(54)【考案の名称】磁性名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、磁性名刺に関し、より詳しくは、磁性層と印刷層を有する磁性名刺に関する。

【従来の技術】

【0002】
ビジネスシーンにおいては、名刺の交換が普通行われる。名刺は相手に自分を知ってもらう目的で渡すものであるが、現実には大量の名刺が交わされるため印象に残らない場合が多い。そこで、カラー印刷の名刺、写真入り名刺等、印象を強めるための様々な工夫が試みられているが、いずれも保存時には名刺の束の間に埋没してしまい、訴求力を持続することができない。
【0003】
そこで、印刷以外の点で名刺に特徴を付けることも行われている。例えば、特許文献1は、名刺を一部透明な表側とすべて不透明な裏側それぞれ別の用紙で構成し、さらに両者間に別の紙片を挟み、表面用紙の一部に設けた透明部に前記紙片を動かし得るようにした可動表示部を有する名刺を提案している。また、特許文献2は、切れ込みと折り曲げ可能な変形構造を持ち、折りたたんで自立可能となる名刺を提案している。
【0004】

【効果】

【0008】
本考案によれば、名刺が磁性を有するため、デスクや棚等のスチール部分に貼り付けようという動機づけが生じる。また、貼り付けた後も様々な訴求的仕掛けを有するため、名刺を受け取った者に対し訴求力を維持し続ける。

(57)【要約】

【課題】低コストで簡単に製造でき、なおかつ、名刺を受け取った者の特別な行為を必要とせずに、訴求力を維持し続ける名刺を提供する。【解決手段】磁性層2と印刷層3を有する磁性名刺1。これにより、名刺が磁性を有するため、デスクや棚等のスチール部分に貼り付けようという動機づけが生じ、貼り付けた後も様々な訴求的仕掛けを有するため、名刺を受け取った者に対し訴求力を維持し続けることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):