がある場合には、印刷などにより表示しても良い。また、折り返す作業を容易とするために、型押し線やミシン目などで形成しても良い。一方、切込4及びその両端部41,42の位置や全体のデザインから敷居線3の存在が明らかな場合など、特に明示や特段の構成が必要でないのであれば、表示等を割愛しても良い。
【0035】
このラベルを貼り付けた商品を積み重ねることも可能である。図4に示すように、円筒型の商品61〜64にはラベルが図3と同様の態様で各々貼り付けられている。例えば同ラベルを貼り付けた商品64に、商品63を積み重ねる際は、商品64に貼られたラベルの表示部1を裏面側に倒し込むようにして上方に積み重ねる。更に商品62を積み重ねる際にも同様に、商品63に貼り付けられたラベルの表示部1を裏面側に倒し込むようにして、商品62を上方に積み重ねる。このように順に積み重ねた場合、最上方の商品61に貼り付けられたラベルの表示部1が上方に突出して、アイキャッチする。商品61を取り除いた場合、商品61の加重がなくなるためラベル自身の弾性により、商品62に貼り付けられたラベルの表示部1が突出し、アイキャッチする。このように、一番上の商品に貼り付けられたラベルの表示部が常に上方に突出するため、ラベルを貼り付けた商品がなくなるまで、アイキャッチ効果が継続して得られる結果となる。
【0036】
このラベルに使用する基材5は、特に限定されないが、表示部を突出させるために適度な弾性を有することが好ましい。通常ラベルに用いられる紙・樹脂フィルム・布類など用途に合わせて用いれば良い。
【0037】
印刷層12を形成するインクも染料であっても顔料であっても良いし、水性・油性・紫外線硬化樹脂など一般に用いられているものを用途や基材に合わせて適宜選択すれば良い。特にアイキャッチ効果を高めるために、金属等を用いても良い。積層方法も、凸版印刷・凹版印刷・グラビア印刷・インクジェット印刷・紫外線や熱による発色等いずれの方法を用いても良い。また、金属を用いる場合は、蒸着などを行っても良いし、上述の方法を複数組み合わせて形成しても良い。
【0038】
粘着層21は、所望の貼着箇所に対して十分な粘着性を発揮するものを適宜使用すればよい。なかでも、商品に対して適度な粘着性及び剥離性を備えることから、紫外線硬化性樹脂を含むことが好ましく、例えば、アクリル樹脂を主成分とするものを用いることがより好ましい。
【0039】
以上に説明した本実施形態によれば、以下の効果を得ることができる。
【0040】
(1)本実施形態のラベルにおいて、印刷層12および粘着層21が、基材5に対して同じ側に積層されているため、固定部2を印刷層12が形成された側と反対方向に折り曲げることにより、ラベルを容易に商品に固定することができる。
【0041】
(2)本実施形態のラベルにおいて、突出部43には粘着層21が積層されていないため、突出部43がべたつくことがない。そのため、突出した部分をどちらに向けても、手指や他の商品、あるいは他のラベルに張り付くといった問題が生じない。
【0042】
(3)本実施形態のラベルは、情報11を含んだ印刷をすることにより積層された印刷層12を備えるため、表示部1を一般的な印刷技術により形成できる。
【0043】
(4)本実施形態のラベルは、粘着剤を塗工することにより固定部2に形成された粘着層21を備えるため、商品への固定が粘着層21の粘着作用により容易にできる。
【0044】
(5)本実施形態のラベルは、表示部1と固定部2とを区分する略直線状の敷居線3と、敷居線3近傍を両端部41,42とし、固定部2側に突出するように形成された切込4とを備えるため、この突出した部分即ち突出部43とそれ以外の固定部2を敷居線3に沿って逆方向に折り曲げることにより、商品に対して立ち上がるようにラベルを固定することができる。そのため、ラベルのアイキャッチ効果が大きくなる。
【0045】
