(54)【考案の名称】後付け後ろ背表紙

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書類等を綴じるファイル表紙に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、書類等はファイル表紙を用いて綴じ、本立てやキャビネット等に縦置き横並びに保管してきた。しかし、綴じた書類等の厚みによっては、前背表紙側と後ろ側の厚みに差異を生じ、前背表紙側が厚く後ろ側が薄い場合には、縦置き横並び整列が弧を描いてしまい、その為に縦置き横並びが不整列となって見苦しく、またファイル表紙の強度不足によっては腰折れを生じさせる要因にもなっていた。
【0003】
従来、上記の事項に関しては途中にブックエンドや仕切り板等を設けて対処していたが、縦置き横並び不整列及び表紙の強度不足による腰折れを防ぐことは困難であった。
【0004】

【効果】

【0008】
以上の説明から明らかなように、本考案にあっては、次に列挙する効果が得られる。
【0009】
(1)後付け後ろ背表紙を既存ファイル表紙に取付けることにより、既存ファイル表紙の強度が増す。
【0010】
(2)後付け後ろ背表紙を既存ファイル表紙に取付けることにより、ファイルの厚みが前後同じになる。
【0011】
(3)(1)と(2)により既存ファイル表紙の腰折れ及び横並び不整列を防止する効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案を実施する為の最良の形態、後付け後ろ背表紙表面平面図である。
【図2】本考案を実施する為の最良の形態、後付け後ろ背表紙裏面平面図である。
【図3】本考案を実施する為の最良の形態、後付け後ろ背表紙の立面姿図である。
【図4】本考案を実施する為の最良の形態、後付け後ろ背表紙を既存ファイル表紙内面に取付けた、立面展開姿図である。
【図5】本考案を実施する為の最良の形態、後付け後ろ背表紙を既存ファイル表紙内面に取付け、閉じた状態の立面姿図である。

【0013】
以下、本考案の実施の形態を図に基づいて説明する。
【0014】
図1は、本考案の後付け後ろ背表紙表面の平面図で、中に折り返す1.折り返し表イ、2.背表紙表、既存ファイル取付け用の3.折り返し表ロにより構成される。
3.折り返し表ロには、既存ファイル内面取付け用6.接着剤塗布があらかじめ施されている。各部は山折れ部により区分される。
【0015】
図2は、本考案の後付け後ろ背表紙裏面の平面図で、7.折り返し裏イ、8.背表紙裏、9.折り返し裏ロにより構成され、各部は谷折れ部により区分される。
【0016】
図3は、本考案の後付け後ろ背表紙を組み立て、自立させた立面姿図である。
【0017】
図4は、本考案の後付け後ろ背表紙を組み立て、既存ファイル表紙内面に取付け、自立させた立面展開姿図である。
【0018】
図5は、本考案の後付け後ろ背表紙を組み立て、既存ファイル表紙内面に取付け、自立させた立面姿図である。
【産業上の利用可能性】
【0019】
本考案は、事務所、工場、学校、その他家庭等で広く利用される。
【0020】
1 折り返し表イ
2 背表紙表
3 折り返し表ロ
4 山折れ部イ
5 山折れ部ロ
6 接着剤塗布部
7 折り返し裏イ
8 背表紙裏
9 折り返し裏ロ
10 谷折れ部イ
11 谷折れ部ロ

(57)【要約】

【課題】ファイル表紙の腰折れ、縦置き横並び不整列を防止することが出来る、後付け後ろ背表紙を提供する。【解決手段】後ろ背表紙となる部位の両側に折り返し部1、9を設け、折り返し部1、9の一方を既製ファイルの見開き部に取付けることによって新たな後ろ背表紙2を構成し、既製ファイルの補強並びに厚みを保持することを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):