(54)【考案の名称】着脱自在な接着剤により固着する簡易取付防護装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は台風、竜巻等の暴風から家屋やマンションなどの建物(以下、「家屋等」という。)の窓を防護するための防護装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の防風対策の一般的な装置としては、家屋等に取り付けられているシャッター装置もしくは飛散防止フィルムがある。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
一般的に家屋等に取り付けられているシャッターについては、多くの家屋等では規格サイズの窓のみに取り付けられていることが多い。デザイン性の高い窓や出窓などの規格外のサイズの窓(以下、「規格外サイズの窓」という。)についてはシャッターがついていないことが大半であるが、理由としては、規格外サイズの窓に取り付けるシャッターは非常に高価になること、シャッターを付けることでデザイン性が損なわれることが挙げられる。
また、飛散防止フィルムについては、規格外サイズの窓に貼り付けることで防護効果を高めることは可能であるが、窓に直接貼る構造であるため暴風や瓦などの飛来物(以下、「暴風等」という。)の衝撃を受けると窓自体が損傷するという問題がある。

【効果】

【0005】
一般的に使用されているシャッターが持つ、窓の規格サイズにちょうど合わせなければならないため高価になるという問題については、本防護装置については規格外サイズの窓にサイズがちょうど合わなくても覆い隠すことができればよいため、サイズパターンを幾つか限定し量産することで安い価格を実現することができ経済的である。
また、一般的に使用されているシャッターは家屋等から容易に取り外しができない構造であるが、容易に取り外すことができる本防護装置を使用すれば、必要時のみ取り付けることが可能であるためデザイン性を損なわない。
飛散防止フィルムが持つ、暴風等の衝撃を受けることで窓自体が損傷してしまうという問題については、本防護装置を窓に直接貼らずに窓枠に固着すれば衝撃を受けても窓自体が損傷しにくいという利点を持つ。
【図面の簡単な説明】
【0006】
本防護装置は、防護材のへりに着脱自在な接着剤を取り付けることを基本構造としている。
接着剤部分については、防護材との接着面は取り外しできないように加工し、家屋等に接着させる面については着脱自在な状態を保つ。
防護材の窓側部分には一面に緩衝材を設けており、防風等で衝撃を受けても窓が損傷しにくく工夫している。
防水加工については、接着剤としてゲル(ジェル)を使用する場合に、一般的な接着用のゲル(ジェル)が浸水により粘着力が弱くなるという特性を持つため、浸水を防ぐために設けている。
【図1】本防護装置の断面図である。本図を見やすくするため、各構成材間に隙間を設けているが、実物では各構成材間は密着している。
【図2】本防護装置を緩衝材側から見た平面図である。
【図3】本防護装置を防護材側から見た平面図である。

【0007】
ゲル(ジェル)の粘着力を用いて、本防護材を、窓を覆うように窓枠等に接着する。
【0008】
プラスチック製の防護材のへりに強力粘着ジェル(水洗いで再利用可能なもの)を取り付ける。次に、防護材のジェル取付内側部分にスポンジ製の緩衝材を取り付ける。
それを家屋の窓を覆うように設置し(この時、ジェルをしっかり家屋の外壁に押し付ける)、最後に家屋に設置した防護材の周りを防水テープで防水加工(テープを外壁にしっかり密着させる)し浸水を防ぐ。
【産業上の利用可能性】
【0009】
本防護装置については、一般の市民では暴風等に耐えうるバランスのとれた構成材を選択することが非常に困難であり、また安全性の高い防護装置に組立てることも難しいと考えられる。そのため、民間企業の豊富な知識・技術に基づいた構成材の選択、防護装置の組立てによる商品化が必須であると考えられる。

(57)【要約】

【課題】着脱自在な接着剤により、窓枠(外壁を含む)及び窓に防護材を取り付けることで、必要時のみ取り付けることでデザイン性を損なわないという特徴、窓に直接貼らずに窓枠に固着する場合には暴風等の衝撃を受けても窓自体が損傷しにくくなるという特徴を持つ防護装置を提供する。【解決手段】本防護装置は、防護材のへりに着脱自在な接着剤を取り付けることを基本構造としている。接着剤部分については、防護材との接着面は取り外しできないように加工し、家屋等に接着させる面については着脱自在な状態を保つ。防護材の窓側部分には一面に緩衝材を設けており、防風等で衝撃を受けても窓が損傷しにくく工夫している。防水加工については、接着剤としてゲル(ジェル)を使用する場合に、一般的な接着用のゲル(ジェル)が浸水により粘着力が弱くなるという特性を持つため、浸水を防ぐために設けている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):