(6)本実施形態のラベルは、基材5が弾性を有する部材で形成されているため、表示部1に荷重をかけることにより、突出位置より表面側または裏面側に表示部1を倒し込んだ場合であっても、荷重を取り除けば表示部1が突出した状態に復元する。従って、商品の上面にラベルを貼付け、表示部1を倒し込む態様で、上に商品を積み重ねた場相であっても、積み重ねた商品を取り外すことにより、表示部1が突出した状態に復元し、アイキャッチ効果を発揮することができる。
【0046】
[第2の実施形態]
以下に、図5を参照し、本考案のラベルの他の実施形態について説明する。なお、本実施形態は、基材の構成および印刷層の積層位置が異なる以外は、第1の実施形態と同様の構成であるので、異なる構成のみ詳説し、同一の構成である部分はその説明を省略する。
【0047】
模式断面図である図5に示すように、本実施形態においては、印刷層12および粘着層21が、基材51に対して互いに反対側に積層されている。また、基材51は透明な樹脂フィルムで形成されている。従って、印刷層の内容は、粘着層21側からも、印刷層12側からも視認することができる。
【0048】
そのため、印刷層12を形成する印刷の内容をいわゆる裏面印刷を行えば、粘着層21側から基材を介して視認したときに、正しく情報11を認識することができる。この場合、表面側は粘着層21側となる。かかる構成によると、表面側が基材51で保護されているため、表面側からの摩擦や水・油等の浸入に対して耐性が高くなる。また、基材51が無色透明でなく、有色透明であれば、基材51と印刷層12における混色による高い意匠効果を期待することができる。
【0049】
一方、通常の印刷を行えば、印刷層12側から視認したときに、正しく情報11を認識することができる。この場合、表面側は印刷層12側となる。かかる構成によると、裏面側が基材51で保護されているため、裏面側からの摩擦や水・油等の浸入に対して耐性が高くなる。いずれの構成を取るかは用途に応じて使い分ければ良い。いずれの場合であっても固定部2は印刷面側に、突出部43は粘着層21側に折り曲げて使用する。
【0050】
基材51が透明であるため、当然に突出部43も透明であるから、取り付けられた商品や商品に記載された情報11を、突出部43が覆い隠すことがない。また、粘着層21も透明に構成すれば、固定部2によって、商品や商品に記載された情報11を覆い隠すことも防止できる。
【0051】
以上に説明した本実施形態によれば、第1の実施形態における(1)〜(6)の効果に加え、更に、以下の効果を得ることができる。
【0052】
(7)本実施形態のラベルにおいて、基材51が透明であるため、上述のように、突出部43や固定部2によって、商品や商品に記載された情報を覆い隠すことも防止できる。そのため、例えば、商品に直接印刷がされている場合や、商品にすでにラベルが貼り付けられている場合であっても、それらの同商品やラベルの情報を視認することができる。
【0053】
(8)本実施形態のラベルにおいて、基材51が透明であるため、基材51側を表面にすることができる。基材51側を表面にした場合には、表面からの摩擦や汚濁、液体等の浸入に対して耐性を高めることができる。
【0054】
[第3の実施形態]
以下に、図6を参照し、本考案のラベルの他の実施形態について説明する。なお、本実施形態は、印刷層の積層位置が異なる以外は、第1の実施形態と同様の構成であるので、異なる構成のみ詳説し、同一の構成である部分はその説明を省略する。
【0055】
模式断面図である図6に示すように、本実施形態においては、印刷層12が、基材5の両側に積層されている。従って、印刷層12の内容は、粘着層21からも、粘着層21と反対側からも視認することができる。よって、このラベルは、外側面はいずれも表面として使用することができる。このとき印刷層12を形成する印刷の内容は両面とも同じであっても良いし、異なる内容としても良い。前者の場合は、どちらの面から見る者にとっても同じ内容が表示されるため、見る向きにかかわらず、伝えたい情報11を確実に示すことができる。一方後者の場合は、両面に異なる内容が表示されるため、表示内容を2倍に増やすことが可能となる。
【0056】
以上に説明した本実施形態によれば、第1の実施形態および第2の実施形態における(1)〜(8)の効果に加え、更に、以下の効果を得ることができる。
