(54)【考案の名称】組立式キャビネット

(73)【実用新案権者】深▲セン▼市▲美▼之高▲實▼▲業▼▲發▼展有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本出願は、家具の技術領域に関し、特に、一種の組立式キャビネットに関する。

【従来の技術】

【0002】
現在、迅速に組み立てることができる家具は多く、例えば、分解可能なシューズボックス、分解可能なロッカー、分解可能なキャビネットなどの組立式家具は、一般に、直立柱及び横梁から構成される。運送時は、直立柱と横梁とを分解することができるため、体積を小さくすることができ、運送に便利である。また、使用時は、直立柱と横梁とを接続して組み立てればよい。また、美観性のために、直立柱と横梁との間に紡績品又は木材の側壁を設置することができる。
【0003】
上述の迅速に組み立てることができる家具は、一般に、比較的簡単であり、ロッカーなどとして物品を載置するために利用することができるのみであり、木材又は鉄からなる家具と比較して構造強度に劣り、使用時、物品の重量が大きいと、直立柱又は横梁が変形し、使用状態が影響を受ける。また、収納部分の密封性に劣り、収納空間内に埃が進入するため、食品、食器などを保存することができない。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本出願の実施例は、組立式キャビネットを提供するものであり、鋼木構造が採用され、迅速に組み立てることができる上、引き出しが設置されることにより、従来の組立式家具の構造強度が低く、収納空間の密封性に劣る問題を解決することができる。

【効果】

【0023】
本出願の実施例が提供する組立式キャビネットは、2つの直立フレーム、上板、底板、2つの側板、背板、折り畳み式固定フレーム及び少なくとも1つの引き出しを含む。2つの直立フレームは、折り畳み式固定フレームによって一体に固定される。2つの側板及び背板は、上板と底板との間に固定される。引き出しは、スライドレールによって2つの側板間に固定される上、スライドレールに沿って出し入れすることができる。従来技術と比較し、本考案の組立式キャビネットは、木製キャビネット又は引き出しキャビネットを組み立てる過程において、ドライバーのみを使用すればよく、他の工具が必要ないため、組立作業を迅速で簡単に行うことができ、時間及び労力を節約し、迅速に組み立てることができる効果を達成することができる。また、組立後の組立式キャビネットは、構造強度が高く、変形しにくい。また、引き出しの出し入れを便利に行うことができる上、引き出し内に完全な収納空間を形成することができ、埃が進入するのを減少させ、収納物を清潔に保つことができる。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】本出願の実施例が提供する組立式キャビネットの構造を示す分解斜視図である。
【図2】本出願の実施例が提供する折り畳み式固定フレームの構造を示す平面図である。
【図3】本出願の実施例が提供する折り畳み式固定フレームを直立フレームに固定した際の構造を示す分解斜視図である。
【図4】本出願の実施例が提供するアジャスタの構造を示す分解斜視図である。

