(54)【考案の名称】立体名刺および立体名刺印刷用紙および立体デザインカードおよび立体デザインカード印刷用紙

(73)【実用新案権者】有限会社ブルージュ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、訴求力の高い名刺に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、訴求力を高めるため名刺上で立体を表現する名刺があった。例えば特許文献1では、折り畳める2枚組の名刺の内側に表示片の両端を2枚組の双方の一部に張り付けた物である。例えば特許文献2では折り曲げた3枚の名刺上に開くと立体に供するシートが貼付されている名刺が表されている。非特許文献1では、折り畳める名刺の相対する紙片に切り込みを入れており開いたときに切り込みの入った部分が突出して立体を表現できる名刺が表されている。更に非特許文献2では3枚組の名刺の真ん中と端側の名刺の一部に切り込みを入れ、切り込みの一部と端側の名刺の一部を結着することで名刺を開くと真ん中の切り込みが起立して立体を表現するが表されている。
【0003】

【効果】

【0013】
本考案は簡単な構造で訴求力のある立体表現のできる名刺を実現でき、また、パソコンとプリンターがあればユーザー自身で立体表現のできる名刺を製作することができる。
【0014】
本考案の機構は名刺に限らずショップカードやグリーティングカードやウェディングカードなど名刺よりも大きなサイズのカードを机上において紹介する機能を有する立体デザインカードとして応用できる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】本考案の第一の実施形態の平面図
【図2】本考案の第一の実施形態の組立状態を表す斜視図
【図3】本考案の第二の実施形態の平面図
【図4】本考案の第二の実施形態の組立状態を表す斜視図
【図5】本考案の第三の実施形態の平面図
【図6】本考案の第三の実施形態の組立状態を表す斜視図
【図7】本考案の第一の実施形態をA4用紙に配列した状態を表す平面図
【図8】本考案の第四の実施形態をA4用紙に配列した状態を表す平面図

