(54)【考案の名称】ラベルとそれを備える容器

(73)【実用新案権者】東和薬品株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、一般的にはラベルとそれを備える容器に関し、特定的には、医薬品の包装容器の外周面上に配置されるラベルと、そのラベルが外周面に接着された容器に関する。

【従来の技術】

【0002】
薬剤容器のラベルには、容器に収容されている薬剤に関する様々な情報が記載されている。また、従来、例えばラベルが貼り付けられている薬剤容器から、収容された薬剤の一部を別の容器に移した場合に、もとの薬剤との関連を識別することができるように、本体ラベルから分離可能な複数のラベル片を備えるラベルもある。
【0003】
さらに、下層ラベルと上層ラベルからなる二層ラベルでは、下層ラベルに表示される情報と上層ラベルに表示される情報を異ならせて、上層ラベルが下層ラベル上にある時と、上層ラベルが剥がされた時とで、異なる情報を表示するように構成されているものがある。
【0004】
例えば、特開2002−6743号公報(特許文献1)には、表面側に位置した第一層ラベルと、第一層ラベルの下に積層された第二層ラベルとを備える薬剤管理用多層ラベルが記載されている。各ラベルは、薬剤名が印刷等により設けられた薄いシート状のラベル基材と、ラベル基材の下面に形成された粘着層とを有する。第二層ラベルの表面側には剥離層が形成され、第二層ラベルの粘着層はその下層の剥離シートや他のラベル基材等のシート材に剥離層を介して積層されている。薬剤の入ったアンプル等の容器には、第二層ラベルが、第一層ラベルとともに粘着層により貼り付けられる。アンプル等の容器の薬剤を注射器に移し替える前または後に、容器に貼られている薬剤管理用多層ラベルの第一層ラベルを容器から剥がして、容器の薬剤を移した注射器のシリンダー表面に張り付ける使用方法が記載されている。
【0005】
また例えば、実用新案登録第2578105号公報(特許文献2)には、下層ラベルと上層ラベルとからなる二層ラベルにおいて、下層ラベルに狭小端部を設け、そこに端部に設けたつまみ部分を含む上層ラベルの裏面粘着剤層の不塗布部分が位置するようにされた二層ラベルが記載されている。
【0006】
また、実用新案登録第3141505号公報(特許文献3)には、透視性を有する薬品容器の胴部に貼着される非透視性のラベルが記載されている。このラベルの表面には、薬品情報表示部が設けられ、裏面には、注意・警告情報表示部が設けられ、ラベルが胴部に巻きつけられた状態で、ラベルの両端が一定間隔離れることによって形成されるラベル空白領域からラベルの裏面の注意・警告情報表示部を視認することができるように構成されている。
【0007】
このように、従来、薬剤容器に収容されている薬剤に関する情報を、別の容器や台帳等に表示するためのラベルや、同一のラベル上で、上層と下層や表面と裏面を利用して、異なる情報を表示するものがある。
【0008】

(57)【要約】

【課題】ラベルが適用される対象物の使用後又は使用過程で必要となる情報を、その必要性に応じて、ラベル本体とは別の場所に表示させることが可能なラベルとそれを備える容器を提供する。【解決手段】ラベルは、情報部25を有する下層ラベル20と、下層ラベル20に対して一部が剥離可能となるように接着されて、情報部25を覆う上層ラベル10とを備え、下層ラベル20において、情報部25が、下層ラベル20から切り離し可能に設けられている。また、容器は、ラベルが外周面に接着されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):