【0025】
当業者が本出願中の技術をより理解できるように、本出願の実施例中の図面を組み合わせ、本出願の実施例中の技術を明確且つ完全に描写する。描写する実施例は、本出願の実施例の一部であり、実施例の全部ではなく、当業者が創造的な労働を行わないという前提の下で取得される他の実施例は、本出願の保護範囲に含まれる。
【0026】
図1は、本出願の実施例が提供する組立式キャビネットの構造を示す分解斜視図である。
【0027】
図1に示すように、本考案の組立式キャビネットは、2つの直立フレーム3、上板1、底板13、2つの側板2、背板11、折り畳み式固定フレーム10及び少なくとも1つの引き出し6を含む。2つの直立フレーム3は、折り畳み式固定フレーム10によって一体に固定される。2つの側板2及び背板11は、上板1と底板13との間に固定される。本出願の実施例中、図1に示すように、引き出し6は、2つである上、スライドレールによって2つの側板2間に固定される。また、引き出し6は、スライドレールに沿って出し入れすることができる。
【0028】
図1に示すように、各直立フレーム3は、2つの直立柱5及び若干の横梁4を含む。2つの直立フレーム3は、平行に配置され、2つの直立フレーム3上の横梁の位置は、対向し、高さが一致する。折り畳み式固定フレーム10は、2つの直立フレームの一方の側面に固定され、それぞれ2つの直立フレーム3を直立状態にする。
【0029】
図2は、本出願の実施例が提供する折り畳み式固定フレームの構造を示す平面図である。図2に示すように、折り畳み式固定フレーム10は、請求項1に記載の組立式キャビネットを含み、その特徴として、折り畳み式固定フレームは、4つの1字型支持ロッド101を含む。4つの1字型支持ロッド101の一方の端部は、固定部材102によって回動可能に一体に固定される。固定部材102は、リベット又はボルトである。4つの1字型支持ロッド101の他方の端部には、貫通孔102がそれぞれ設けられる。また、2つの直立フレーム3上と折り畳み式固定フレーム10とが接触する側面上には、2つのネジ穴103がそれぞれ設けられる。図3に示すように、折り畳み式固定フレーム10は、ネジが各1字型支持フレーム101の他方の端部の貫通孔を貫通することによって直立フレーム3上のネジ穴102に固定される。組立式キャビネットの強度を高めるために、2つの直立フレーム3及び折り畳み式フレーム10の材料は、鋼材などの金属材料である。
【0030】
図1に示すように、上板1は、2つの直立フレーム3の上部横梁4上に固定される。底板13は、2つの直立フレーム3上の高さが同一の2つの横梁4間に固定される。また、上板1及び底板13の2つの直立フレーム3に接触する側辺上には、少なくとも1つの鉄板フック12が設置される。鉄板フック12は、ネジによって上板1又は底板13に固定される。鉄板フック12は、U型溝である上、U型溝は、直立フレーム3の横梁4上に係合することができる。これにより、上板1及び底板13は、側辺上の鉄板フック12によって直立フレーム3の横梁4上に係合することができる。
【0031】
2つの側板2及び背板11は、上板1と底板13との間にそれぞれ固定される。また、背板11は、折り畳み式固定フレーム10の内側に位置する。2つの側板2は、2つの直立フレーム3の内側にそれぞれ位置する。上板1の2つの直立フレーム3に接触する側辺の底面側縁には、若干の凹孔が設けられる。底板13の2つの直立フレーム3に接触する側辺の上面辺縁にも若干の凹孔が設けられる。上板1及び底板13上に設けられる凹孔は、上下に対向する。また、2つの側板2の上面及び底面にも若干の凹孔がそれぞれ設けられる。各側板2上の凹孔と、側板2に接触する上板1又は底板13上の凹孔とは、位置が互いに対向する。これにより、2つの側板2及び背板10と上板1及び底板13とを固定する際、図1に示すように、ピン9によって接続することができる上、ピン9の一方の端部を側板2上の凹孔内に挿入し、他方の端部を上板1又は底板13上の凹孔内に挿入することができる。
【0032】
図1に示すように、上板1、底板13及び2つの側辺2上の背板11が接触する位置には、凹溝15がそれぞれ設置される(図中、上板上の凹溝は図示しない)。凹溝15の幅は、背板11の厚さと同一である。これにより、背板11を上板1、底板13及び2つの側板2に固定する際、背板11を上板1、底板13及び2つの側板2上に設けられる凹溝15内に挿入することにより、背板11を上板1と底板13と2つの側板2との間に強固に固定することができる。
【0033】
2つの側板2の内側には、複数の単辺内スライドレール14がそれぞれ設置される。2つの側板2上の単辺内スライドレール14の数は、同一であり、位置がそれぞれ対向し、高さが同一である。対向する2つの単辺内スライドレール14の作用は、1つの引き出し6を固定することである。
【0034】