【0016】
(第一実施形態1)
図1に示す通り、本考案の立体名刺10Aは第一名刺部20、第二名刺部21、第三名刺部22の3つの部位で構成されている。各名刺部の大きさは通常名刺として使用される大きさ(91mm×55mm)である。第一名刺部20と第二名刺部21は境界折り目1Aを境界に名刺長辺方向が連なっている。また、第二名刺部21と第三名刺部22は境界折り目2を境界に名刺長辺方向が連なっている。
立体部40Aは第一名刺部20および第二名刺部21を跨がった位置に存在する。立体部40Aの周縁には名刺長辺方向に折り目3Aと折り目4Aを有し、名刺短辺方向に切れこみ30Aと切れこみ31Aを有している。即ち、立体部40Aの周縁は名刺長辺方向が折り目で構成され、名刺短辺方向が切れこみで構成されている。切れこみ30Aおよび切れこみ31Aは境界折り目1Aで等分されている(図1において距離aで表す)。また、折り目3Aおよび折り目4Aおよび境界折り目1Aは互いに平行である。
【0017】
(第一実施形態2)
図2は立体名刺10Aの立体状態を表す。立体部40A内部を除く境界折り目1Aを谷折り、境界折り目2を山折とし第二名刺部21と第三名刺部22で山型を形成する。立体部40Aを前方に引き出すため折り目3Aおよび折り目4Aを谷折とし立体部40A内にある境界折り目1Aは山折とする。この折り方にすることで第三名刺部22が後方の支えとなり立体名刺10Aは立体部40Aの立体を形成した状態で保持される。40Aには立体がふさわしいデザインを描くことにより訴求力が高まる。
【0018】
(第二実施形態1)
図3は本考案である立体名刺の第二の実施形態(立体名刺10B)であり第一の実施形態(立体名刺10A)と立体の形状が異なる。立体名刺10Aでは立体部位を構成する面積が第一名刺部20と第二名刺部21で等しい状態を表現したが、立体名刺10Bでは立体部位を構成する面積が第一名刺部20と第二名刺部21とで異なる場合を表したものである。
図3に示す通り、本考案の立体名刺10Bは第一名刺部20、第二名刺部21、第三名刺部22の3つの部位で構成されている。各名刺部の大きさは通常名刺として使用される大きさ(91mm×55mm)である。第一名刺部20と第二名刺部21は境界折り目1Bを境界に名刺長辺方向が連なっている。また、第二名刺部21と第三名刺部22は境界折り目2を境界に名刺長辺方向が連なっている。
また、図3に示す通り立体部40Bは第一名刺部20と第二名刺部21の跨がった位置に存在する。立体部40Bの周縁には名刺長辺方向に折り目3Bと折り目4Bを有し、名刺短辺方向に切れこみ30Bと切れこみ31Bを有している。立体部40Bの周縁は名刺長辺方向が折り目で構成され、名刺短辺方向が切れこみで構成されている。更に、立体部40B内に折り目4Bと平行な折り目5Bがあり、また境界折り目1Bから折り目3Bの距離と折り目4Bから折り目5Bまでの距離が等しい(図3において距離bで表す)。また折り目3Bと折り目4Bと折り目5Bおよび境界折り目1Bは互いに平行である。
【0019】
(第二実施形態2)
図4は立体名刺10Bの立体状態を表す。境界折り目1Bを谷折り、立体部40Bを前方に引き出して立体を形成するため折り目3Bおよび折り目4Bを谷折とし立体部40B内にある折り目5Bは山折とする。この折り方にすることで第三名刺部22が後方の支えとなり立体名刺10Bは立体部40Bの立体を形成した状態で保持される。
【0020】
(第三実施形態1)
図5は本考案である立体名刺の第三の実施形態(立体名刺10C)であり、第一および第二の実施形態と立体の形状が異なり、立体部位が矩形ではなくL字型を形成する。
図5に示す通り、本考案の立体名刺10Cは第一名刺部20、第二名刺部21、第三名刺部22の3つの部位で構成されている。各名刺部の大きさは通常名刺として使用される大きさ(91mm×55mm)である。第一名刺部20と第二名刺部21は境界折り目1Cを境界に名刺長辺方向が連なっている。また、第二名刺部21と第三名刺部22は境界折り目2を境界に名刺長辺方向が連なっている。
図5に示す通り立体部40Cは第一名刺部20と第二名刺部21の跨がった位置に存在する。立体部40C周縁の名刺長辺方向に折り目3Cと折り目4Cと折り目5Cおよび折り目6Cを有し、立体部40C周縁の名刺短辺方向に切れこみ30Cと切れこみ31Cおよび切れこみ32Cを有している。立体部40Cの周縁は名刺長辺方向が折り目で構成され、名刺短辺方向が切れこみで構成されているという特徴がある。更に、立体部40C内部において折り目4Cと平行な折り目5Cがあり、また境界折り目1Cと折り目3Cの距離と折り目4Cから折り目5Cまでの距離が等しい(図5において距離cで表す)。また、折り目6Cを折り目5Cと境界折り目1Cの間に有し、切れこみ32Cを切れこみ30Cと切れこみ31Cの間に有している。また、折り目3Cと折り目4Cと折り目5Cおよび折り目6Cおよび境界折り目1Cは互いに平行である。
【0021】
(第三実施形態2)
図6は立体名刺10Cの立体状態を表す。境界折り目1Cを谷折り、境界折り目2を山折とし第二名刺部21と第三名刺部22で山型を形成する。立体部40Cを前方に引き出すため折り目3Cおよび折り目4Cを谷折とし立体部40C内にある折り目5Cは山折とする。立体部40Cの内部にある折り目6Cは山折し立体部40Cの周縁になる折り目5Cを谷折する。この折り方にすることで立体部40CはL字形状の立体を形成し、第三名刺部22が後方の支えとなり立体名刺10Cは立体部40Cの立体を形成した状態で保持される。