【0057】
(9)本実施形態のラベルにおいて、印刷層12が、基材5の両側に積層されているため、両面に同じ内容を表示した場合は、見る者の向きにかかわらず、伝えたい情報11を確実に示すことができる。
【0058】
(10)また、それぞれ異なる内容を表示した場合は、表示内容を2倍に増やすことが可能となる。
【0059】
[第4の実施形態]
以下に、図7および図8を参照し、本考案のラベルの他の実施形態について説明する。なお、本実施形態は、剥離台紙を有すること以外は、第1の実施形態と同様の構成であるので、異なる構成のみ詳説し、同一の構成である部分はその説明を省略する。
【0060】
模式断面図である図7に示すように、本実施形態においては、印刷層12および粘着層21の更に表面側、即ち、印刷層12の更に外側に、粘着層21と接するように剥離台紙7が更に積層されている。なお、図7は模式図であって、実際の形態を正しく表示した図ではない。例えば、突出部43および剥離台紙7との間に空層があるわけではなく、実際には、両者は接していると考えられる。
【0061】
この構成によると、剥離台紙7により粘着層21が覆われているため、粘着層21が保護される。また、他のラベルその他の物品などにラベルが粘着することが防止される。
【0062】
剥離台紙7は粘着層21に対して剥離性を有する構成であれば特に限定されることはないが、一般的には、基材上に粘着層21にたいして剥離性を有する部材、例えばシリコンなどを含む層を積層して形成されている。また、剥離台紙7を形成する基材も特に制限されないが、樹脂フィルムや紙が好適に用いられる。なお、樹脂フィルムを用いる場合、フィルムの素材が粘着層21に対して剥離性を有するのであれば、剥離性を有する部材を積層せずに、そのまま剥離台紙として使用することも可能である。
【0063】
なお、剥離台紙7は必ずしも1ラベルに1つずつ積層される必要はなく、例えば、図8のように、大判の剥離台紙7上に複数のラベル本体が積層されていても良い。使用量が少量の場合は、このようなシート形状で供給することが便利な場合もある。
【0064】
以上に説明した本実施形態によれば、第1の実施形態から第3の実施形態における(1)〜(10)の効果に加え、更に、以下の効果を得ることができる。
【0065】
(11)本実施形態のラベルにおいて、粘着層21と接するように剥離台紙7が積層されているため、粘着層21が保護されているとともに、不必要な物品にラベルが粘着することが防止される。
【0066】
[第5の実施形態]
以下に、図9および図10を参照し、本考案のラベルの他の実施形態について説明する。なお、本実施形態は、剥離層を有すること以外は、第1の実施形態と同様の構成であるので、異なる構成のみ詳説し、同一の構成である部分はその説明を省略する。
【0067】
模式断面図である図9に示すように、本実施形態においては、粘着層21が積層された側の反対側の最も外側、即ち、裏面側の最も外側に剥離層8が積層されている。この剥離層8は裏面側の全面に積層されていても良いが、少なくとも、ラベル同士を積層したときに粘着層21が触れる部分に積層されていれば良い。本実施例においては、図10に示すように、ラベル面に垂直な方向に順に積み重ねたときに上側のラベルの粘着層21が下側のラベルの剥離層8に触れる位置に、剥離層8を形成している。
【0068】
なお、剥離層8は、粘着層21に含有される粘着剤に対応させて、同粘着剤に対して剥離性を有する部材を用いて形成すれば良い。一般的には、シリコン系の剥離剤が広く用いられている。
【0069】
以上に説明した本実施形態によれば、第1の実施形態から第4の実施形態における(1)〜(12)の効果とは別に、以下の効果を得ることができる。
【0070】
(13)本実施形態のラベルにおいて、粘着層21に対して剥離性を有する剥離層8が、粘着層21が積層された側の反対側の最も外側であって、該ラベルを積層したときに粘着層21が接する部分に積層されているため、複数のラベルを積層した場合においても、剥離層8の働きにより、ラベル同士が固着することがない。よって、複数のラベルを積層してコンパクトに流通させることができる。
