(54)【考案の名称】ロール支持台

(51)【国際特許分類】

B65H 49/16 ・・・・台 機枠

(73)【実用新案権者】旭化成イーマテリアルズ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ロール支持台に関する。詳しくは、ロール状シートに不良が発見された場合にコアを回収再利用するために行う、不良フィルムの切断除去作業の際に好適に利用できるロール支持台に関する。

【従来の技術】

【0002】
ポリオレフィン樹脂に代表される合成樹脂製のシートは、有機溶媒耐性、電子絶縁性等に優れることから、リチウムイオン二次電池をはじめとする電池用セパレータとして使用されている。このようなシートは、通常、円管状の支持管(コア)に巻回された巻回体(マザーロール)として構成され、該マザーロールをユーザー所望の寸法幅に裁断したスリットロールとして出荷される。
上記のような合成樹脂製シートを電池用セパレータに適用する場合、種々の寸法を有する電池に応じた幅のスリットロールとされる。前記電池としては、例えばリチウムイオン二次電池等を挙げることができる。近年では、電池の高容量化に伴って電極及びセパレータが長くなる傾向がある。
【0003】
合成樹脂製シートのマザーロール及びスリットロールには、例えば、耳立ち、巻きズレ、曲がり、シワ等のない品質が求められる。このシートを電池用セパレータに適用する場合、その要求品質は、多用途に比して厳格である。
ところで、合成樹脂製シートの製造においては、巻回工程の生産性を向上するための、高速生産が促進される傾向にある。この高速生産の傾向は、電池用セパレータ分野においても同様である。
つまり、近年においては、長尺化したシート製品をより高速に製造すべき要請が働いており、従って、前記したような、耳立ち、巻きズレ、曲がり、シワ等の欠陥が発生する要因が、従来と比べて顕著に増大しているのである。
製造工程において、前記欠陥の有無を調べる検査は、通常、人が目視でロールを観察することにより行われる。
【0004】

【効果】

【0008】
本考案の支持台は、その上にロールを載置しただけで該ロールを簡易に固定することができる。従って、巻回されたシートから成るロールにカッター等により切れ込みをいれる際、作業者が切傷を受けることなく安全に作業することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案のロール支持台の一例を示す斜視図。
【図2】図1のロール支持台にロールを載置した状態を示す斜視図。
【図3】本考案のロール支持台の別の一例を示す斜視図。
【図4】本考案のロール支持台の更に別の一例を示す斜視図。

