(54)【考案の名称】非常用電源ユニット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、災害時その他の非常時において各種電気製品の円滑な作動確保を担保する非常用電源ユニットに関する。

【従来の技術】

【0002】
現代の社会生活や日常生活は電気製品を使用することによって成り立っていると言っても過言ではなく、電気製品の範囲は冷蔵庫,テレビや冷暖房器具といった家電製品から、人工呼吸器や吸引器等の医療器具にいたるまで、あらゆる範囲に及んでいる。当然ながらこれらの電気製品は電力を駆動源として作動するものであり、電源として家庭用や工業用の商用電源を中心として、バッテリ,発電機,電池類等種々のものが提供されている。いかに高い機能を有する電気製品であっても、電源を確保できなければ、機能を発揮することができず、直ちに無用の長物となりはててしまう。電気製品は電源が確保されることを前提としている。
【0003】
常時は商用電源が安定して確保され、十分な電力が供給されており、電源の確保が注目を集めることはない。しかしながら、地震,台風,大雨,津波等の自然災害や事故その他の人為的災害、更には電力不足によって、商用電源が失われてしまうと直ちに電源が失われ、社会生活や日常生活は麻痺し、危機に瀕することとなる。
【0004】
そのため、商用電源に加えて、医療機関を初めとする重要施設では自家発電機器が整備され、代替電源としてバッテリや発電機,電池類も提供され、フェイルセーフの体制が整えられている。また、種々の非常用の電気製品も提供されている。例えば、手回し式のダイナモを備えたラジオや、 非常時に自動点灯し、災害発生時における避難誘導に寄与する装置として、バッテリーを内蔵した携帯用照明灯と、携帯用照明灯を装着し得るように外形をL字形状とし、かつ、電源コードを接続した照明灯装着体と、照明灯装着体への着脱自在な設置用照明灯とからなる非常用照明装置が提供されている(特許文献1)。
【0005】
また、個々の電気製品ではなく、非常用電源そのものを災害時に確保するために、太陽電池セルと該太陽電池セルが太陽光にあたって生じた電流を充電する蓄電池とを備えた太陽光発電装置において、蓄電池を収納した本体部に対し、太陽電池セルを装着した蓋部を取り外し可能に設けるとともに、本体部と蓋部はコードで導通可能に設けられ、本体部には、直流電源の出力回路と、出力端子を設けた可搬型太陽光発電装置も提供されている(特許文献2)。
【0006】

【効果】

【0012】
本考案によれば、地震,台風,大雨,津波等の自然災害や事故その他の人為的災害、更には電力不足によって、商用電源や非常用のバッテリが失われて電源を喪失した非常時において、特別の技能や熟練を必要とせず、誰もが簡単に操作することが可能で、緊急時における使い勝手のよい非常用電源ユニットを得ることができる。そして、この非常用電源ユニットを使用することによって、災害時その他の非常時において人工呼吸器や吸引器、更にはテレビや冷暖房器具等の家電製品等の各種電気製品の円滑な作動確保を担保することができる。
【0013】
複数の充電式乾電池を使用して、非常用電源ユニットの中核をなす乾電池集合体を形成してあるため、乾電池集合体は乾電池と同様に使用することができ、誰もが簡単に操作できるとともにコンパクトで携行性に優れている。そして、乾電池集合体は充電式であるため、繰り返して再利用することが可能である。よって、災害時等の緊急時や非常時に限ることなく、常用電源として使用することもできる。
【0014】
更に、乾電池集合体の充電を太陽光パネルを使用して行えば、電源の装備されていない国,地域や場所、例えば仮設住宅,避難箇所,災害現場等電源の装備されていない場所においても非常用電源を安定して得ることができる。太陽光パネルは庭先やベランダ等任意の箇所に工事を必要とすることなく、設置できるとともに、持ち運ぶことも可能である。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案にかかる非常用電源ユニットの構成を示す説明図。

