(54)【考案の名称】名刺

(73)【実用新案権者】株式会社川原田印刷社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、しおり、クリップ、名札など多目的な用途に利用できる名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
日本では初対面のときや商取引などを行う場合に、名刺交換をすることが一般的である。その機会の時に、名刺を渡した相手に注目や印象を与えられるかが重要になる。そこで、形状を従来の大きさや形や色を異なるようにすると、注目や印象を与えることはできるが、特に大きさを変えた場合は、名刺入れや名刺ケースの中に保管することが難しくなったりしていた。
また、名刺の左右の一部に切り込みを入れて形成した書類クリップ用のクリップ片を有するものもあった。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案の名刺は、本来の名刺として使用し、同時に名刺の表面外周部にコ字状、U字状等のスリットを設けているので、このスリットに囲まれた引掛け片によってチラシや本のページ面に差し込み引掛けることが簡単にできて、名札やしおりなどとして幅広く利用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案を一実施の形態である名刺の正面図である。

【0008】
本考案を実施するための形態を以下の図に示す実施例に基づいて説明する。
【0009】
以下、本考案の実施例を図に基づいて説明する。
図1は本考案の一実施の形態にかかる名刺の正面図である。この名刺10は、通常使用されている名刺と同様のやや厚めの薄葉紙(薄板状の紙材)を、所謂名刺サイズの矩形状に形成したものである。そして、名刺10の上側の短辺の上縁部分から下端部にかけて、図示のように左右両側と下側の三方をコ状に細いスリット11を形成し、このスリット11を名刺10の表面周辺部に沿って形成することによって縦長の名刺10の中央部に、四角形状の引掛け片12を形成している。この名刺10の引掛け片12には、会社名や氏名、住所、電話番号を印刷している。
【産業上の利用可能性】
【0010】
本考案は名札をはじめしおりなど種々の目的・用途に利用できる多用途の名刺に関するものである。
【0011】
10 名刺
11 スリット
12 引掛け片

(57)【要約】

【課題】パンフレットや所要の書類に挟持できる名刺を提供する。【解決手段】薄板状の紙材によって形成され、前記紙材の表面外周部に沿ってU字形またはコ字形状のスリット11により形成された引掛け片12を有する名刺10。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):