【0010】
本考案のロール支持台は、台部と、固定部と、滑り止め部と、を備えることを特徴とする。
【0011】
<台部>
前記台部は、後述の固定部及び滑り止め部を所定の高さに維持し得る形状及び材質から成るものであれば、その他の要件は制限されない。
台部は、例えばウッドラック、アングル台、パイプ台等の任意の形式であることができる。
【0012】
台部の大きさは、本考案のロール支持台が作業者の作業し易い位置に配置されるように、適宜に設定される。台部の高さは、固定部及び滑り止め部の頂部が、例えば500〜1,200mm、好ましくは600〜1,000mmとなるように設定される。台部の長さは、切断すべきロールの長さに応じて適宜に設定することができ、例えば500〜2,000mmとすることができ、好ましくは600〜1,800mm程度である。台部の幅は、300〜800mm程度とすることが好ましい。
台部は、その本体下に、本考案のロール支持台を移動するためのキャスターを、必要に応じて有していてもよい。作業時に本考案のロール台を床面に対して固定し、作業者が安全に作業できるように、該キャスターはストッパを有することが好ましい。
【0013】
<固定部>
前記固定部は、前記台部の上部に設けられ、ともに略長方形状である2枚の板が、下側が狭く上側が広くなるように長辺部を向かい合わせて成る。
この固定部は、切断すべきロールの荷重に耐え、これを保持し得る形状及び材質から成るものであれば、その他の要件は制限されない。
固定部は、例えば木製、金属製、合成樹脂製、紙製、ゴム製等の任意の材質から成ることができる。
【0014】
固定部の大きさは、切断すべきロールの大きさに応じて適宜に設定される。各板の大きさとして、例えば以下のとおりとすることができる;
幅:例えば100〜800mm、好ましくは150〜600mm
長さ:例えば500〜2,500mm、好ましくは800〜2,000mm
固定部の厚さは、材質に応じて所望の強度が確保できるように、適宜に設定される。この値は、例えば2〜500mmとすることができる。
【0015】
固定部を構成する2枚の板は、下側が狭く上側が広くなるように長辺部を向かい合わせて配置される。下側の狭い部分は、互いに接していてもよいし、離隔していてもよい。2枚の板の狭い部分が離隔している場合には、切断すべきロールを保持できる程度の距離とすることが好ましい。その場合の間隔は、ロールの大きさに応じて設定されるべきであるが、例えば5〜500mmの距離を例示することができる。
2枚の板は、切断すべきロールを効率的に固定保持できるよう、適当な角度をなして配置される。その角度は180°未満とする必要があるが、30〜150°とすることが好ましい。この角度は、切断すべきロールの直径に応じて変更されてよい。本考案のロール支持台を、例えば直径450〜600mm程度のロールに適用する場合には、固定部における2枚の板の角度を95〜125°とすることが好ましく、100〜130°とすることがより好ましい。本考案のロール支持台を、例えば直径200〜400mm程度のロールに適用する場合には、2枚の板の角度を70〜90°とすることが好ましい。
【0016】
<滑り止め部>
前記滑り止め部は、少なくとも前記固定部の内側表面上に配される。この滑り止め部は、前記固定部の全面に配置されてもよいし、前記固定部の一部領域にのみ配置されてもよいし、或いは前記固定部の表面領域を超えて配置されてもよい。また、2枚の固定部の双方の領域を1つの滑り止め部が被覆してもよい。
この滑り止め部は滑り難い材料から成るため、該滑り止め部の存在によって、本考案のロール支持台上におかれたロールが滑ることがなくなる。本考案における滑り止め部は、例えば軟質ゴム(例えばCRCゴム、SBRゴム、IIRゴム等)、シリコンゴム、合成樹脂等の任意の材料から成ることができる。表面にエンボス加工等の滑り止め加工がなされていてもよい。
前記固定部が滑り難い材質から成るものである場合には、該固定部が滑り止め部を兼ねると考えてよく、この場合も本考案の技術の範囲内である。
【0017】
<作業者の作業態様>
上記のようなロール支持台を用いることにより、容易にロールを固定することができるから、該ロールにカッター等により切れ込みをいれる際に、作業者が安全に作業することが可能となる。この時、作業者は、固定部における2枚の板の上辺、又は台部の上辺を掴んで切断作業を行うことにより、カッター等の進行方向に身体を置かなくても力作業をすることが可能となる。
従って、作業者が掴む位置に手部を配することにより、作業者は自分の体勢を作業容易な安全位置により容易に保持することができる。本考案のロール支持台は、前記固定部における前記2枚の板の上辺に平行に手部が配された態様をも包含する。
[手部]
前記手部は、ある程度の滑り止め機能を有することが好ましく、例えばゴム製、合成樹脂製、シリコンゴム製等であることができる。表面にエンボス加工等の滑り止め加工がなされていてもよい。
前記手部は、前記固定部を構成する2枚の板の上辺に沿って配置されていてもよいし、前記台部の上辺に沿って配置されていてもよい。前者の場合、前記手部は、前記固定部を構成する2枚の板のうちの片方のみに配されていてもよいし、2枚の板の双方に配されていてもよい。一方、後者の場合、固定部を構成する板の上辺に平行な台部の上辺は2つ存在する。前記手部は、このような台部の上辺の片方のみに配されていてもよいし、これらの双方に配されていてもよい。
前記手部が固定部における2枚の板の双方又は台部の上辺の双方に配されている場合には、ロール支持台のどちら側でも作業することが可能となるため、該ロール支持台を設置する場合の位置の自由度が向上する利点が得られる。
手部は、固定部を構成する2枚の板及び台部の上辺の双方に配されていてもよい。
【0018】
<具体的実施態様>
以下に図を参照しつつ、本考案のロール支持台について更に詳細に説明する。
図1のロール支持台は、台部(本体)10と、固定部20と、滑り止め部21とを有し、更に、キャスター11と、手部22とを有する。このキャスター11はストッパ(図示せず)を有する。12は、ストッパのON/OFFペダルである。
図1のロール支持台において、固定部20を構成する2枚の板は、下側の狭い部分において互いに接している。この2枚の板は、互いに約110°の角度をなして配置されている。滑り止め部21は、前記2枚の板の全面に添付されている。固定部は、台部の長さよりもやや長く、長手方向において台部から突出して配置されている。手部22は、固定部20を構成する2枚の板のうちの片方の上辺に沿って配置されている。不良ロールの切断作業時には、作業者はこの手部を握って作業することになる。このことによって、作業者はロール支持台の長手方向(図の左下方向又は右上方向)に自身の身体を置かずとも力を入れてカッター操作をすることが可能となるから、人傷被害の可能性が顕著に減少する。
図2は、図1のロール支持台上にロールを載置した状態を示す図である。
【0019】
図3のロール支持台は、図1において、固定部20を構成する2枚の板が、下側の狭い部分において互いに離隔する態様である。このロール支持台は、1つの滑り止め部が前記2枚の板の双方を被覆している。この滑り止め部は更に、前記2枚の板の表面領域を超え、2枚の板が互いに離隔した空間領域にも及んでいる。この実施態様は、滑り止め部を構成する材料の硬度が高く折り曲げ困難である場合にも、ロール支持台を容易に製造できる利点を有する。
【0020】
図4のロール支持台は、図1において、手部22が、台部の上辺に沿って、固定部の上辺に平行に配置されている態様である。この実施態様は、固定部の上辺の位置が高く、作業者が保持するのに不都合がある場合に安全な保持位置を提供するために有用である。
【0021】
以上、本考案の実施の形態について説明してきたが、本考案はこれに限定されるものではない。本考案は、その趣旨を逸脱しない範囲で適宜変更可能である。
【産業上の利用可能性】
【0022】
本考案のロール支持台は、ロール状シートに不良が発見された場合にコアを回収再利用するために行う、不良フィルムの切断除去作業の際に好適に利用できる。
本考案のロール支持台は、リチウムイオン二次電池に代表される各種電池のセパレータとなるシートから成るロールの切断除去作業に特に好適である。
【0023】
10:台部(本体)
11:キャスター
12:キャスターストッパのON/OFFペダル
20:固定部
21:滑り止め部
22:手部

(57)【要約】

【課題】ロール状不良フィルムの切断除去作業の際に、作業者が切傷を受けることなく安全に作業することが可能なロール支持台を提供する。【解決手段】巻回されたシートから成るロール30に切り込みを入れる際にロールを支持するための支持台であって、台部10と、台部の上部に設けられ、ともに略長方形状である2枚の板が、下側が狭く上側が広くなるように長辺部を向かい合わせて成る固定部20と、少なくとも固定部の内側表面上に配された滑り止め部21と、を備える。固定部における2枚の板がなす角度が95°〜125°であり、2枚の板の少なくとも片方の上辺に沿って、作業者が固定部の幅方向の外側から作業可能な体勢を保てる手部22を備えるのが好ましい。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):