【0016】
以下図面に基づいて本考案にかかる非常用電源ユニットの実施形態を説明する。図1は本考案にかかる非常用電源ユニットの構成を示す説明図である。図において、1は非常用電源ユニットであり、複数の充電式乾電池2を一体に連結してなる乾電池集合体3と、該乾電池集合体3の充電器4と、前記乾電池集合体3を電気器具6の電源として脱着自在に接続するための接続具5から構成されている。
【0017】
充電式乾電池2は充電可能な乾電池であれば、その種類,サイズ,使用する個数に限定はないが、好ましくは単一のニッケル水素乾電池を30個〜50個程度使用するとよい。そして、複数の充電式乾電池2を所定の筐体に収納して、電気的に一体に連結して乾電池集合体3を形成する。この乾電池集合体3は、乾電池としての利便性をそのままに有し、充電可能な1個の乾電池として使用可能であるとともに、収納した複数の充電式乾電池2を集合した電力を有する。なお、充電済みの乾電池集合体3を任意の複数装備しておけば、順次交換して使用することにより継続した電源として使用することができ、非常時への対応がより万全となる。
【0018】
充電器4は、乾電池集合体3に充電するための必要な機器から構成され、乾電池集合体3に電気的に接続するためのコネクタや各種の電源から供給された交流電流を直流電流に変換するためのAC−DCコンバータ等を装備している。この充電器4を商用電源から電流を供給可能に構成して、常時は商用電源から充電し、又非常時や商用電源が装備されていない場所では図に示すように太陽光パネル7によって発電した電流を供給するとよい。勿論、常時太陽光パネル7から電力を供給するようにしてもよい。なお、8は、太陽光パネル7と充電器4を電気的に接続する脱着自在な接続線、9は充電器4と乾電池集合体3を電気的に接続する脱着自在な接続線である。
【0019】
充電を完了した乾電池集合体3を各種の電気器具6に接続具5を介して脱着自在に接続することによって、各種の電気器具6の電源として利用する。電気器具6としては、電気で作動する機器であれば限定はなく、特には一瞬たりとも電源が失われてはならず、又長時間安定して電源を供給する必要性のある医療器具、例えば人工呼吸器,吸引器等々の電源として価値を有する。或いは冷蔵庫,テレビや冷暖房器具といった家電製品の電源としても使用することが可能である。そのため、接続具5には、乾電池集合体3や各種の電気器具6と電気的に接続するためのコネクタや乾電池集合体3の直流電流を交流電流に変換するDC−ACインバータを装備している。なお、10は、乾電池集合体3と接続具5を電気的に接続する脱着自在な接続線、11は接続具5と各種の電気器具6を電気的に接続する脱着自在な接続線である。
【産業上の利用可能性】
【0020】
本考案によれば、地震,台風,大雨,津波等の自然災害や事故その他の人為的災害、更には電力不足によって、商用電源や非常用のバッテリが失われて電源を喪失した非常時において、特別の技能や熟練を必要とせず、誰もが簡単に操作することが可能で、緊急時における使い勝手のよい非常用電源ユニットを得ることができる。そして、この非常用電源ユニットを使用することによって、災害時その他の非常時において人工呼吸器や吸引器、更にはテレビや冷暖房器具等の家電製品等の各種電気製品の円滑な作動確保を担保することができる。
【0021】
複数の充電式乾電池を使用して、非常用電源ユニットの中核をなす乾電池集合体を形成してあるため、乾電池集合体は乾電池と同様に使用することができ、誰もが簡単に操作できるとともにコンパクトで携行性に優れている。そして、乾電池集合体は充電式であるため、繰り返して再利用することが可能である。よって、災害時等の緊急時や非常時に限ることなく、常用電源として使用することもできる。
【0022】
更に、乾電池集合体の充電を太陽光パネルを使用して行えば、電源の装備されていない国,地域や場所、例えば仮設住宅,避難箇所,災害現場等電源の装備されていない場所においても非常用電源を安定して得ることができる。太陽光パネルは庭先やベランダ等任意の箇所に工事を必要とすることなく、設置できるとともに、持ち運ぶことも可能である。
【0023】
1…非常用電源ユニット
2…充電式乾電池
3…乾電池集合体
4…充電器
5…接続具
6…電気器具
7…太陽光パネル

(57)【要約】

【課題】災害時その他の非常時において各種電気製品の円滑な作動確保を担保する非常用電源ユニットを提供する。【解決手段】複数の充電式乾電池2を一体に連結してなる乾電池集合体3と、乾電池集合体の充電器4と、乾電池集合体を電気器具6の電源として脱着自在に接続するための接続具5とを具備する非常用電源ユニット1を基本とし、充電器に太陽光パネル7によって発電した電流、または商用電源からの電流を供給する。乾電池集合体を複数装備するのが好ましい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):