(54)【考案の名称】透明包装袋に封入された特注著作物

(73)【実用新案権者】株式会社ジップ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、外から内容物に印刷された文字が判読できる透明包装袋に封入された特注著作物(略して特注本という)に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
最近、製本会社や出版会社では、その人特有の編集に係る特注本の注文が増えている。このような特注本で注意しなければならないのは、送付する場合、その本の送付先を間違えないことであった。市場に指示用ある本自体は画一的なものであるから、どの本を送付しても同じであった。しかし、特注本ではそうはいかない。
【0003】
本の内容と送付先を間違えないようにするには、その本の製本過程を通して送り先は誰かという照合紙(ペラとも呼ばれる)を付けておくことである。本と照合紙を組み合わせたものとして下記文献1があるが、あるときから分離して以後は常に照合しなければならない点は変わらない。
【0004】

【効果】

【0007】
今までの方法によると、送付先情報、特注本に予め印字したバーコード又はQRコード(登録商標)を基に宛名シール又は送付状の打ち出しをし、照合しながら封入梱包をしなければならなかった。しかし、本考案では、常に中身と送付先が一緒に製本されて行くから、最後まで照合作業は不要である。なお、最初に表紙を丁合済み折丁に組み合わせるときの照合は、出力機器で同期をとって連動させるのが通常である。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の特注本の説明図である。
【図2】特注本の冊子、表紙及び照合紙の関係を示す説明図である。
【図3】包装紙に封入された特注本の状態を示す説明図である。

【0009】
以下、本考案の実施の形態を図面を参照して説明する。まず、図1の斜視図で説明すると、注文者が提供した各著作物(この場合は写真集)を編集して折丁1として丁合し、一冊にまとめる。なお、すべてが連続した折丁1であるのが普通であるが、複数の折丁1や単独の紙片が混じっていてもよい。これを一枚の紙の中心を二つ折りして二枚重ねとし、折線2の片側の紙面の折線方向に沿った中央に折線2と直角に上記した折丁1の背を糊付けし、糊付けしたラインの両隣を表紙3とするとともに、表紙3の外側に存在する紙面4の外面に注文者の氏名や住所といった送付先情報や還付先情報5を印刷して照合紙6とし、表紙3や照合紙6で上記した折丁1を覆う他、表紙3の上から背を除く三方を断裁して特注本とし、特注本を薄いタイトで透明な樹脂フィルム製の包装袋7に封入するのである。なお、原則的には、折丁1は連続した一つであるが、複数又は単葉であってもよい。さらに、裁断は折線2に沿う縁や折丁1だけであってもよい。
【0010】
この場合、照合紙6は表紙3をカバーするような形態となるのでカバースタイルの照合紙6ともいう。照合紙6にはこの他に種々の情報をQRコード(登録商標)8等で印刷することがある。これら印刷はどの工程でしてもよいが、糊付け前に所定の個所に印刷しておくのが便利である。
【0011】
以上のようにしてできた特注本は包装袋7に封入するのは上述したが、素材が透明であるから、外部から見え、発送には支障はない。このような表紙3と照合紙6に依ったのは、包装袋7には素材の関係もあって送付先情報や還付先情報5が長期保存ができるように印刷できないからである。また、包装袋7をタイトにしたのは、三方断裁で照合紙6と表紙3は分断されて接着されていないから、中でずれたりすることがあり(体裁が悪くなる)、それを防いだのである。なお、注文者が特注本を受け取ると、照合紙6は必要がなくなるから外すことになるが、それも単に外すだけでよく、破れたり、接着剤が付いたりしない。
【0012】
1 丁合済み折丁
2 折線
3 表紙
4 紙面
5 送付先情報や還付先情報
6 照合紙
7 包装袋
8 QRコード(登録商標)


(57)【要約】

【課題】個人写真集等で送付先を間違わないようにする透明包装袋に封入された特注著作物を提供する。【解決手段】一枚の紙の中心を二つ折りして二枚重ねとし、折線2の片側の紙面4の折線方向に沿った中央に折線2と丁合済み折丁1の背を糊付けし、糊付けした折丁1の糊付けラインの両隣を表紙3とするとともに、表紙3の外側に存在する紙面4の外面に注文者の氏名や住所といった送付先情報や還付先情報を印刷して照合紙6とし、表紙3や照合紙6で折丁1を覆い、背以外の三方を断裁して注文に係る特注本とし、特注本をタイトで透明な樹脂フイルム製の包装袋に封入する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):