(54)【考案の名称】ボトル型眼鏡ケース、その眼鏡ケースを陳列して販売するためのショーケース

(73)【実用新案権者】株式会社ハグ・オザワ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、眼鏡を挿入収納でき、外部から透視可能なボトル型眼鏡ケースと、そのボトル型眼鏡ケースを陳列して販売に供するためのショーケースに関するものであり、詳しくは、眼鏡を安定に挿入して収納することができ、眼鏡ケースとしても携行することもできるボトル型眼鏡ケースと、ボトル型眼鏡ケースに眼鏡を挿入収納した状態で沢山、見栄え良く店頭に陳列して販売に供することもできる販売促進にも適したショーケースとに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
視力矯正のための眼鏡にせよ、紫外線防止用や魚釣り用の偏光グラスを装着したサングラスにせよ、これらを携行するときにはレンズ等を傷つけないように収納しておくケースが必要である。また、眼鏡ケースには眼鏡の枠(フロント枠、テンプル)の状態を狂わせないように保持する機能が要求され、更にケース内の眼鏡を確認できることも必要とされる。
【0003】
そのため、眼鏡がケースの中でガタガタと動いて傷ついたり、携行時に受ける外力によって変形しては使用に支障をきたす。また、視力矯正用の眼鏡とかサングラス等を複数携行する際には、収納されている眼鏡の種類を確認できないと不便である。
【0004】
ところで、眼鏡店においては、展示台の上に複数種の眼鏡を陳列して販売に供しているが、裸の眼鏡をそのまま展示するのでは味気なく(特開2010−102278号公報)、販売上も面白くない。また、最近デザイン的に工夫された眼鏡ケースも提案されるようになり、専用の眼鏡ケースも眼鏡と一緒に陳列されることもある。
【0005】
もっとも、眼鏡ケースを陳列台としても携帯用のケースとしても使用することができる提案としては、特開2001−37520号公報に開示されるような眼鏡ケースの内装材(文献中図2)がある。しかし、前記内装材(文献中符号1)を眼鏡ケース(文献中符号A)として使用する場合には、眼鏡(文献中符号2)を内装材の眼鏡形状に合致させた凹部(文献中符号3)に眼鏡のレンズ(文献中符号6)の仮面を下向きにして嵌め、その上から蓋部(文献中符号11)を被せ、抑え付けることになる。そうすると、仮に内装材が発泡ウレタン樹脂や軟質のゴム、スポンジ等の素材で作製してあるとしても、当然、眼鏡両側のテンプル(文献中符号8)、及びブリッジ(文献中符号7)は上側からの圧力を受け圧延されて変形するという不都合が生じる。
【0006】
そこで、本考案者は、眼鏡ケースの中にテンプルを折り畳んだ状態の眼鏡を簡単に差込挿入することが可能で、眼鏡を安定に収納することができ、しかも、ケース外部から収納されている眼鏡の形状、色彩等のデザインを透視できると共に、そのまま眼鏡店の店頭に展示した際にも眼鏡の形状やデザインを顧客に訴求することができて販売促進上も有利なボトル型眼鏡ケースを開発した。
【0007】

【効果】

【0012】
ボトル型眼鏡ケースは、透明プラスチック材を成形することにより、ボトル内部に収納された眼鏡を外部から確認することが可能になると共に、眼鏡のサイズに合わせた内径の開口部を有したボトルを使用しているので、収納した眼鏡とケースに大きな隙間が生じず安定に収納でき、かつ、ケース内部で眼鏡が動くことがなくレンズ等が傷つくことを防止することができる。
【0013】
また、本考案においては、三角筒型のボトルを使用する場合には、取出しに必要な隙間以外は少なくすることができるため、ケース内で眼鏡が動き、レンズ等への傷つきを的確に防止することが可能となる。
【0014】
また、本考案においては、多角形筒型のボトルを使用した場合には、眼鏡とケースの接点を維持し、ケース内部での動きによる傷つきを防止すると共に、必要な空きスペースを確保することにより、取出し易くすることが可能となる。

(57)【要約】

【課題】移動時に収納した眼鏡を傷つけることなく、安定に収納可能なボトル型眼鏡ケースと、販売促進効果の高いボトル型眼鏡ケース用のショーケースとを提供する。【解決手段】着用時に前方を視認できるフロント枠と、左右に折り畳み自在で、かつ、着用者の側頭部に掛け止め可能なテンプルとからなる眼鏡と、この眼鏡を収納する円筒型のボトルB、及びボトルBの開口部3に被せるキャップCとからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):