(54)【考案の名称】へら

(73)【実用新案権者】井上工具株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案のへらは、床、ガラス等の表面に付着したゴミ、粘着性を有するシール等を剥がす際に使用されるスクレイパ機能を有するへらに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のスクレイパは、全体が金属製のへらや木製の把持部に対して金属製のへらを取り付けたものであり、熟練者のテクニックが必要であった。以下の先行技術では、合成樹脂製製の把持部に対して金属製のへらを取り付けたへらを開示しているが、より、簡単な構成でスクレイパ機能を備えたへらが望まれている。
【特許文献】実用新案登録第3096045号

【考案が解決しようとする課題】
【0003】
全体が金属製のへらでは、適度な厚みで全体を形成する必要があるため、製造が難しい。
【0004】
一方、合成樹脂製の場合は、へら自体の変形度が高く、作業にかなりの力を要したり、うまく剥ぎ取ることができない等の根本的な問題があった。
【0005】
本考案は、硬質の合成樹脂製のへらの性質と、金属製のへらの性質を利用して、より簡単に剥がし作業ができるへらを提供するものである。

(57)【要約】

【課題】製造工程が簡易で低コストであり、へらの先端部の外形状に沿った金属製のへら補助部材により、均し作業において、作業者の感覚に合った作業性に優れたへらを提供する。【解決手段】へら1は、把持部材3と、把持部材3の先端に延設させた扁平で且つ肉厚のある合成樹脂材で形成したへら部材2から成り、へら部材2の端部へ先端縁に向けて肉薄としたテーパー部を形成すると共に、へら部材2のテーパー部の裏面には金属材料で形成したへら補助部材4を積層させ、へら補助部材4の先端部をテーパー部の端部より若干突出させたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):