(54)【考案の名称】靴干し兼洗濯物干し具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、限られたスペースで靴や洗濯物を乾かしやすくするための靴干し兼洗濯物干し具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の洗濯物干し具には、20本ほどの放射状腕木があり、先端部に洗濯物を止める為のとめ具が施してある。また、収納時に折りたためるように中心に軸を配置してある。
以下、図1.図2により従来の洗濯物干し具について説明する。
【0003】

【効果】

【0006】
従来の洗濯物干し具を改良することにより、数足の靴が一箇所に干せ、干し場所も並べて干すより効率的に干せる。
特にアパートやマンションのように干すスペースが限られている所で活用できる。
ひも付き洗濯ハサミを1つずつ下げたことにより、靴と靴敷きを一組で干せるようになる。
斜めにかけることができ、物干し竿に干すことができるので、効率良く乾かすことができる。
雨が降ってきても一度に移動することができる。
先端の方が曲がり、平に戻せるため、靴を干さないときには、従来どおり洗濯物も干すことができる。
腕木の先端の起曲する部分に靴のズレ防止板をつけることにより、靴が動かないように固定できる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】従来の洗濯物干し具の正面図である。
【図2】従来の洗濯物干し具の平面図である。
【図3】靴干し兼洗濯物干し具の正面図である。
【図4】靴干し兼洗濯物干し具の平面図である。
【図5】ひも付き洗濯ハサミ固定場所の拡大図である。
【図6】洗濯物とめ具と2の固定ヒモの周りを拡大した図である。
【図7】収納時に折りたたんだ図である。
【図8】靴ズレ防止板である。

【0008】
図5は、ひも付き洗濯ハサミは洗濯物干し具の腕木に直接穴を開けて固定しており、壊れたときには付け替えができるように、手で簡単に取り外しができる。
腕木の穴にひもを通して固定しているが、穴自体が大きくないため、風で外れる事はないようにしている。
図6は、腕木の先端部を上に曲げられ、固定ヒモにより平に戻らないようにしてある。
図8は、靴ズレ防止板で靴を下げている間も靴が動かないようにしている。
また、乾燥の妨げにならないように、板の表面に小さい穴を無数に開け、靴と接する面積を減らしている。
【0009】
洗濯物干し具を加工し、簡単な靴干し兼洗濯物干し具のサンプルを作り、洗った靴を干して使用した。そのまま屋根の下へも下げておけるので、雨が急に降り出してもすぐに取り込めた。
【0010】
1 洗濯物とめ具
2 固定ヒモ
3 ひも付き洗濯ハサミ
4 掛けかぎ
5 腕木支持用円盤
6 吊り下げ棒
7 収納時吊り下げ金具
8 カギフック
9 腕木
10 ひも付き洗濯ハサミのひもを通す穴
11 靴ズレ防止板(全体的に通気性の良いように小さな穴が開いている)
12 起曲軸

(57)【要約】

【課題】限られたスペースで靴や洗濯物を乾かしやすくするための靴干し兼洗濯物干し具を提供する。【解決手段】洗濯物干し具の放射状の腕木9の先端を10cmほど上に起曲し、起曲する部分に全体的に小さな穴のあいた丸い靴ズレ防止板を付け、斜めに靴を引っ掛けるようにし、中心から3分の1の所にひも付き洗濯ハサミ3を1つずつ下げるようにする。別々に干していた靴敷きと靴を一組で干すことができる。雨が降り出してもそのまま室内へ移動できる。放射状にすることにより、限られたスペースで数足の靴が干せる。下げて干すことにより、風あたりが良くなり乾きが早くなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):