図1に示すように、各引き出し6は、底面及び4つの側壁を有する。引き出し6の2つの対向する側面上には、単辺外スライドレール7がそれぞれ設置される。単辺外スライドレール7と側板2上の単辺内スライドレール14とは、組み合わされる。引き出し6は、単辺外スライドレール7によって2つの側板2上の対応する位置の2つの単辺内スライドレール14上に固定される。また、単辺内スライドレール14は、ネジによって側板2に固定され、単辺外スライドレール7もネジによって引き出し6に固定される。引き出し、上板、底板、側板及び背板の材料は、金属材料、木材又はプラスチックでもよく、組立式キャビネットの重量を軽減し、組立式キャビネットの美観性を高めるために、本出願の実施例中、引き出し、上板、底板、側板及び背板の材料は、木材を採用する。
【0035】
組立式キャビネットを組み立てる際、先ず、ボルトを利用して折り畳み式固定フレーム10を直立フレーム3上の対応するネジ山孔102上に固定する。この際、直立フレームが倒れなければよく、折り畳み式固定フレーム10を直立フレーム3に固定する必要はない。次に、鉄板フック12を有する上板1及び底板13を直立フレーム3の横梁4上にそれぞれ係合する一方、長さが凹孔の深さより長いピン9を底板13上の凹孔内に螺入し、2つの側板2上の凹孔をピン9上に嵌め込む。また、背板11を底板13及び2つの側板上の凹溝15内に挿入する。次に、ピンによって上板1を2つの側板2上部に固定し、上板1の鉄板フックを2つの直立フレーム3の上部横梁4上に係合する。これにより、上板1、2つの側板2、背板11及び底板13を一体にすることができる。次に、単辺内スライドレールを有する引き出し6を2つの側板2内側の単辺外スライドレールに組み合わせて引き出しキャビネットにする。最後に、折り畳み式固定フレーム10上のネジを締めて組立式キャビネット全体を安定させる。
【0036】
従来技術と比較し、本考案の組立式キャビネットは、木製キャビネット又は引き出しキャビネットを組み立てる過程において、ドライバーのみを使用すればよく、他の工具が必要ないため、組立作業を迅速で簡単に行うことができ、時間及び労力を節約し、迅速に組み立てることができる効果を達成することができる。また、組立後の組立式キャビネットは、構造強度が高く、変形しにくい。また、引き出しの出し入れを便利に行うことができると共に、引き出し内に完全な収納空間を形成することができ、埃が進入するのを減少させ、収納物を清潔に保つことができる。
【0037】
その他、加工時において、組立式キャビネットの各部材の寸法は、規定の寸法に基づいて加工が行われるが、加工された部材に偏差が発生する場合がある。例えば、直立フレーム3上の直立柱5の高さが異なる場合、組み立てた後、組立式キャビネットを安定して設置することができない。また、直立フレーム3の直立柱5の高さが同じでも、組み立てた後の組立式キャビネットを設置する地面が平坦でない場合、組立式キャビネットを安定して設置することができない。上述の問題を解決するために、本出願の他の実施例中、図1に示すように、本考案の組立式キャビネットは、4つのアジャスタ8を更に含むことができる。4つのアジャスタ8は、直立フレーム3上の直立柱5底端に設置される。
【0038】
図4は、本出願の実施例が提供するアジャスタの構造を示す分解斜視図である。図4に示すように、アジャスタ8は、アジャスタ本体16、固定ボルト17及び調節ボルト18を含む。アジャスタ本体16は、柱体であり、アジャスタ本体16の底部には、調節孔が設けられる。アジャスタ本体16の側壁上には、固定孔が設けられる。調節孔及び固定孔内には、内ネジ山がそれぞれ設置される。固定ボルト17は、固定孔内に位置する一方、外周上には、固定孔の内ネジ山に組み合わされる外ネジ山が設置される。調節ボルト18は、調節孔内に位置する一方、外周上には、調節孔の内ネジ山に組み合わされる外ネジ山が設置される。調節ボルト18を調節孔内に出し入れすることにより、アジャスタの高さを調節することができるため、直立柱5の高さを調節することができる。これにより、加工誤差がある場合でも、組立式キャビネットを平坦でない地面に設置する場合でも、アジャスタ8を調節することによって組立式キャビネットを安定して設置することができる。
【0039】
以上は、本出願の優先される実施方式を示すものであり、当業者が本申請を理解又は実現できるようにするものである。これらの実施例の変更は、当業者にとって容易に行うことができるものであり、本明細書中において定義される一般原理は、本出願の精神又は範囲を逸脱しない状況のもと、他の実施例中において実現することができる。このため、本出願は、本明細書に示す実施例のみに限定されず、本明細書が公開する原理と新規性とが一致する最も広い範囲に符合する。

(57)【要約】

【課題】従来の組立式家具の構造強度が低く、収納空間の密封性に劣る問題を解決することができる組立式キャビネットを提供する。【解決手段】本考案の組立式キャビネットは、2つの直立フレーム3、上板1、底板13、2つの側板2、背板11、折り畳み式固定フレーム10及び少なくとも1つの引き出し6を含む。直立フレーム3は、2つの直立柱5と、直立柱5に垂直な若干の横梁4と、を含む。折り畳み式固定フレーム10は、2つの直立フレーム3にそれぞれ接続される。上板1及び底板13は、2つの直立フレーム3の上部横梁4上にそれぞれ固定される。2つの側板2及び背板11は、上板11と底板13との間にそれぞれ固定される。各引き出し6は、スライドレールによって側板2上に固定される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):