【0071】
[第6の実施形態]
以下に、図11および12を参照し、本考案のラベル連続体の一実施形態について説明する。図11に示すように、ラベルと長尺状の剥離台紙7を有し、ラベルは、粘着層21に接するように剥離台紙7上に長手方向に連続的に各々配置されている。図12に示すように、このラベル連続体を巻回することで、多量のラベルを容易に持ち運ぶことが可能となる。
【0072】
かかるラベル連続体を用いてラベルを貼り付ける場合には、一枚ずつ手貼りするほか、ラベルを剥離させ商品に個別に貼り付ける公知のラベル貼付装置を用いることも可能である。
【0073】
以上に説明した本実施形態によれば、第1の実施形態から第5の実施形態における(1)〜(12)の効果とは別に、以下の効果を得ることができる。
【0074】
(13)本実施形態のラベル連続体において、ラベルと長尺状の剥離台紙7を有し、ラベルは、粘着層21に接するように剥離台紙7上に長手方向に連続的に各々配置されているため、巻回することにより、多くのラベルを容易に取り扱うことができる。
【0075】
(14)また、個々のラベルは剥離台紙7上に配置されているため、不必要な物品にラベルが粘着することが防止される。
【0076】
[第7の実施形態]
以下に、図9、図12および図13を参照し、本考案のラベル連続体の一実施形態について説明する。図13に示すように、基材が長尺状の形状を有し、複数のラベルが、基材を共有する形状で長手方向に連続的に各々形成されている。
【0077】
更に各ラベルのラベル同士を切り離すための脆弱部としてのミシン目9が形成されている。そのため使用時には、個々のラベルに切り離して使用することができる。
【0078】
また、個々のラベルが、図9に示すように、粘着層21と対応する位置に剥離層8を有していれば、図12に示すように、このラベル連続体を巻回することができる。なお、巻回する場合には、粘着層21と対応する位置は巻芯と巻外で異なるため、全面に剥離層8を設けることが望ましい。かかるラベル連続体を用いてラベルを貼り付ける場合には、一枚ずつ手貼りするほか、台紙なしラベルを切り離して商品に個別に貼り付ける公知の台紙なしラベル用のラベル貼付装置を用いることも可能である。
【0079】
以上に説明した本実施形態によれば、第1の実施形態から第6の実施形態における(1)〜(15)の効果とは別に、以下の効果を得ることができる。
【0080】
(16)本実施形態のラベル連続体において、複数のラベルの各々の間に脆弱部としてのミシン目9が設けられているため、ミシン目9で切り離すことにより、容易に個別のラベルとすることができる。
【0081】
(17)また、剥離層8の働きにより、ラベル同士が固着することがない。または巻回した状態であれば、不必要な物品にラベルが粘着することがない。
【0082】
なお、上記実施形態は以下のように変更しても良い。
【0083】
・第7の実施形態において、脆弱部としてミシン目9を用いているが、V字形あるいはU字形等のノッチ、即ち、切り欠きや、ハーフカット、幅方向の両端部に達しない切り込み、型押し線などを用いても良い。また、ノッチとミシン目の併用など、これらを2つ以上用いても良い。
【0084】
・また、上記脆弱部を第6の実施形態に用いても良い。具体的には、長尺状の剥離台紙7上のラベルとラベルの間の部分に、脆弱部を設けることにより、ラベルを個別に切り離すことができる構成となる。
【0085】
・第6または第7の実施形態において、ラベルは長手方向において一列に配置されているが、二列以上配置されていても良い。用途やラベル貼付装置の構成に対応する構成とすれば良い。
【0086】
・第5の実施形態において、剥離層8は粘着層21に対応する部分のみに積層されているが、他の構成であっても良い。要は、ラベル同士を積層したときに、ラベル同士が固着しなければ良いのであるから、粘着層21に対応する部分を超えて積層しても良い。例えば、全面に積層することにより、製造が容易となりうる。
【0087】