【0022】
図7は本考案の第一の実施形態である立体名刺10Aをパソコンで任意に印刷するための立体名刺印刷用紙50である。立体名刺印刷用紙50は日本工業規格A列4列4番の規格サイズ用紙(通称A4用紙)である。同用紙上に立体名刺10Aは3つ配列することができた。用紙全面に対する名刺部の歩留まりは約70%である。
各立体名刺10Aの周縁は印刷後に容易に切り取れるようにミシン目60が入っている。
パソコンにて任意のデザインを描き、プリンタにて立体名刺印刷用紙50に印刷した。印刷後、立体名刺10Aをミシン目60に従って切り離し、用紙に設けられている切れこみ及び折り目を用いて[0017]の要領で組み立てた。指先だけで容易に組み立てることができた。
【0023】
図1乃至図6において各種切れ目は折り目と直交する関係になっているが、切れ目を折り目に対し斜めに入れても立体を形成することができた。
【0024】
図8に示すとおり、本考案の立体デザインカード11は第一デザインカード部20D、第二デザインカード部21D、第三デザインカード部22Dの3つの部位で構成されている。各デザインカード部の大きさは165mm×91mmとした。第一デザインカード部20Dと第二デザインカード部21Dは境界折り目1Dを境界にデザインカード長辺方向が連なっている。また、第二デザインカード部21Dと第三デザインカード部22Dは境界折り目2Dを境界にデザインカード長辺方向が連なっている。
図8に示す通り立体部40Dは第一デザインカード部20Dと第二デザインカード部21Dの跨がった位置に存在する。立体部40Dの周縁にはデザインカード長辺方向に折り目3Dと折り目4Dを有し、デザインカード短辺方向に切れこみ30Dと切れこみ31Dを有している。立体部40Dの周縁はデザインカード長辺方向が折り目で構成され、デザインカード短辺方向が切れこみで構成されている。更に、立体部40D内に折り目4Dと平行な折り目5Dを有する。また境界折り目1Dと折り目3Dの距離と折り目5Dと折り目4Dの距離は等しい(図8において距離dで表す)。また、折り目3Dと折り目4Dと折り目5Dおよび境界折り目1Dは互いに平行である。
図8に記載のとおり、名刺としての使用ではなく店内広告用の立体デザインカード51を日本工業規格A列4列4番の規格サイズ用紙(通称A4用紙)である立体デザインカード印刷用紙51に印刷した。ミシン目60に従って立体デザインカード51を切りはずし、用紙に設けられている切れこみ及び折り目を用いて立体デザインカード51を容易に組み立てることができた。机上に置いた立体デザインカード51はデザインされた立体部40Dを目立たせて、店舗用のグリーティングカードとして使用した。
尚、立体デザインカード用紙はA4サイズに限らず、また立体デザインカードのサイズは165mm×91mmに限らなくともよい。
【産業上の利用可能性】
【0025】
本考案は1枚の用紙に折り目および切れこみを入れるだけで自立可能な立体型名刺を実現できる利便性がある。使用頻度の高いA4用紙に3セット構成でき歩留まりも70%以上と高い。立体名刺印刷用紙50にあわせて立体名刺専用のソフトで名刺デザインを行えるようにすることでユーザーは簡単に立体名刺を自分でデザイン・作成することができる。
【0026】
1A 境界折り目
1B 境界折り目
1C 境界折り目
1D 境界折り目
2 境界折り目
2D 境界折り目
3A 折り目
3B 折り目
3C 折り目
3D 折り目
4A 折り目
4B 折り目
4C 折り目
4D 折り目
5B 折り目
5C 折り目
5D 折り目
6C 折り目
10A 立体名刺
10B 立体名刺
10C 立体名刺
11 立体デザインカード
20 第一名刺部
20D 第一デザインカード部
21 第二名刺部
21D 第二デザインカード部
22 第三名刺部
22D 第三デザインカード部
30A 切れこみ
30B 切れこみ
30C 切れこみ
30D 切れこみ
31A 切れこみ
31B 切れこみ
31C 切れこみ
31D 切れこみ
32C 切れこみ
40A 立体部
40B 立体部
40C 立体部
40D 立体部
50 立体名刺印刷用紙
51 立体デザインカード印刷用紙
60 ミシン目

(57)【要約】

【課題】貼付や結着などの作業を伴わずかつ、名刺用紙以外の紙片を用いず容易に立体を形成する名刺を低コストで製造する立体名刺及び立体名刺が印刷できる立体名刺印刷用紙を提供する。【解決手段】通常サイズの名刺が短辺方向に3枚が連なっており、それぞれの境界には折り目が入っており、第一名刺部20・第二名刺部21・第三名刺部22で構成されている。第一名刺部と第二名刺部を跨いで立体部40Aがあり、その短辺方向に2本の切れこみ30A、31Aが入っている。第一名刺部と第二名刺部それぞれの切れこみの端と端を結ぶ折り目3A、4Aが設けられており、その折り目は長辺方向と平行になっている。切れこみと折り目のみで立体名刺を構成することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):