(54)【考案の名称】飲料用瓶のプラスチック瓶蓋構造

(73)【実用新案権者】宏全國際股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、飲料用瓶のプラスチック瓶蓋に関し、密封効果を高め、洗浄水の排除を加速できる飲料用瓶のプラスチック瓶蓋構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
飲料用瓶のプラスチック瓶蓋は、飲料用瓶の瓶口と良好な密封性を備えていなければならない。
これにより、飲料用瓶内部と外部とを確実に隔絶し、飲料の衛生と安全を保証することができる。
【0003】
従来の瓶蓋は、内頂面に、密封リングを設置する。
瓶蓋と瓶口とが結合すると、密封リングは、大きな形状の変化(湾曲など)を生じ、瓶蓋と瓶口との間隙を封鎖する。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、上述した考案は使用上に欠点があり、改善する必要がある。その原因は下記の通りである。
【0005】
上述した考案の密封リングは大きな形状の変化を生じる際、断裂が発生し易く、しかも断裂が発生しても、外部からそれを察知することはできない。
【0006】
また、飲料を飲料用瓶に充填し瓶蓋のパッケージを行った後には、いくらかの飲料が瓶蓋と瓶口との間に溢れ、洗浄プロセスを行って溢れた飲料を取り除く必要が生じる可能性がある。
溢れた飲料或いは洗浄に用いた水は、瓶蓋と瓶口との間に残すことはできず、必ず取り除かなければならない。
しかし、この際、瓶蓋と瓶口との間のネジヤマは、排除のスムーズ性に影響を及ぼす。
【0007】
本考案は、上述の問題に鑑みてなされたものであり、その第一の目的は、大きな形状の変化を生じると断裂して失効し易いという従来の瓶蓋の密封リングの問題を解決できる飲料用瓶のプラスチック瓶蓋構造を提供することにある。
【0008】
本考案は、上述の問題に鑑みてなされたものであり、その第二の目的は、瓶蓋と瓶口のネジヤマが、洗浄水のスムーズな排除を阻むという従来の瓶蓋の密封リングの問題を解決できる飲料用瓶のプラスチック瓶蓋構造を提供することにある。

(57)【要約】

【課題】密封効果を高め、洗浄水の排除を加速できる飲料用瓶のプラスチック瓶蓋構造を提供する。【解決手段】飲料用瓶のプラスチック瓶蓋構造であって、瓶蓋は蓋本体10、盗難防止リング20を備える。盗難防止リング20の頂縁は数個のブリッジ点30により、蓋本体10の底縁と連接され、蓋本体10の内頂面には内密封リング11、中密封リング14、外密封リング12を設置する。蓋本体10の内側面にはネジヤマ部分13を設置し、ネジヤマ部分13は数個の縦方向のトレンチ131を備え、盗難防止リング20の内面には環状の連続式ブレード21を設置し、連続式ブレード21と盗難防止リング20とが連接する根部位置には数個の排水孔22を設置する。瓶蓋が飲料用瓶の瓶口に結合すると、内密封リング11、中密封リング14、外密封リング12は瓶口の内壁、頂面、外側壁をそれぞれ密封する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):