・第5の実施形態において、表示面に対して垂直な方向にラベルを積層する例を示したが、他の積層方法であっても良い。例えば図14に示すように、表示面と平行な方向に少しずつずらして積層しても良い。かかる構成によると、ずれdを用いて、ラベルを一枚ずつ剥離させることが容易となる。また、多数ずらして積層することにより、長尺状の形状となるため、巻回して使用することも可能となる。
【0088】
・第4の実施形態において、第1の実施形態のラベルに剥離台紙7を更に積層したが、例えば、図15にしめすように、第2の実施形態のラベルに剥離台紙7を更に積層しても良いし、その他の実施形態のラベルに剥離台紙7を更に積層しても良い。
【0089】
・また、剥離層8と剥離台紙7は択一的な構成ではなく、併用しても良い。例えば、剥離層8を有する構成のラベルを図14に示すようにずらして積層する場合に、更に最下層に剥離台紙7を設ければ、粘着層21を完全に覆うことができるようになるため、取り扱いが容易となる。
【0090】
・上記各実施形態において、敷居線4は直線状であるが、正確に直線でなくてもよい。敷居線4は、表示部1と固定部2とを区分するとともに、突出部43とそれ以外の固定部2とを逆方向に折り曲げるために存在するのであるから、これら機能を果たせる程度に曲がっていても良い。例えば、緩い曲率を持って曲がった敷居線を有するラベルは、商品に貼り付けたときに、表示部も表面側から裏面側に湾曲するため、より立体的なラベルとして機能させることができる。
【0091】
・また、上述したように、敷居線4は、印刷などにより明示しても良いし、しなくても良い。また、基材が固く折り曲げが困難となる場合等には、型押し線や、ハーフカット、ミシン目などにより形成しても良い。基材や用途に合わせて表示や構成を変えて良い。
【0092】
・上記各実施形態において、切込4の両端部41,42は敷居線3上に存在するが、正確に敷居線3上に存在しなくても良い。要は、突出部43とその他の固定部2とを反対方向に折り曲げることができればよいのであるから、かかる折り曲げができる範囲で、両端部41,42は固定部側にあっても、敷居線3を超えて表示部側にあっても良い。この折り曲げができる範囲で敷居線3の近傍にあれば良い。
【0093】
・第1から第7の実施形態において、ラベルは、上述した以外の層を有していても良い。例えば、印刷層12を保護するための保護層を持っていても良い。また、意匠性を高めるためのホログラム効果を有する層を持っていても良いし、ホログラム効果を有する層を保護層が兼ねていても良い。その他、基材5と印刷層12との密着性を改善するためのアンダーコート層や、基材5,51と粘着層21との密着性を改善するアンカーコート層などが、例示される。
【0094】
・第1から第7の実施形態および上記変形例は用途に応じて、組み合わせて構成してもよい。例えば、図16のように、透明でない基材5の粘着層21の反対面に、印刷層12を形成しても良い。この場合、印刷層12側が表面となり、突出部43は裏面側に折り返すこととなる。その他、用途に応じて、いずれの組み合わせも可能である。上記実施形態および上記変更例は、本考案の一例であって、本考案にはその他多くの実施形態が考えられることは、当然のことである。
【0095】
1…表示部
11…情報
12…印刷層
2…固定部
21…粘着層
3…敷居線
4…切込
41,42…両端部
43…突出部
5…基材
51…基材
61〜64…商品
7…剥離台紙
8…剥離層
9…ミシン目

(57)【要約】

【課題】ラベルを貼り付けた商品を容易に収納箱詰め等が可能なラベルであって、使用時にはどの方向にも突出させて使用できる立体ラベルを提供する。【解決手段】ラベルは、商品に関する情報11を表示する表示部1と、前記商品に固定するための固定部2と、前記表示部1と前記固定部2とを区分する略直線状の敷居線3とを有し、前記敷居線3近傍を両端部41,42とし、前記固定部2側に突出するように形成された切込とを更に備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):