(54)【考案の名称】疑似餌

(73)【実用新案権者】株式会社ヤマリア

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、疑似餌の改良に関する。

【従来の技術】

【0002】
現在、様々な形態、構造の疑似餌が販売されて使用されている。このような疑似餌には疑似餌本体内部に空洞を設け、空洞内に、例えば金属製の小径の球からなるラトルを封入したものがある。
【0003】
このような疑似餌は、水中に投入された場合に発生する水流抵抗により疑似餌本体が振動し、内部のラトルが空洞部内側面部又は相互に衝接することにとりいわゆるラトル音を発し、魚の注意を喚起させて釣りやすくし釣果を上げるように構成されている(特許文献1)。
【0004】
しかしながら、このような従来の疑似餌にあっては、ラトルは所定の重量があることから、疑似餌本体内のどの位置に収納するかによって、疑似餌の姿勢及び重量バランスは異なってくる。
【0005】
従って、釣りの際には釣り人は釣り糸を介して疑似餌に対して「シャクリ」、「フォール」及び「ダート」等の複雑な動きの操作を行うものであるが、ラトルの収納部位によっては、このような微妙かつ迅速な動きを制限してしまう場合もあった。
【0006】
従って、従来より、疑似餌の水中における迅速かつ微妙な動きを阻害しないように構成され、より釣果を上げ得る疑似餌が要請されていた。

【効果】

【0013】
請求項1〜5記載の考案にあっては、疑似餌本体の前部に所定の重量がある発音体としてのラトルが収納されていることから、発音体を収納した状態における疑似餌本体の重心を疑似餌本体の前部側に設定することができる。
【0014】
その結果、釣り人が釣り糸を介して似餌に対し「シャクリ」、「フォール」及び「ダート」等の複雑な動きの操作を行った場合であっても、重心が疑似餌本体の長さ方向における前部側に設定されていることから、頭部側を基準として尾部側が激しく振動することとなり、「シャクリ」及び「フォール」における上下方向の動き、及び「ダート」における左右方向における微妙な激しい動きを全く阻害することがなく、疑似餌本来の動きを損なうことがないラトル音を発することができる。
【0015】
請求項6〜7記載の考案にあっては、研究の結果イカは600HZ前後の音が聴きやすいことが知見として得られていることから、この知見に基づき、最もイカが好むラトル音を発することが可能となることから、良好な釣果を挙げることができるイカ用疑似餌を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】水中における迅速かつ微妙な動きを阻害することがなくより釣果を上げることができるラトル音を発する疑似餌を提供する。【解決手段】内部に発音体としてのラトル12が封入された空洞部13が設けられた疑似餌であって、空洞部13は疑似餌本体11の前後方向に沿って設けられると共に空洞部13には前室部14と後室部15とを仕切る間仕切り部16が設けられ、ラトル12は、前室部14内に封入されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):